薔薇は紳士を惑わせる

薔薇は紳士を惑わせる
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
10
評価数
4件
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
心交社
シリーズ
ショコラノベルスHYPER(小説・心交社)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784778100841

あらすじ

時は大正―泉小路子爵家の嫡子・朔也は、傾いた家を救うため、かつての同級生で成上りと悪評高い鮫島泰成に援助を乞うことになる。
だが朔也は昔から、圧倒的な男の魅力を放つ不遜な泰成が苦手だったし、泰成も朔也を嫌っているようだった。
朔也は泰成を訪ねるが、頑なな態度を取って彼を怒らせてしまい、力ずくで抱かれ辱められる。
怒りと失意のうちに屋敷に戻った朔也を待っていたのは、先回りしていた泰成の「借金は立て替えておいた」という言葉。
だがその条件は、泰成の傍で“女”として働くことだった―。

表題作薔薇は紳士を惑わせる

鮫島泰成/男爵家三男/貿易業経営/23才
泉小路朔也/子爵家長男/23才

評価・レビューする

レビュー投稿数2

うん紳士だ

景気のいい成り上がり×没落した名門、二人は元学友、お金の為抱かれる、というテンプレ設定です。

攻めは始めこそまさに凌辱って感じで受けを酷く扱うんですけど、そのあとが仕事熱心な紳士キャラ。こういう設定だと大抵お屋敷に閉じ込めてエロ三昧がお約束だけど、ちゃんと受けに夜の相手以外の「仕事」を与えています。
その仕事は受けが女装して攻めの仕事絡みのパーティーへ同伴するというものなんですけど・・女装にイマイチ萌えない私はこの時点でややテンションが下がった(^_^;)
ただそういう役割をこなすことで、ある程度攻めと対等な関係を築いていけて健全な?愛情の生育過程かなと思いました。受けもしっかり者でしたしね。
エロも鬼畜って感じじゃなくて、好きな相手との激しいHみたいな。

個人的な萌え度は普通でしたが、いいお話でした。

0

最後まで不器用すぎます

大正の貴族制度を背景に家柄は良いが経済的に困窮している
受け様と、裕福だが金で身分を買ったと世間で蔑まれている
攻め様との不器用なラブストーリーです。              
受け様は、子爵家の長男ですが、貴族であるが威張ったところが
無い本好きの学生ですが、ある日家の金銭的な窮状を知り
大学時代のわずかの時期同級だった鮫島男爵家へ融資の相談で
出向きますが鮫島男爵の代わりに迎えてくれたのが同級の
攻め様でしたが、昔から攻め様に嫌われていると思っていたので
素直に窮状を打ち明けられず、些細な言い争いを・・・
突然その場で襲われてしまいますが、帰宅すると既に
借財は全て終わっており、受け様を雇ってやると傲慢に・・・
受け様は女装をさせられたり攻め様に無理やり抱かれたりと
一見すると酷い扱いですがホントは激アマなんですよ。
天然で超~鈍い受け様は最後まで攻め様の気持ちに気づきません。
攻め様も、どこまで不器用なんだと思わせるお方で、
やはり最後まで直接的な愛の言葉はありません。
どこまでも、行動あるのみのお話でしたね。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ