反逆の狼

反逆の狼
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
オークラ出版
シリーズ
アクアノベルズ(小説・オークラ出版)
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784775505069

あらすじ

文部科学省に属する、教育取締官・月島竜司は、鬱蒼と生い茂る森に囲まれた、貴族の城のような『一高校』にやってきた。
この高校は高い進学率を誇っているが、卒業後、自殺したり事故に遭う者が多すぎるのだ。
月島の任務は、『一高校』の特殊な教育方法を調査することだ。
ところが、思いのほか調査は難航し、同僚の佐倉ばかりか、最愛の恋人の青葉まで囮として捜査に加わることになってしまい…。

表題作反逆の狼

月島竜司(28) 教育取締官
白河青葉(17) 高校2年

評価・レビューする

レビュー投稿数1

シリーズ2冊目!

教育取締官・月島竜司シリーズ2冊目です。
2006年にプリズム文庫でも発売されています。表紙も挿し絵も同じなので、どちらを購入されても問題はありません。シリーズ3冊すべて比較をしているわけではありませんが、書き下ろしもなさそうです。

1冊目「沈黙の狼」と同様、男だらけの2時間刑事ドラマ再び、という感じです。催眠がキーワードになります。

主人公は、教育取締官の月島(攻め)。問題のある教育現場の内偵が仕事である。月島は体育教師として、同僚の佐倉は生徒として、特殊な教育方法を使うという一高校に潜入したものの、佐倉が負傷してしまい、戦線離脱。その代わりにやってきたのは、初事件で恋人になった高校生・白河青葉(受け)。青葉にも魔の手は伸びていき…という内容です。

1冊目の雰囲気はそのままに、サブキャラ佐倉を重用して厚みを出し、シリーズ2冊目らしいストーリーになっています。単独でも読めますが、前作を読んでいる方がより面白いです。

熱血でエロい月島と、竹のように清浄なのにエロい青葉が良いです。
28歳なのに高校生に化けられるファザコン佐倉にも注目です。

セオリー通りの続きままテンポよく話は進むので、あっという間に読み終えてしまいます。挿し絵も内容にあっていて良いです!

犯人探しのようなミステリー要素はありません。今回はアクションはほとんどありません。勧善懲悪の都合よい展開が、読んでいて心地よいです。
そのくせ、徐々に教育取締官が浸透して正体がバレるとか、月島の青葉への淫行が問題になりつつあるとか、リアリティも入っています。

作者様があとがきで書かれていた「見てきたような嘘」を楽しめる方には、オススメです!

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ