メテオ・ラバーズ

メテオ・ラバーズ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
3件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
リーフ出版
シリーズ
リーフノベルズ(小説・リーフ出版)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784434056581

あらすじ

夏休みの間だけ古い一軒家で一人暮らしを始めた、高校生の加月。とある不安を抱えながら一人眠りについていたその時、空からすさまじい物音とともに何かが家に降ってきた!しかも、それを追って、怪しい謎の男がいきなり家に侵入!!精悍な顔立ちをしたその男・京悟は、隕石を探すメテオ・ハンターだと名乗り、加月の家に落ちた隕石を探す許可がもらえるまでここを動かないと勝手に住みついてしまう。その挙げ句、強引な京悟はなにかと反発する加月に、次々と淫らないたずらをしかけてきて。

表題作メテオ・ラバーズ

メテオハンター・花柳京梧(26)
高校生・小野寺加月(16)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

沙野さんのコメディ

訳あって夏休みの間だけ古い一軒家で一人暮らしをしていた高校生の加月。
一人きり不安に眠るある夜、轟音とともに空から何かが降ってきた。
しかもそれを追って怪しい男まで勝手に上がり込んできた?!
自らを隕石ハンターを名乗った男、京梧は加月の元に落ちてきた隕石を手に入れるまではここを動かないと勝手に住み着いてしまい・・・・・・

とりあえず最初に思ったのは沙野さんもこういう話を書くんだなあでした。
全体的に割とライトなノリでコメディ寄り。
隕石ハンターを巡る設定とか世界観はなにやら一つ突き抜けた感じがして、これはこれで嫌いじゃないです。

とはいえ、加月が一人暮らしをするようになった理由は一見コメディのようでも重いし、コンプレックスとかの描き方はああ、沙野さんだなあと。

なんとも微妙なバランス感覚の作品でした。

色々都合のよい展開に、正直おもしろかったかと聞かれると微妙なところなんですが、一回読んでみると沙野さんのイメージがちょっと変わって楽しいかも知れません。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ