溺れそうな衝動

溺れそうな衝動
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
2
得点
10
評価数
6件
平均
2.3 / 5
神率
16.7%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
リンクスロマンス(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥855(税抜)  ¥923(税込)
ISBN
9784344805019

あらすじ

「二度と放さない」。
マンションの新しい管理会社の人間に抱きしめられ、大学生の真鍋吉希は愕然とする。
たくましい腕の持ち主は、かつて一緒に家出をしながら、裏切ってしまった仙波隆平だった。
再会を喜ぶ隆平から、昔と変わらない自分への執着を感じる吉希。
罪悪感から、何かと彼を優先してしまう吉希だったが、いつの間にか生活に踏み込まれ、嫉妬から強引に身体を奪われてしまう。
なんとか距離を置こうとするが、隆平は聞き入れてくれず…。

表題作溺れそうな衝動

マンションの新しい管理会社のオーナー・仙波隆平
故郷を離れて東京暮しの大学生・真鍋吉希

その他の収録作品

  • 溢れそうな衝動

評価・レビューする

レビュー投稿数2

執着攻というよりは…

攻様がとにかく受様に執着しているお話で、とにかく困った男でした。
受けも困りながらも、拒みきれなくて、優柔不断さと狡さのある…割れ鍋に綴じ蓋カップルといいましょうか(笑)

攻様が、強引で傲慢で受様がいないと死んでしまうようなタイプ!
2人きりのときは、いつもスキンシップを求めてくる甘えん坊な攻っぷりや…
受様も、弱くいつも流されていそうで、頑な所もあるみたいなストーリー展開は好きなんですけど…
なんとなくいかしきやていない、モヤモヤ感が残ってしまう、残念さが残る作品でした。

社長業•隆平 × 大学生•吉希の再会もの。
家庭問題などやるせない気持ちになっていた中学の夏休み、一緒に家出をしかけながら裏切ってしまった隆平との必然の出会い。
吉希と一緒にいる為に、必死で社長業をこなしてきた隆平と、
過去のことに罪悪感を感じ、再び隆平と再会して、怯えてばかりな吉希。
昔と変わらない、計り知れない隆平の気持ちが怖くなっていきます。
嫉妬から無理矢理抱かれてしまい…
距離をおきたがる吉希と、全く聞き入れようとしない隆平!
2人の恋の行く末は…⁉

隆平の吉希に対続きする愛情は伝わってくるものの、執着というよりは…やり方がまるで子供みたいでやや痛かったかなあと…。
吉希も、過去の罪悪感との葛藤ばかりで、隆平に対しても、優柔不断というか、煮え切らなさが残ってしまったというか、グルグルが逆にイラっときてしまう場面もありました。

隆平は学生時代、執着心を引き起こす位、吉希の何処に惹かれたのかが、伝わってこなかったのも残念でした。

ただ良かったのが、最後のシーン。
ようやく気持ちが通じた場面は、ジーンとして、読んで良かったなあと思いました。

それにしても、隆平の義兄も嫌な人で…
登場人物のほとんどが幼稚感が否めませんでした。
吉希の両親問題も中途半端な所で終わっていますし…
なんといいましょうか…嫌いじゃなかった設定だっただけに、萌きれなかった事が残念でした。
なんか、今まで読んだハルモ先生のテイストと違った雰囲気の作品でした。

1

執着って甘いですね

攻めの受けに対する執着心とも表現できるほどの想いの強さが
ものすごく萌えツボでした!
受けはそんな攻めに対し、様々な想いから戸惑い逃れようとも
するのですが、それくらいで引く攻めではありません。
一歩間違えばストーカーでは、というほどなのですが、受けの
この複雑な心境が、攻めの独占欲を読み手に甘く読ませてくれます。

またどうしてここまでの執着心を持つのかという点も、二人の
思春期時代にまで遡り、攻めが徐々に受けにのめり込んでいく
過程を読ませてくれます。

執着心の強い攻め。
そしてくっつくまでのじれったさを楽しむのが好きだという方には
是非読んでいただきたいです!

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ