ご主人様はヤバい奴

goshujinsama wa yabai yatsu

ご主人様はヤバい奴
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
7
評価数
3件
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
イースト・プレス
シリーズ
アズ・ノベルズ(小説・イーストプレス)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784872575095

あらすじ

しがない大学の非常勤講師、怜の夜の顔はバーテンダー。
ところがある晩、バイト先の小さなバーに美形ヤクザの横溝が乗り込んできて、借金を踏み倒して夜逃げしたマスターの代わりに返済を求められる。
いつのまにか連帯保証人にされていた怜は、借金返済のため、解体屋に売られるorペットになる…の二者択一を迫られ、傲慢・絶倫・意地悪なご主人様、横溝に飼われる羽目に…。

表題作ご主人様はヤバい奴

横溝将典,ヤクザ・金融業
高村怜,非常勤講師兼バーテンダー,25歳

その他の収録作品

  • 性悪なペット

評価・レビューする

レビュー投稿数2

ヤクザ攻め

シリーズの1冊目。ヤクザ×バーテンダーの借金モノです。続き物じゃないので、シリーズが苦手な方にもお勧めです。表題作とショートの2作品が収録されています。

「ご主人様はヤバい奴」
怜(受け)が主人公。大学の非常勤講師なのですが、生活のためにバーテンダーのアルバイトをしています。例は店のオーナーにだまされて借金を背負わされてしまい、取立てにきた将典(攻め)に飼われることになります。強引に抱かれ、食事に連れて行かれるうちに段々とほだされていく怜。しかし、将典は怜を商品として売り飛ばすと言い…という話です。

「性悪なペット」
将典(攻め)が主人公。二人は温泉に来ます。怜は温泉を楽しんでいますが、将典には不満があります。店の客にまで嫉妬する将典が可愛らしいですし、怜がやれやれと思っている心中がバレているのも面白いです。

セックス1回で100万円、フェラ1回50万円、と言いながらも、なんだかその場しのぎっぽい感じだと思っていたら、怜に一目惚れして実は助けていたという王道パターンでした。

すぐ怒鳴るし、何かとペット呼ばわりする将典ですが、怜への好意がすけてみえて、怜は悩む続きけれど読者は結果がわかりニヤけてしまいました。とはいえ、素直じゃないので、陽子(将典のいとこ)が背中を押さないと両思いにはなれなかった二人です。

ただ、将典のモデルのような容姿と、乱暴な話し方がなかなか一致せず、読んでいてどうにも違和感が拭えなかったです。内容的には別に将典を美男子にする必要はなかったのでは…と余計なことを考えたりしました(笑)

あと、麻生先生のあとがきイラストの「しつけ失敗?」に笑いました。なんだかんだ言いつつ、振り回されているのは将典の方なんだろうなと思います。

素直になれないヤクザ攻め、借金のカタに強姦される受け、ヤクザ×バーテンダーがお好きな方におすすめです。女性キャラがキューピットになりますので、そういうのが苦手な方はご注意ください。

0

こればかりはどうしようもない

甲山さん
ヤクザ×先生職が好きなんでしょうか。この作品も非常勤講師のかたわら夜はバーテンダーが主人公です。
俺様ヤクザ・借金のかた・囲い・不器用な愛といった王道だけども大変萌え嗜好を突いた設定となっています。
バーテンダーが主人公なだけあっていろいろなカクテルについての講釈で勉強になりました。
しかし状況はかなり整っているのにあまり評価は高くありません。
というのも作家さんとの感性の違いを肝心なところで感じてしまうので。
なにがいけないのか・・・設定がかなり好みな分期待しすぎなのか、この展開にきたらこうあって欲しいというのをあらゆる場面でハズされてしまうのです。それがセリフであったり、受けの思考や行動であったり、キャラの性格が途中変わってしまうように思える違和感だとか。
それもまたお話全てがおもしろくないわけじゃないので評価が難しい・・・。
とはいえあくまでわたしの偏った意見なので他の方はどうなんだろう?と気になるところです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ