──おまえを一億で買ってやる

禁句

kinku

禁句
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
14
評価数
4件
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ワンツーマガジン社
シリーズ
アルルノベルス(小説・ワンツーマガジン社)
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784901579872

あらすじ

華族で傲慢な御曹司・阿刀が美貌のホスト・黎を援助する条件は、今までの生活をすべて捨て絶対服従すること。しかも品定めをさせろと、黎にテラスで裸になれと命令した! 屈辱の行為のはずなのに、阿刀の熱く淫らな眼差しに嬲られているうちに、次第に黎の身体は熱く疼き始めて──。
悦楽の束縛に堕ちていくアダルトラブ!

表題作禁句

阿刀 誉志幸 美術商
渋谷 黎 元ホスト

評価・レビューする

レビュー投稿数2

テンプレ王道ストーリーかと思いきや、後半ぐんぐん面白くなりました

いい意味で後半に裏切られまくって、ワクテカしながら読み進めることができました。
読みはじめた瞬間からエロエロで、ちょっとげんなりしてたんですが。
一億円で買われる美貌の受けと、大富豪な俺様攻めです。
この設定だけで、「大富豪の家でエロエロしてるうちに、ふたりの心に恋が芽生え、でも相手の愛情には自信が持てずにすれ違い、で、最終的には愛を確認できてハッピーエンドなんだろーな」という予想を立ててしまったんですが、すいませんでした。
確かにエロエロしてるうちに恋愛感情が芽生えるわけなんですが、主役ふたりの性格造型が絶妙で、「そうきたか!作者さんGJ!」などと思いながら読むことができました。

俺様攻めのヘタレ具合いや執着の見せ方には、きゅーんときました。
またそれを受けとめられる受けのオトコマエさにもきゅーんときました。
ペットと主人でしかなかったイビツな二人が、段階を踏んで完全に対等になってゆく様子は気持ちよかった。そうなる流れも自然でしたし、手垢のついたトラウマネタも上手く処理していて、新鮮さすら感じました。
いやー、面白かったです。
読みはじめたときの期待値がやたらと低かったからかもしれ続きませんが、面白かったです。

2

ドナドナで昼メロなグランド・ロマンス(作者後書きより)

これぞハーレクイン的な、非日常世界。
自分の育った施設を守るお金のために、黎は1億円で阿刀に買われてペットになることに、
アンティーク囲まれたホテルのスイートルームで、徹底的に快楽を仕込まれる。

もう、最初っからエロ全開

出会いのシーンから
「おまえをよく見たい、そこで服を脱いで裸になれ」
場所は、月明かりの下、ホテルの中庭に面したテラス
阿刀は全裸の黎を、そのままお膝に乗せて搾り取っちゃう。
次の日、阿刀の元へ、黎が日常生活をすべて捨てて行くと、
超高級エステで磨かれて(直腸の中まで)、
服は全部新品のブランドものを与えられて、
阿刀が日本での滞在場所にしている、ホテルのスイートルームに連れ込まれた後は
あま~~~~い、あま~~~~~~~い、初夜!!!
調教ものだけど、阿刀の中では、調教=溺愛なので、黎の体に傷を付けるような痛いことは一切しない
ただひたすら、快楽に溺れさせてる
もう、どのページを開いても、なんかしらヤッてる状態。

御曹司・阿刀は、見た目は落ち着いた大人らしい男だけど、愛情と執着の区別がつかないお子様。
捨て子で施設育ちだ続きった元ホスト・黎の方が、まわりを公平に見極めて前向きに生きる大人だ。
二人は、最初に阿刀が黎にいった言葉
「これからおまえは、このオレに愛されるためだけに生きる愛玩動物---ただのペットになるんだ」
に縛られてすれ違う、、、、、

最終的にはこの二人、ちゃんとハッピーエンド

そしてそのうち形勢逆転して、黎が阿刀を調教しちゃったりすればいいのにな

ちなみに、My脳内キャスティングは
阿刀・コニタン、黎はちーちゃん、西園寺を鳥さん

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ