スレイヴァーズ キス

スレイヴァーズ キス
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
5
得点
24
評価数
9件
平均
3.1 / 5
神率
44.4%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
リンクスロマンス(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥855(税抜)  ¥923(税込)
ISBN
9784344804807

あらすじ

社長令息である倉橋柊一の15歳の誕生日、倉橋家に柊一と同い年の冴木が引き取られてくる。その日から冴木の存在に自尊心を傷つけられ続ける柊一は。書きおろしショートストーリーを収録。(ill:雪舟薫)


社長令息の倉橋柊一は、父の後継者として不相応な己の美貌と脆弱な躰を厭い、逞しい体躯と優秀な頭脳を持つ使用人の冴木に、長く自尊心を傷つけられていた。父に認められたくて懸命な柊一だったが、大学卒業後、父が急逝し、家も会社も冴木の手に渡ることに。その上、困惑する柊一に、社長に抜擢された冴木は理不尽な取引を提示する。家族のため、自分の奴隷になれ、と。為すすべもなく、柊一は己の身を冴木に差しだすが―。書き下ろしも収録した新装版。

表題作スレイヴァーズ キス

冴木鷹成,逞しい体躯と優秀な頭脳を持つ元使用人
倉橋柊一,美しい脆弱な身体を持つ社長令息

その他の収録作品

  • 主従・聖譚
  • 原罪・聖譚
  • Slaver's Secret

評価・レビューする

レビュー投稿数5

だめだったー残念

華藤先生好きで、有名な作品ぽかったので、今さらながら手に取ってみました。
失敗した。
他のお姉さまがおっしゃっていたとおり、突っ込みどころ満載すぎて
だめだった・・・・・・・

それはおいておいたとしても!
受けがだめ!
清廉潔白らしいですが、その描かれ方がどうにも性に合わなかったようで
けっ ってなってしまいました・・・先生ごめんなさいー(TT)
やっぱ男子たるもの、そんなに何回も泣かないでほしいのー。
きれいな涙かもしんないけど、泣くな!歯食いしばって耐えろ、這ってでも前に進めっ
と叱りつけたくなってしまう(泣)
いろいろシリーズでてるようなんだけど、残念、見送ります。

0

突っ込みどころを吹っ切れれば、萌え多し。

人気シリーズ。
雪舟さんの麗しいイラストと主従関係というキーワードに
これはきっと好みに違いない♪と思って読み始めてみましたが……

ある冬の日、孤児となった15歳の冴木は母の勤め先だった社長邸に引き取られて来る。
そこには同じ歳の美貌の長男柊一がいた。
その後常に比較されながら育った二人……
大学も卒業し友に柊一の父の会社への入社が決まっていたが、
その父の急逝後、社長に就任したのは冴木だった……
会社も家も奪われた柊一に、家族を守る為に奴隷になれと言われ……

というストーリー。
柊一と冴木の互いに素直になれない思いや、揺れ惑う心の様、
切羽詰まったような濃厚なセックス、と見所はあります。

しかしです!
明治時代ならいざしらず、闘牛とか海外の特殊な世界ならいざしらず、
ありえないコテコテな設定が多過ぎる!
いくらワタクシとは縁のないセレブな世界とはいえ、
皇族でもないのに、学校で「◯◯様」なんて呼びかけている男子高校生変!
いくら優秀でも大学出てすぐに副社長で会社立て直しなんて変!
あれも変!これも変!

突っ込みどころがあまりに満載続きで、浸れずに読みました。
でも、そう思いつつ読まされちゃうのが、こういう昼ドラ的ストーリーの恐ろしさ(笑)
まだまだシリーズは続くんですよねぇ?ええ、そりゃ、読みますよ?

ということで、昼ドラ的に細部の御都合主義には目をつむって
いかにも!な世界を楽しむのがよかろうかと存じます。


5

果たして、奴隷なのは・・・?

前半は受視点でストーリーが展開し、
受に感情移入しやすい構成になってるので
一見すると受がものすご~く可哀想で、
攻の仕打ちに怒りさえ感じるのだけれど。
改めて攻の立場になって読みかえすと、
攻の方に【同情の余地あり】と思わせる二重構造になってて、
とてもスバラシイ作品だなぁと思いました。

「主従・聖譚」を読んだ時は、受に同情してたんです。
攻が銃で撃たれた時も、ザマ~ミロと^^;
でも、攻視点の「原罪・聖譚」を読んだら、
断然、攻に肩入れしちゃって。
だって、背中の刀傷!
なんでそこまで受のために?
命懸けで必死に守り、見返りも期待せず。
「小人さん」ならず「隠密始末人」?(笑)
もう一途すぎて切なくなりました。
だから、ついに暴挙に出たのも、仕方ないよなぁ・・・と。
受にとっては、押し付けがましい想いだけどね^^;

受はそんな一途な攻の気持ちに一切気付かないまま、
精神的にも肉体的にも追い詰められ・・・。
また、攻も自己完結して暴走し、勝手に追い詰められていくのです。
ふたりがすれ違うのは当たり前というか^^;
どっちも言葉が足り続きね~よ!ってツっこみたくもなりますが、
ふたりの気持ちが充分理解できて、納得させられてしまうのです。

完結まで一通り読んでみて感じたことは。
表向きは受が奴隷だけど、真の奴隷は攻なんだな、と。
受に出会ってからの攻は、受のために尽くすことがすべてで
受に隷属した人生なのです。
下剋上後も、その裏側の主従関係(主人→受、従者→攻)は変わることがなくて。
受に対する言動はSでも、攻は究極のドMなんだと思いました(笑)

ふたりの関係がどう変化していくのか・・・。
その後の展開もドキドキハラハラさせられて、すごく面白かった!
もう最高ですっ!! さすがだなぁと思いました。
ぜひシリーズを通して読むことをお勧め致します。

4

華藤えれなさんの代表作であり、ハマったきっかけ。

いろいろなブログを見て回ったときに出会ったのがコレ。
何度読み返しても面白いです。
まず、お話なのですが、下克上です。
下克上スキーにはたまりませんね!
攻めの冴木は普段から柊一を狙う獣だし(が・理性でなんとかガード)、受けの柊一は女性にもかなわない美しさだし(軽く、いやかなり嫉妬)
なんてったって監禁!!!
少しの間だけですが、柊一様が監禁されることとなった濡れ場のシーンはさすがえれなさん。美しかったです。
その後の冴木は、よく我慢したと褒めてやりたいほど頑張りました。よしよし。
というか、悪役(?)の山脇先輩は本当かわいそうな方です。
柊一がいた為に、こんな人生を歩むこととなって・・・。
まったく、いろんな意味で罪な男ですね!柊一って!

最後に、これからの2人の歩む道、ずっと見つめていたくなる。
そんな綺麗で素敵な作品です。
確かに冴木が愛しい。柊一は美しい(笑)

5

切ない下克上にドキドキ…

 社長令息である倉橋柊一は、父の後継者として不相応な己の美貌と脆弱な躰を厭い、逞しい体躯と優秀な頭脳を持つ使用人の冴木に、長く自尊心を傷つけられていた。そして、そのコンプレックスから冴木とうまくむきあえず、二人はすれ違ったままだった。
 父に認められたくて懸命な柊一だったが、大学卒業後、柊一の父が急逝し、使用人だったはずの冴木の手に会社も修一の住む家も、渡ることになった。
 その上、困惑する柊一に、柊一の父の後を継いで、社長に抜擢された冴木は柊一に対して、理不尽な取引を提示する。
 その内容は、「家族のため、自分の奴隷になれ」というものであった。
 身体の弱い母親と、弟・桔梗の将来のために、為すすべもなく柊一はその取引を飲むしかなかった。

 高嶺の花である柊一に憧れる冴木の暴走物語です。
 萌えポイントを書き連ねるならば。
「下克上」「主従」「奴隷」ってだけで、もう十分、萌えすぎて悶えれそうなんですが。
 本当は、冴木はこんな風に柊一を扱いたかったんじゃなくて、でも、綺麗で真っ直ぐな柊一は、冴木にとってずっと高嶺の花でしかなくて、それを手に入れるためにはこの方法しか続きとれなかった! っていう切ないポイントがたまらない。
 冴木の中で、本当はこんなことしたいんじゃないのに……という葛藤がわずかに見え隠れするのが、本当にいいんです。

 すれ違いだらけの二人は、結局、このままライバルとして向かい合って行く事にこの巻ではなります。若いまでは程遠い。
 おそらくそれは、まだ柊一を手放したくない冴木のギリギリの譲歩なんだろうな……

 好きな人のことにだけは、冷静になれない冴木がいとおしい。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ