純情ロマンチカ 4

junjou romantica

纯情罗曼史

純情ロマンチカ 4
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神13
  • 萌×26
  • 萌9
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
9
得点
117
評価数
29件
平均
4.1 / 5
神率
44.8%
著者
 
媒体
コミック
出版社
角川書店
シリーズ
あすかコミックスCL-DX(コミック・角川書店)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784048537780

あらすじ

超有名小説家(兼ボーイズラブ小説家)の宇佐見秋彦に振り回されながら、なんとか同棲続行中の大学生・美咲。離ればなれの危機を乗り越えてようやく一安心と思っていたら、今度は宇佐見が菊川賞を受賞して世間が大騒ぎに。そんな中ふいに『宇佐見春彦』という名前を目にして、宇佐見の事を何も知らない自分に気づいた美咲だけど「お前には関係ない」なんて言われてしまい…!? 純情色男×苦労性大学生のドッキドキ☆ラブレッスン第4巻。同時収録は、野分×上條の『純情エゴイスト』。そして大サービス描き下ろしは、宇佐見&上條の出会い編『純情ミニマム』!

表題作純情ロマンチカ 4

宇佐美秋彦 小説家大先生
高橋美咲 大学生

同時収録作品純情ミニマム

同時収録作品純情エゴイスト

草間野分 研修医
上條弘樹 助教授

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数9

純情ミニマムの第一話あります!

いいところで続きになった『純情エゴイスト』から始まる4巻です。 

・『純情エゴイスト』act.8~9
 「しょっぱい」と回想する上條の過去は、本当にしょっぱくて切ない過去でした。ウサギさんを好きな気持ちがこれでもかと伝わって来て報われない想いが悲しくて、そこに付け込む不動産屋の男が、中村先生が当て馬としてよく描くタイプの人なんだけど、この後ロマンチカの方で出てくる【強引かつ天然】な当て馬と違い強引一本なんですよ。それがとてもいい。この人のおかげで上條の魅力が引きだされたと思います。
 もう一本は名前の呼び方に野分が色々と考えるお話。野分って見た目の印象とか穏やかな話し方のせいで寡黙なイメージなんですが、実際はよくしゃべるんですよね。それが温和なわんこみたいで可愛い。最強ツンデレキャラの上條もそんなわんこにちょくちょくデレる姿が最高に可愛いです。「野分、さむい」と後ろ向く上條に萌えですヾ(≧∇≦)ノ"
 「ヒロさん」って呼ぶのは世界で野分一人だけだって。よかったね野分!

・『純情ロマンチカ』act.6-1~3 
 菊川賞を受賞したウサギさんにおめでとうの気持ちを伝え続きようと頑張る美咲のお話。一生懸命に自分に出来ることを考えて頑張る美咲が、Hも頑張ろうと自分からウサギさんを押し倒しすところがとても可愛いです!結局上手くできないんだけど、ウサギさんのためにって必死に頑張る姿が「ウサギ愛」でいっぱいです。
 
・『純情ミニマム』act.1
 登場人物たちの子供時代編の第一話。上條のお話です。負けず嫌いな性格で、自ら望んだことではあったけれど、毎日の習い事でいっぱいいっぱいだった子供の頃。唯一癒される【秘密基地】に、隣に引っ越してきた秋彦が現れて…。
 秋彦ことウサギさんは子供のころからタラシですよ!天然だけに始末が悪いですね(笑)「元気になるおまじない」と称して上條にキスしたウサギさんですが、イギリスで隣のお兄さんに教えてもらったと言うお話も、いつかミニマムにならないかなぁと思います。
 『純情ミニマム』はたまーにしか描かれないので、収録されているとテンションが上がります!

0

いや~王道をいってますね!

研修医:草間野分×大学助教授:上條弘樹です。
前回、ヒロさんのしょっぱい思い出話で終わったので、今回はその続きからです。
ていうか本当にしょっぱい思い出でしたねw
ある意味、黒歴史的な?

しかし!!

この後の話にはマジで萌えましたね!!
野分が、研修医になって多忙を極めていたのですが、忙しすぎてちょっとだけ
焦ってて、ヒロさんに行って来ますのキスで微妙な顔したり、ウサギさんにかなり
ヤキモチをやいてヒロさんを怒らせてしまったり。。。
名前の呼び方でかなりの嫉妬をしていました。

自分もヒロさんの名前を呼びたくて何回も呼びますが本気でやめろと言われて
しまいますが最後のヒロさんのデレっぷりが半端なかったです( ´艸`)

【純情ロマンチカ】
小説家:宇佐美秋彦×大学生:高橋美咲です。
孝浩(美咲の兄)に一緒に住むということになった美咲ですが、ウサギさんのおかげで
あっさりと解決しました。

そして、ウサギさんが、菊川賞を受賞したけど美咲はウサギさんの作品を読んでいない
というまさかの展開でした。
一応付き合っているんだから、読んでるものと続き思うじゃないですかww
しかもその読んでいないということをウサギさんや、相川、井坂さんの前で言うもん
だから。。。正直それってどうなの?って思いましたね。
と全然BLな話をしませんでしたが、ロマンチカに至っては、なぜか辛口に
なってしまいます。ごめんなさい。

【純情ミニマム】
これは全然BLでもなんでもなくて、ウサギさんとヒロさんの子供のころの話でした。
ウサギさんやヒロさんが好きな方は好きではないでしょうか?
ヒロさんは昔から頑張り屋さんでしたw

0

純情エゴイストで始まる第4巻

前回、上条の過去編で終わりましたが、今回はその続きからスタート。
上條さんの過去は意味深でしたが、ドロドロとは違う雰囲気で、
過去とか見るのが苦手な方でも大丈夫だったのではないかと思います。
過去に出会ったその男の人も、上條も、今は二人共幸せになっていて、
良かったと思える内容でした。

今回の野分は宇佐見が上條のことを下の名前で呼んでいることに嫉妬編でした。
宇佐見に嫉妬する野分でしたが、上條が「ヒロさん」と呼ばせているのは野分だけ、
ということが分かって嬉しかった野分。
呼び方にまで独占欲を丸出しの野分、いいキャラです。

そして『純情ロマンチカ』のほうですが、
美咲がようやく「仮にもウサギさんの恋人なら・・」みたいな事を思うようになるという。
ようやくです、ええ。
そして美咲の「まずはオフロにする?」「ゴハンにする?」「それともオ・レ?」の一人芝居に爆笑w

そして毎度の乙女展開がツボる。
狭すぎるシングルベットで美咲を一晩中無茶苦茶にする宇佐見さんにキャッキャでした。

1

ミニマムがカワイイ!

「エゴイスト」は、弘樹過去編後篇と野分目線のお話。
攻め様目線のお話は大好物なので、この野分目線はすごく良かったです!

今まで弘樹目線でエゴイストを読んでいて、
野分って何を考えているのか分かりにくいタイプだ・・・って思ってたんですが。
こうやって野分側から読んで見ると、
どれだけ野分が弘樹の事を想っているのか良く分かります。
そして、一番感じたのが「弘樹が何を考えてるのか分からない」ということ。
つまり、このエゴカップルは、どちらも口下手で言葉足らずだったんですね(笑)

それにしても、野分が何度も絶賛している様に、
今回もシャイで照れ屋な「ヒロさん」が本当にカワイイかったです!


「ロマンチカ」は、無事同居を継続できる事になった二人ですが・・・
宇佐美の本が菊川賞を受賞、世間で大騒ぎされ、
何も知らなかった自分の薄情さを反省する美咲は、
どうお祝いすれば宇佐美を喜ばす事が出来るか真剣に考えます。
そして美咲が考え付いた方法は・・・
結果的に宇佐美をすごく喜ばせる事は出来ましたが、
美咲は大きなドツボを踏む事になります(笑)


そし続きて「ミニマム」、これ可愛くて好きです!
子供時代の弘樹、本当に面白すぎ可愛すぎ・・・
弘樹、初恋もファーストキスも宇佐美に奪われていたんですね(笑)

1

私は、嵌りすぎている。

いったい何回、書くことになるのか、わからないけど
美咲が、ヒロさんが、可愛い。さらに純情ミニマムで
宇佐美さんとヒロさんの、幼少期が観れて嬉しい。

そして、野分視点のお話がとても面白い。
いろんな意味で、でかい男だ。 +。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚
中村先生って本当に味のあるキャラクターと、
鍵と鍵穴のようなカップルを作るなー。って心底、感じます。
それと、恋人同士の呼び方、美咲もそうだけど、
野分も、呼ぶこの感じが良いんだよね。

1

美咲がお風呂に浮かべてるアヒル、私もあのグッズ持ってます~☆

ロマンチカ第4巻。上條の過去編の続き。篠田を振り切り秋彦のもとへ。秋彦の様子がおかしかったのは、美咲の兄ちゃんに彼女ができたからでした。思っていたよりキツイと呟く秋彦に、つけこもうとする上條。しかし邪魔が入ってしまい残念…(´Д`)

家に帰ると篠田がいました。押し倒されてキスされて。傷を舐め合うようなこの行為に意味がないと判断した上條。自分の気持ちは誤魔化せないと、秋彦に対する想いをぶちまけます。篠田は帰り、そして時は現在に。
過去の回想を終えた上條のもとに野分が来ました。篠田さんも今では奥さんと子供がいるようです。みんな幸せでよかったよかった。

今回は野分×上條の話が多かったかな?秋彦が弘樹と呼んでいるのに、自分にはその名で呼ばせない上條に焦れた野分がソファーに上條を押し倒し、狂ったように弘樹弘樹と呼び続けるのにはちょっとびっくり。
でも「ヒロさん」って呼び方は野分しかいないからそんな煮詰まらないで~(´Д`)


秋彦×美咲は秋彦が菊川賞受賞しておめでとうございます的な話。照れながらもおめでとうと秋彦に伝える美咲が可愛かった~☆秋彦もきっと嬉しかったことでしょ続きう。
H後のお風呂にアヒルがプカプカ浮いてるのが可愛かった。ちなみにこのグッズ持ってます。私もお風呂に浮かべてる。美咲と一所だ~☆

1

ミニマムがかわええ

『エゴイスト』
ちょ、いわくありげに出てきた不動産屋、オチはそこでしたか!
不動産屋、シリーズのレギュラー入りならずかァ。当て馬にしかならないのは分かってたけど、好きになりそうなキャラだっただけにちょっと残念。

『ロマンチカ』
美咲、宇佐美の書いたBL小説を読む→本を投げて死ぬ
この様式美、何回読んでも笑っちゃうんですがw
藤崎都さんの純愛ロマンチカシリーズも読んでみたいです。

『ミニマム』
宇佐美と上條の出会い、そして、上條が宇佐美に恋をしてしまう。
やばい、この二人めっちゃ可愛い。
萌えまくってしまいました。
こんなの読まされたら、この二人をカップルにしたくなって困るよー。

1

ゆらめく早熟な完成度

純情シリーズ第4巻です。
前回のお話で、泣く思いを経て同居に至ったエゴイスト組!
甘いはずの同居生活なのですが…
今度は野分君が、さまざまな嫉妬に苛まれます。
きっかけは日常の些細なコトなのに、
嫉妬心というもの、これはこれで、なかなかにやっかい…。
(とはいえ、ご心配なく。
 誤解に始まり理解に終わるのがエゴイスト組の常ですから!)
正直、ちょっとした驚きでした。
野分君だけは決して、嫉妬ごときに振り回されない!
…と思っていたものですから…。
理由は彼の、人間としての完成度の高さ。
努力も感謝も苦労も、すでに17の歳には身に付けてしまってて、
(ヒロさんと出会ったのもこの年齢時。)
それ以外の部分はヒロさんに愛情注いでる。
この年齢に似合わぬ大人っぷり&男っぷりに、
ついつい彼がまだ、24歳であることを忘れてしまうから。
それがときどき、こんな風にゆらぐ…
この2重に年齢を裏切るところ、クラクラしませんか?

1

純情ミニマムは必見

この純情ロマンチカ4巻は、まずは3巻の純情エゴイストの続きから。
「しょっぱい」というヒロの過去の話、そして現在という話の展開です。
純情ロマンチカ4巻の表紙を開いたところに書いてある「中学生みたいな恋をする子だと、おかしくなったのを覚えている」という文章が印象に残るお話ですね。
僕的に心配していたような展開にならなかったのでよかったです。

純情エゴイストと純情ロマンチカの話のリンクがかなり大きくなってきたのが、面白いですね。
純情エゴイストの中で「弘樹」というキーワードをうさぎさんに言わせるのが、なかなか考えられていてうまいなぁと思いました。

純情ロマンチカでは、美咲君のうさぎさんに対して頑張ってるのか頑張りたくないのかという心の葛藤が面白いです。
うさぎさんの意に添いたいけれど、あまりにも過激なことはちょっと無理だ~!みたいなのが、良いです。

二つの話に言えることは、素直になれない心のタガをどうやって外すかということだと思います。
そして、そのタガが外れてから新たな愛が芽生えるという展開に惹かれます。

最後に、「純情ミニマム」という話が最後に登場続きします。
うさぎさんと弘樹の小さいころのお話です。
これが、またかわいくて良いです。

それぞれのキャラクターの過去を徐々に紐解いていくのも、また違った面白みがありますね。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ