ラブリー・シック 2

lovely sick

ラブリー・シック 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
9
評価数
2件
平均
4.5 / 5
神率
50%
著者
 
媒体
コミック
出版社
オークラ出版
シリーズ
アクアコミックス(コミック・オークラ出版)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784775504505

あらすじ

エリートとしての将来を嘱望されている鷲見繚一は、ひとりの患者と出会う。交通事故によって重傷を負った秋芳尚之。まだ中学生の彼は、その事故で両親と右足の自由を失った。大人への不信感で心を閉ざす尚之に接するうちに、鷲見は彼に強く惹かれていく。その感情に名前をつけることをためらう鷲見。しかし、それは紛れもない「恋」だった――。シリーズ第2弾!

表題作ラブリー・シック 2

鷲見繚一  主治医・研修医
秋芳尚之  患者・中学生(12歳)

その他の収録作品

  • キャラクター紹介(球磨浩太朗)
  • 僕と「彼」のあいだ(前編)
  • 僕と「彼」のあいだ(後編)
  • エクストラ・デイ

評価・レビューする

レビュー投稿数1

君のための恋人だよ…

一冊まるまる尚之と鷲見の過去編になります。2人がいかにして出会い、どのようにして恋人になっていったのか…この一冊で全てが描かれています。
このシリーズ、現在5巻まで発売されているのですが私はこの過去編が1番好きですね…。
泣けます。切ないです。この過去編を読む事で2人の絆がいかに固く結ばれているのかを再認識させられ、改めてこの作品が大好きになりました^^


5年前、鷲見の働く病院に交通事故による3人の重症患者が運び込まれる。その中の1人両脚に重度の損傷を負った患者が当時12歳の秋芳尚之だった。その後鷲見は尚之の担当になるのだが、全く心を開いてくれない彼の真意が実は寂しさからくるものだと気付き次第に強く惹かれていくようになる…

ここからの下りは本当に圧巻でした。自分の感情に対する葛藤と苦悩。しかしそれを凌駕する程の激しい想いが紛れもない尚之への恋心なのだと認めるシーンはまるでドラマを見てるようで本当に感動しました。

その後2人はある事件が元で一緒に暮らすようになるのですが、愛される事に慣れていない尚之には鷲見の言う好きという言葉がどうゆう意味なのか理解出来ない。そんななか優しく続きしてくれるクラスメイトとイイ感じになりつつある尚之は鷲見と彼女との間で不安定に揺れる。しかし実はそれが担任に頼まれた同情によるものだと知った時、ようやく自分には鷲見しか居ないのだと思い知らされるわけです。

ここのシーンも本当に良かった!!
泣けました!!傷付く尚之の元に駆けつけた鷲見先生は本当に王子様のようで素敵でしたっ!!彼の想いが報われて心の底から安堵した瞬間でございます(笑

晴れて2人が付き合うようになってから初Hまでの話「エクストラ・デイ」は是非コミックスで読んで貰いたいです^^
こちらもとても素敵なお話なんで。

全体を通して私にはどの場面も名シーン名セリフでございました。
なので選ぶのは大変難しいですがタイトルにもさせていただいた鷲見のこの一言が過去編の全てを如実に伝えてると思います^^
歯の浮くセリフをつらつら言ってのけちゃう鷲見先生は最強のポエマーですね(笑

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ