十億のプライド

十億のプライド
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥514(税抜)  ¥555(税込)
ISBN
9784199003288

あらすじ

「十億の契約の条件は、君が愛人になることだ」。
取引先の青年社長からそう口説かれてしまった逢坂。
トップ営業マンのプライドにかけて、この契約は逃せない…!!ところが、それを知った同期の木村に強く制止される。
そのうえ木村は、「男に抱かれるということを教えてやるよ」と逢坂を抱きしめてきた!!昼間は温厚で優しい木村が、なぜかその夜は貪るように逢坂を貫いて…。

表題作十億のプライド

木村幸信 同じ会社の研究職で逢坂と同期 25才
逢坂高志 大手電気営業成績トップの社員 25才

評価・レビューする

レビュー投稿数1

息子を思う母の愛にほろっときました

BLなのに母親の愛に泣かせられた作品でした(笑)
リーマン同士のラブストーリーで、受け様は会社きっての営業成績を誇るリーマン
同期からはやっかみ半分で悪口や太鼓持ちなんて陰で囁かれていて上司やお客以外
には愛想もない、徹底した努力を怠らない営業をしているんです。
そんな受け様でもびっくりする大口の契約が舞い込んでくるんです。
でも、その契約の条件が受け様が愛人になる事だったのです。
初めはからかわれていると思っていたのですが相手会社の社長は本気のようで・・・
10億の契約の為なら自分の身体一つなんて惜しくないと・・・
でも同性同士で?って事が未知な分野でやはり多少怖気ついてしまうんです。

そんな時、会社の同僚で容姿も家柄も性格もいいと全て揃ってる攻め様と体調不良で
倒れたのを介抱されたことをきっかけに話すようになり、攻め様のお節介で
結構強引なところに押され気味な受け様。
受け様は親しい同僚もいないようなタイプなので親切の押し売り的な攻め様に
うんざりしてしまうが、成り行きでリストラ退社の同期の送別会に連れていかれる。
受け様の思っていた通り、そこで受け続き様は八つ当たりをされるように同期から罵倒され
その場から一人引き上げるが、攻め様が追ってきて謝罪を・・・

そんな攻め様に受け様はゲイの事を聞くのです。攻め様は社内でカミングアウトしてる
唯一のゲイの知り合いと言うことで、10億の契約の事を話して、男同士の事を
教えて貰う事に・・・
でも攻め様からは愛人なんてやめろと、そして後悔すると・・・
今更後には引けない受け様は攻め様と関係を持つが、あまりの痛さに・・・
まぁ、それは愛人をして契約を取る事を辞めさせるためにワザと酷くした結果です。

この話はお互いが実家との拘りがあるんですよね。
攻め様はゲイだと話した事で実家から絶縁されているんです。
でも攻め様は家族を愛している。

受け様は家庭環境がかなり貧乏で借金の為に母が苦労した事から母の為に頑張って
仕事をしていた感じなんですが、その母は亡くなってしまう。
でも、それが更に受け様を仕事やお金の執着に拍車をかけるんです。
母を一人で死なせてしまった事に後悔してる受け様。
二人の恋愛の感じよりも家族愛の方がメインみたいなお話になっているようでした。
BL的には家族愛よりも愛人契約を迫った社長をもっと出して欲しかったかも(笑)
それでも、後半での受け様の母親の話で思わずもらい泣きしちゃいましたけどね。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ