ムーンリット・ラプソディ

moonlit rhapsody

ムーンリット・ラプソディ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×22
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
27
評価数
7件
平均
3.9 / 5
神率
28.6%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
リンクスロマンス(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥855(税抜)  ¥923(税込)
ISBN
9784344804883

あらすじ

景都の第二皇子でありながら、国を離れ、気ままな旅を続ける香菅。
ある日、行き倒れていた青年・ハルを拾い、一晩の寝食の世話をする羽目になる。
しかし翌朝、ハルの姿は消え、ベッドにはコウモリが一匹―。
実はハルは人型に変身できるコウモリだった。
人間社会に疎いハルの危なげな様子に、彼の目的地までつきあってやることにした香菅は、いつしか表情豊かで素直なハルに惹かれていくが…。

表題作ムーンリット・ラプソディ

景都の第二皇子・香菅(24)
人型になれるコウモリ・ハル

同時収録作品ムーンリット・ラプソディ

雪那 彩王付武官
怜夜 彩王・衣織の異母弟

同時収録作品スリーピング・プリティー

香菅
ハル

その他の収録作品

  • あとがき
  • 景都王宮内特設駆けこみ寺

評価・レビューする

レビュー投稿数4

キャラクターがすごく好き。

『ムーンリット』シリーズ4作目。

もともとファンタジーも人外も好みなので、このシリーズ自体がお気に入りなんですが、中でもこちらのCPが2番目に好き(ベストは『~フォーチュン』CPだけど、場合によっては入れ替わるくらい。どっちも大好きです)。

読む前は『・・・コウモリ?』と一瞬引きそうになりましたが、読み始めたら何も気になりませんでした。なんて可愛いんだ、コウモリ!

ハル(受)は、人間に変身できるコウモリ。天然で素直で大食いで、ちょっとおバカ?でも、まったく嫌味がなくてひたすら可愛い。

香菅(攻)は、実は国を離れて放浪している景都の第二皇子。
能天気そうに見えて、一方では異母兄である第一皇子や故国のことも考えているんですね。

このCPがすごく好きなんです。成り行きで旅の道連れになった2人がだんだんお互いをかけがえのないものと認識して行く様子も引き込まれるし、どこかズレたような会話もほのぼのとして楽しい。

あとがきで作家さんも言われていますが、シリーズ中でもお笑い要素が強いというか、とにかくキャラクターからしていちいちコミカルです。何気ないやり取続きりがもう笑いを誘うんです。

それが、ただ無邪気に見えていたハルが、自分の一族と景都王族との過去の確執から来るある使命を帯びていて・・・

今までのほのぼの・コミカルはどこ行った!?というくらいいきなり切ないシリアスになってしまいます。

なのに!こんなほのぼのコメディタッチなのに、要所要所で笑わされるのに、しかも何十回となく読み返してるのに!
私はそのたびに(表題作クライマックスで)泣いてしまうんです。目が潤むどころじゃない、落涙ですよ。完全に負けてます。←しかし、これが『泣ける』ストーリーかはかなり疑問ですが。

でもいいの、ものすごく好きだから!

3

バカな子ほどかわいい?

ムーンリットシリーズ第4巻。
世界観とかそれぞれに通じるところはあるけれど、単独でも読めます。
今回のCPは前回登場の香菅とハル。

出会って、旅して、前回の内容があって、その後みたいな流れ。
前回の内容っていってもそんな大したことではないので、この巻で説明されていることだけでも大丈夫。
それまでの作品と時間軸がクロスしてくるのがシリーズで読んでると楽しかったりもしますが。

今回のメイン動物?はコウモリのハル。
人間にも変身できるコウモリの生き残りとしての運命を背負っていたハル。
その目的のための旅の中で出会ったのが香菅。
正確には、ハルが偶然を装って近付いたとも言えるんだけども。
それは、決して深い悪だくみとかではなくて、ちょっとごちそうしてもらえないかなーぐらいのかわいいものなんだけども。
最初は口の悪いハルに苛つきもする香菅だが、一緒にいるうちに段々と情がわくようになって。
進路が分かれたところで別々に行動することにしたにも関わらず、戻ってしまったり。
気付いた時には絆されてたって感じで。
もちろん、ハルにはそんなつもりはないんだけども。
でも続き、正直で素直な一面も持ち合わせているのでかわいらしく見えてきたよう。

ハルがある目的のために香菅とケンカするようなことに陥ってしまうのだけど、その時のハルがなんだかせつなくて…。
自分が罵倒を浴びることよりも、香菅に罵倒させてしまったことを悔やんだりとか。
その後も自分の行いが香菅の地位を危うくしないように一生懸命で。
それほどかしこい子ではないようなのだけれど、それゆえなのかその一生懸命さがすごく伝わるというか。
真っ直ぐな子なんだな、とつくづく感じさせられます。

そして、なんかこの2人のえちシーンも好きだ。
香菅がどこかいじめて楽しんでるふうなのがなんとも。
ハルも減らず口を叩いたりするも、知識が足りなかったり自分じゃどうしようもなかったりでうまく言いくるめられたりするところが好き。

「スリーピング・プリティー」
香菅ったら…(笑)
まあ、確かに4か月冬眠!とか言われたら、困ると思いますが。
ずっとコウモリでいるならともかく、気分?次第でベッドの上で人になったりコウモリになったりするっていうのならもちろん真っ裸でしょうし。
それを目にしてたら…と思わなくはないですが。
それでも無理矢理春にしちゃうあたりが、どんだけ!!!!って思います(笑)

そういや。
前作の「ムーリットドロップス」のCDのキャストが香菅が羽多野くんだったので、ずっと声宛てて読んでたんですが。
是非CDで聞いてみたい!!!!!
プリーズ、CD化。

1

人間に変身するコウモリと王子さま

気ままに旅をしているように見えても実は苦労人の景都第二王子、香菅はある日人間に変身できる不思議なコウモリ、ハルと出会った。
人の常識とはだいぶズレた所にいるハルの危なっかしさを放っておけず、しばらく一緒に旅をすることになった二人だったが……

シリーズ4冊目は人間に変身するコウモリ(受)と飄々として見えて苦労人の王子(攻)のお話。
人とはだいぶずれてるけど一生懸命で食い意地が張っててちょっとお馬鹿なハルはかわいいです。
キャラクターからは想像がつかないようなかなり重い運命を背負っている彼ですが、これからは香菅と夫婦漫才でも繰り広げながら幸せになればいいと思う。

しかし一族郎党まとめて面倒見てやるから嫁に来いなんて、どんだけ男前なんだ香菅(笑)
そしてハル、嫁ってとこにはつっこまないのね。

相手が人外なだけにこれからも香菅は色々苦労しそうですが、まあそれも惚れた弱みというヤツってことで。仕方ないね

1

ケダモノ !?

動物変身モノ パート2。
『ハンティング』は、 本体人間 → 狼 だけど
今作は、 本体コウモリ → 人型になれる パターンで
いつでも自由に変身できる便利なタイプ!
前作『ドロップス』で、ちょこっと登場した 香菅とハル の出会いとその後。   (前作未読でも理解可能)

<ムーンリット・ラプソディ>
【景都の第二皇子・香菅×コウモリのハル】
コウモリの人型って吸血鬼っぽい?ってイメージしてたら、ロングの黒髪でとってもキュート♪
こんなカワイイ子に、無邪気に懐かれたら、そりゃタマらんわ^^;
保護欲 くすぐられて、 ほっとけないもん。
コウモリって黒くてジメジメして暗くて不気味な印象w
でも、ハルならカワイイって思えちゃうから不思議(笑)
食い意地がはってて、果物が大好きで。
天真爛漫でウブなお子様。
それをいーことに、攻があれこれダマすんだよw
自分でアレをこするのは、人間界では恥ずかしいこと とか。
カラダ中の赤い斑点(キスマーク)は、感じる部分に出るもので、
毎日 舐めないと 病気になる とか(笑)
なんじゃ そりゃぁ~~? 
だけど、ハル続きはすっかり信じちゃうんだよね^^;
も~ かわいすぎっ!
そして、初Hシーン後のこの文言が、最高☆

  この夜、ケダモノだったのは人間の方だった――。

だよね~~っ!! 激しく同意!(笑)
初心者相手にエロすぎっ
ハルがある目的のために、攻の兄に近づくところは、シリアスでちょっと切ないvv
でも、それ以外はコミカルで、すごく おもしろかった!

<ムーンリット・プリティー>は、ハルの冬眠ネタ。
4ヶ月は眠りっぱなしなんだけど、攻があることを思いついて・・・。
そんなにしてまで、H したいか~~!
200匹もの、ハルの一族を面倒見る甲斐性はあるのに、忍耐はないのね(笑)
確かに4ヶ月はキツいけど。 必死だなぁw

<~駆けこみ寺>では、攻にイジメ(?)られたハルが、攻の兄の執務室に逃げ込み・・・。
すっかりお兄ちゃんに餌付けされ懐くハルに ヤキモキする攻。
それは自業自得ってもんでしょ(笑)
「桃っ~~桃~~~っ」と、叫ぶハルが純真で かわいい!

香菅&ハルは、シリーズ中 3番目に好きな獣CP♪
ハル、食べ過ぎに注意してね~
香菅、ウソとHは 程々にね~
さて、次はどんな動物かな? 楽しみ!

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ