悪魔は腕のなか1

悪魔は腕のなか1
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
角川書店
シリーズ
あすかコミックスCL-DX(コミック・角川書店)
発売日
価格
¥505(税抜)  ¥545(税込)
ISBN
9784048526470

あらすじ

アメリカに留学中の瓜生ひかると、金髪碧眼のイケメン、ディアブロ・リコ。ディアブロはある日、自分にそっくりな男から死を宣告された。留学中の彼の同居人のひかるまで命を狙われ始める…。
事件を追ううちに、ディアブロは、南米に逃げたナチス残党の手によって、ヒトラーの遺伝子をもとに人工授精を繰り返してつくられたという事実が浮かびあがってくる。復活するナチス・ドイツの総帥として…

表題作悪魔は腕のなか1

ディアブロ・リコ
瓜生ひかる

評価・レビューする

レビュー投稿数1

重いテーマなのに、なんだか中途半端。

ディアブロはヒトラーの血をひくがために、ナチからも反ナチからも狙われている。
組織(反ナチ)に洗脳されたディアブロの双子の兄・ガイストを助けに行ったり、ひかるの弟・かげるがひかるを連れ帰しに来たり、本当の敵はディアブロが信用していたミゲールだったり、でもそうじゃなかったり。
思ったより若干深刻な話だったけど、でも上っ面な内容…でも、ヒトラーにユダヤの血が流れているところまではかろうじてわかっている様子…。
ちっちゃくギャグ調に描いてる絵は本当に上手いし、可愛い。普通の絵はあんまり好みではない…
そういえばみなみ恵夢さまの作品で、エロシーンを見た事がないです。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ