堕天使輪舞

datenshi rinbu

堕天使輪舞
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
0
評価数
1件
平均
1 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
ルチルコレクション(コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784344804920

あらすじ

ゆかりという女性によって運命を狂わされた透。復讐を誓った透は幼なじみの倫が制止するのもきかないで…!?
ミステリアスロマン。

表題作堕天使輪舞

沢海和彦、御曹司
杉本透、施設育ちで復讐に生きる男

評価・レビューする

レビュー投稿数1

主人公を襲う運命

花田さんの今まで買った本が好みだったので作家買いした作品ですが、下調べしてから買えばよかったです^^;
施設で育った主人公は、身分違いの女性と恋におち、許されないと知りながら婚約、そしてかけおち…
あれ?と思ったら、これ少女漫画誌に掲載された少女漫画なのですね。

BLとしての評価はちょっと厳しいです。
ただ、BLじゃないからという理由で評価を低くしたわけではありません。ストーリーは昼のサスペンスドラマのような復讐劇になっていて、読んでいてとても怖かったです。
(以下、最後までネタバレしています)

最愛の婚約者を殺された主人公が、それを仕組んだ三人の女性に復讐していくというストーリーです。
その一貫で男性と寝るシーンも入っています。

幼馴染の男の子といい雰囲気になるシーンもありますが、これはBLレーベルから出版される際に作者さんが描き足したシーンらしく、実際にこの子に恋愛感情があるようには見えませんでした。
あくまで主人公が愛しているのは亡くなった婚約者なので、完全にNL作品だと思います。

施設育ちの主人公が初めて愛した女性を殺されてしまうシーンがつら続きすぎる…。殺人はもちろんよくないけれど、彼が復讐の悪魔と化しても仕方ない…と思えるような辛い内容でした。
復讐のために女性の旦那を誘惑したり、女性同士で殺しあうよう仕向けたりと、鬼のような主人公が恐ろしかったです。
とにかく辛い、の一言に尽きました。

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ