アンバランスな誘惑

unbalance na yuuwaku

アンバランスな誘惑
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
9
評価数
5件
平均
2.4 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784592874225

あらすじ

アルバイト先の会社の創業者である神野成亮と同棲中の大学生・雪村瑞保は、仕事中エレベーターに乗り合わせた男から声をかけられる。
軽くあしらった瑞保だったが、その後も男はしつこく付きまとう。
神野が調べたところ男の正体は、同じビルに事務所を構える尾沢という探偵だった。
はたして尾沢の目的は…。

表題作アンバランスな誘惑

神野成亮 社長
雪村瑞保 大学生・アルバイト

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

またまたつけ狙われる受け様‼

シリーズ第三段‼
きたざわ作品らしい、ワンパターンなシリーズ化展開が続くわけなんですけど…今回の作品は冊数が進むほどに辛口コメントになっている気が…すみません。

前作で新居にも引っ越し、仕事に、大学、アルバイトと忙しい2人なんですけど、ラブラブ♡幸せな同棲生活は相変わらず‼

瑞保の美人度&色気度はUP中、神野の瑞保への、執着ぶりと独占欲もUP中な2人。愛情たっぷり、愛し合っちゃってます。

そんな訳で、アルバイトでお使いに出れば、知らない…しかも男性に声をかけられ…何故か凄く遠目に神野に見られていたり、見てないところでも、会社でも注目の瑞保の噂は社長の耳にまで届く始末なものだから、たっぷり、お仕置きとばかりにいじられてます(笑)

そんな感じで平和な日々に、やっぱりアクシデントに巻き込まれてしまう瑞保。
今回は、怪しげな探偵にちょっかいをかけられ、アルバイト先、大学、マンションとつけ狙われてしまいます。

神野は、後輩の仕事の依頼を受けて慌しい毎日、瑞保の様子を気にしながら、ちょっかいを出してくる探偵の動向も気になりながら、忙しい中でも合間をみてはラブラブな続き2人なんですけど、今回はやや仕事に振り回され気味なんです。

ちょっかい出してきた探偵は、実はある依頼を受けて瑞保に近づいてきたわけで・・・拉致されてしまい…さあ今回も神野は助けられるか…といったお話になっています。

今回のお話で感じた事は、瑞保がすっかり逞しくなったなあと。
これも神野の愛情を一心に浴びているからなんでしょうね。
反対に神野は、何も言わず姿を消した瑞保が心配で…真実を知って、もしも瑞保に何かあった時、傷つく姿を想像するだけで心苦しくて、どうして側にいてやらなかったのか悔やんでます。こんなに愛されてみたいものですよね(笑)
無傷で助けられた事は、分かっている展開でも安心でした。

探偵と依頼人はもう少し痛い目をみてもらっても良かった気が…。その辺のその後は記載されていないので、若干物足らなさは感じました。

神野は相変わらず、瑞保1番‼ エグゼクティブなフェロモンたっぷりいい男で、瑞保は益々綺麗に、憎まれ口を叩きながらも、こちらもやっぱり神野の事が1番なラブラブカップルでした。

ひたすら甘い2人なので、さらりと読めて癒されたい方にはいいかと思います。

0

シリーズ3作目。

『モノクロームの契約』『デリケートな挑発』に続く3作目です。

できあがったCPのストーリーでそこに横槍が入るんですが、今回はちょっと違ったアプローチでしたね。

『神野(攻)と瑞保(受)を別れさせて欲しい』という依頼を受けた探偵が、瑞保に付き纏います。
結局、瑞保は拉致され襲われるんですが・・・

この依頼をしたヤツがねえ、もうどうしようもない。あまりにも自分勝手すぎるというか、それにしても考えることが幼稚で唖然。
この顛末が納得行かなかったですね。そんな殴ったくらいであっさり許すようなことか!?と。

こちらは、きたざわさんのシリーズの中でもH度は高いと感じます。それとも、神野が『肉食!』って感じだから余計にそう思うのか?でも、確かに回数・分量は多い気がする。

これまだ続編があるんですが、せめてここで終わって欲しかったというのが本音です。1作目はホントに面白かったんだけど。

そしてイラストはやっぱりダメ。あまりにも苦痛なので、読むときは挿絵見ないように隠してます。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ