ないものねだりな恋の死神

ないものねだりな恋の死神
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
2件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
集英社
シリーズ
コバルト文庫(小説・集英社)
発売日
価格
¥476(税抜)  ¥514(税込)
ISBN
9784086005227

あらすじ

恋なんてばかばかしい、というポリシー(?)のもと、他人の恋を邪魔するという悪癖を持つ高校生・司。特殊な家庭環境の司にとって、隣の家に住んでいる幼なじみの亮太だけが心を許せる存在だ。ところが、亮太に初めての「彼女」ができた。司の性格を理解している亮太は、経緯を語りたがらない。それが司には気に入らない。いや、むしろ亮太を奪われたことがショックで―これってつまり恋。
(「BOOK」データベースより)

表題作ないものねだりな恋の死神

亮太 高校生
司 高校生

その他の収録作品

  • 夜明けの海にまどろむ島

評価・レビューする

レビュー投稿数1

幼馴染みモノのツボをしっかり押さえた良作

面白かったです。
幼馴染みモノです。

主人公は遊び人の高校生(受け)。別れさせ屋のバイトをしつつ、享楽的に生きている。
隣家には真面目な幼馴染み(攻め)が住んでいて、昔から大の仲良し。
この幼馴染みが、はじめて彼女を作ったことから、二人の関係に変化が起きます。
主人公は嫉妬してる自分に気づき、はじめて、自分がずっと幼馴染みのことが好きだったことに気づくのだ。
どす黒い感情に突き動かされ、主人公は幼馴染みの彼女に近づき、二人を別れさせる目的で、彼女にキスをする――。

幼馴染みモノにおける萌えツボをきっちり押してくれる良作でした。
ジタバタ醜くあがく主人公が哀れで、行動が裏目に出てどんどんドツボにハマっていくのが切なくて、キュンキュンしまくりました。
寸止めだったのが残念。
挿入編も読みたかったなァ。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ