I WANT TO KISS YOU

I WANT TO KISS YOU
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
オークラ出版
シリーズ
アイスノベルズ(小説・オークラ出版)
発売日
価格
¥854(税抜)  ¥922(税込)
ISBN
9784872780048

あらすじ

高二の亘とサラリーマンの中野。二人はおもしろい場所で出会った。終電車の中、隣り合わせで。再会は公園。犬に丁寧語を使う妙な少年、それが亘だった。二人は時間も約束も決めないのに、まるでそれが当然のように朝犬の散歩を一緒にするようになる。中野はひとまわり年下の亘を「なまいきなガキ」と思いつつも、何故か可愛く思うのだ。そんな折、中野は突然の長期出張で亘に会えなくなってしまい――。

表題作I WANT TO KISS YOU

中野邦久・会社員
田村亘・高校2年生

評価・レビューする

レビュー投稿数1

うひー、なんかリアル

面白かったです。
なんか要所要所にあるリアルさが怖いわ~。
この攻めを気にくわない方はたくさんいると思いました。大人のずるい男。でもけして性格が悪いわけではない、という。
受けも同じタイプなんだけど、若いぶん素直で、自分の気持ちに正直な面がある。

両者とも、他に付き合ってる彼女がいて、遊び相手も適度にいるという、普通の(これを普通というかどうかはともかく)リーマンと高校生です。
偶然知り合い、仲良くなって、一緒に過ごすのが楽しくなって。
ふたりとも二股状態で付き合うようになって、セックスを重ねるようになって。
その、本気とも遊びとも区別のつかない関係を続けるうち、離れがたい思いが強くなっていく。
覚悟なしには踏み出せない関係ながら、大人である攻めのほうはなかなか決断ができない。
受けは「覚悟をしたから」というより、若いから振り捨てれるんだよね。
お互いに偶然と意思の両方が作用して、少しずつ「唯一の相手」になっていく。

ラストはちょっとギャグだよねw
いったん決断したふたりの強さときたらもう。
このへんザ・大円団って感じですごく好きでした。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ