純愛ロマンチカ

junai romantica

純愛ロマンチカ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神11
  • 萌×23
  • 萌8
  • 中立6
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
12
得点
97
評価数
28件
平均
3.7 / 5
神率
39.3%
著者
 
イラスト
 
原作
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784044455132

あらすじ

「―覚えておけ。お前は一生、俺のものだ」兄の友人で超有名小説家の藤堂秋彦に、家庭教師をして貰うこととなった鈴木美咲。
幼い頃から好きだった秋彦の側にいられることが嬉しくて堪らない美咲だが、その喜びも束の間、秋彦の好きな人が自分の兄であることを知ってしまう。
気持ちを告げることも出来ないままの失恋―。
ところが悲しみに暮れる美咲に、兄と両想いのハズの秋彦が、突然「俺と付き合うか?」とキスをしてきて…!?CL‐DX『純情ロマンチカ』から、あの宇佐見秋彦の妄想爆裂私(?)小説がついに登場。

表題作純愛ロマンチカ

藤堂秋彦:作家。幼馴染。
鈴木美咲:受験生。幼い頃より秋彦を恋い慕う。

同時収録作品プロローグ:中村春菊

BL作家でもある超俺様な有名小説家・宇佐見秋彦
兄の友人の攻様と同居する料理上手な大学生・高橋美咲

その他の収録作品

  • 出会い編
  • 温泉編
  • エピローグ:中村春菊

評価・レビューする

レビュー投稿数12

妄想が炸裂した本

ウサギさんの妄想炸裂本ですね。
理想とか願望とかがめいいっぱいに詰まりまくっております。
原作既読(途中の巻までですが)なので、ウサギさんの言動の1つ1つにヾ(・д・`;)イヤイヤ…嘘つけお前!と脳内ツッコミを入れながら読みました。
そして何より美咲が素直すぎる…w
比較して楽しむという面では既読の方が楽しめるのかも?
※未読でも普通のBLとして楽しめるかと思われます。

激しく糖分過多なあまーいお話でした。
甘々なものがお好きな人には良いかな?

0

糖度高めの妄想小説

 甘い、甘すぎます! 内容が甘々です。でも、甘々な話が好きな人にはそこが良いと思います。私も結構、甘い話は好きな方なので、楽しめました。
 個人的に一番萌えたシーンは、うさぎさんが、美咲を後ろから抱きすくめているシーンです。(挿絵あり) 二人の体格差にきゅんきゅんしてしまいました。

 やはり、この小説は原作ありきで楽しめるものだと思います。この小説はあくまでも、純情ロマンチカの攻めである、うさぎさんの妄想小説ですからね\(^o^)/
 私は「アニメ→小説→原作コミック」の順番で購入しました。やはり、原作かアニメを見ていると「あ、このシーンは本編のあのシーンの妄想かな?」という楽しみ方ができて、楽しいです。

0

ギャップが…

漫画と小説での美咲の性格の違いが凄い笑

1

やー!笑った笑った(*≧m≦*)

スピンオフだらけのこちらのシリーズ。世界一初恋から入ったので大元の純愛ロマンチカ自体,最近初めて読みました。で,今更ながらこちらの小説も,,,。10年前の作品なんですね!ビックリ!!

やー面白かった。萌な意味でなく(笑)(笑)(笑)ですよ。ウサギさんの妄想小説という前提で読んでるから,『あぁ,,,ウサギさんの脳内美咲はこんなんなのね(≧∇≦)n[gin[gjこんな事して欲しいのねー(≧∇≦)n[gin[gj』という部分で萌。まーひたすら甘い甘い甘い。

正直“妄想小説”という前提がないと,単体の小説としてはゲロ甘すぎて(ひたすら夢見るお花畑的な)イマイチですが,元の純ロマパロディとして読むとメチャ面白かったです(*´∀`)♪ブフッと吹き出したりオイィィィ!!とツッこんだり,新たな楽しみ方が出来て満足でしたقƂ

2

パロディとして。

いまさらながらにシリーズを読み返しています。

これは本編『純情ロマンチカ』ファン向けには違いないんでしょうが、なんというかあまりにもメイン2人のキャラクターが違い過ぎて・・・まあそこが『妄想小説』たる所以なんでしょうね。差異がなかったら『妄想』になんないし。

正直なところ、私は『完璧な攻』にはたいして魅力は感じません。何より先に胡散臭いと思ってしまうんです。ストーリー展開もエピソードのひとつひとつも、いくらなんでもとげんなりしてしまうくらいありがちで薄っぺらい。まさしくテンプレートそのままです。
これが単体で独立した作品だったら、どうにも評価に困ってしまいますね。

でも最初から、あくまでもパロディであり『ベタ甘』『王道』『お約束』の連続も、これはそういうものだから!と割り切って(というより開き直って?)読めばすごく面白いです。むしろ、最近ではちょっとないくらいのベタベタあまあまで斬新さを感じるくらい(いろんな意味で)。

文字通り、何も考えずにあまあま王道に浸って楽しめます。逆に、少しでも我に返るとアホらしくなってしまうかも。独立作として捉えると余計に。

続きでも、私自身は読みながら本編のことは考えないですね。余りにもキャラクターが違いすぎて混乱してしまうので。実際、挿絵でもキャラクターは(まあ当然ながら)本編と同じなので、目にするたびに違和感があり過ぎて参るくらいです。

だからと言って、完全に独立した作品として読んでいるわけでもないんですが。パロディとして捉えてはいますが、読みながらいちいち本編と重ねることはないんです。『ウサギさんの妄想小説』という設定だけで十分って感じです。

あと、挿絵について↑でちょっと触れましたが、申し訳ありませんが私は中村さんの絵柄が苦手なので、挿絵になると余計に微妙です。ただ、前後の漫画はさすがに面白いです(漫画は絵だけじゃないと思うので。『純情ロマンチカ』も好きですよ)。

1

うさぎさんの書く小説?

 模試の結果が思わしくなく、兄の友人である藤堂秋彦に家庭教師をお願いする鈴木美咲。昔はよく遊んでもらっていたのに、いつの間にか疎遠になってしまった二人は、初めこそぎこちなさがありますが、いつの間にか「大人」な秋彦にフォローされて、美咲の点数も伸びていくのです。

 美咲が紅茶をこぼしただけで心配する秋彦、指に触れられただけでどきどきしてしまう
美咲、オムライスが得意な秋彦…。『純情ロマンチカ』を読んだことのある人なら、誰でも思い当たるようなシーンに思わず笑ってしまいました。そして、この小説は宇佐見秋彦が書いているものではなく、うさぎさんが書いているBL小説だとすると、紳士的で完璧な秋彦、素直な美咲というのも納得です。
 本当は秋彦さんに他に好きな人がいるのではないかと悩む美咲を、強引にデートに誘う秋彦です。「美咲を甘やかす」なんて甘い台詞もおいしいです。

0

切ない…

久しぶりに再読。
そう、漫画の純情ロマンチカの宇佐美先生の妄想小説です。
宇佐美先生の願望や理想がぎゅっと詰まってると思うと、現実とのギャップにとても切ない気分になりました。
ただ、内容は終始あまあまで、甘い話を読みたい時はいいのかも。
漫画のエピソードを大幅に設定変更されてるところが妙にリアル?です。

このシリーズでは、中村先生のssを毎回楽しみに読んでます。

1

性格の違いにびっくり。

 鈴木美咲は、兄の友人で超有名小説家になってしまった藤堂秋彦に、家庭教師をして貰うこととなった。
 幼い頃から好きだった秋彦の側にいられることが嬉しくて堪らない岬だったが、その喜びも束の間、秋彦の好きな人が自分の兄であることを知ってしまう。
 気持ちを告げることも出来ないままの失恋――。
 ところが、失恋した相手の秋彦から、突然「俺と付き合うか?」とキスをされて……という話でした。

 この小説は、純情ロマンチカという漫画の中の宇佐見秋彦の先生の妄想小説という設定の小説なので、純情ロマンチカ、という漫画も併せて読むといいですよ! と、ちょっと宣伝をしながらも。
 先に純情ロマンチカを読んでからこの小説を読むと、美咲の性格の違いに愕然とします。そして違和感に鳥肌を覚えます……というのは若干言いすぎですが、本当にギャップの違いにびっくりですよね。

 こんな美咲は私の知ってる美咲じゃないー! と叫びたくなりましたが、慣れればそれはそれで大丈夫です。
 本当は、うさぎさんはこんなラブラブ展開を希望してたんだなー……と想うと、なんかちょっとうさぎさんがかわいそうになるかも……続き
 でも、これをこんなにオープンにされたら、美咲が怒るのも理解できなくも……とまぁ、どっちの味方もしませんが(ぇ)。

 あくまでも純情ロマンチカありきのお話なので、そちらを読んだ方がいいのかもしれませんが、これはこれでちゃんと物語として独立しているので、こっちから読むのもありかもしれません。
 ただ、どっちから先に読んでも、美咲の性格の違いには間違いなくびっくりすると思います。
 それを楽しめる人が読むことをオススメしますー!

2

うあああああああ・・・

なんか。。すごかったよ。。。。
生々しかった・・・・
いや、まあ、よかったけど。
どっぷりつかっちゃった(笑)

1

劇中劇ならぬ作中作

漫画「純情ロマンチカ」の登場人物である小説家、宇佐美先生さまにより書かれた作品…という設定の小説。
漫画上の宇佐美秋彦先生曰く、「趣味と実益と妄想を兼ねた」とのことで、まさに先生の願望垂れ流しのような内容です。
小説内の秋彦さんは、家事をそつなくこなし、仕事にも熱心な出来る男。そして美咲は小さい頃から秋彦さんに恋している設定の健気な少年。
そんな二人がすれ違いながらも結ばれる王道ストーリーに、漫画既読者がなんてこったい/(^o^)\と思うのは確定的に明らか。
宇佐美先生の妄想に胸が熱くなります。
また漫画未読の方には、ベタな設定をベタに書いているけれども、何故それが王道と呼ばれる所以かが分かる小説としておすすめ致します。

2

本編のイメージ

読んでいると、どうしても純情ロマンチカのイメージになってしまうので違和感がすっごいありました。
読んでいけば慣れますけどね・・・

1

正直、微妙

「純情ロマンチカ」の作中作として成立したのが
今作であります。
ツボを押さえていて美味しい小説の筈なのですが、
どうも今一つ乗り切れ無い。それは本編の存在が
どうしてもちらついてしまうからです。

「純情ロマンチカ」の愛読者アイテムとしてなら
賛辞しか浮かばない出来です。
でもこうして独立した小説と言う形態を一応とって
いる限りでは…今一つパンチに欠けた出来だと
認識せざるを得ません。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ