ロードライト~冴えた結晶~

rhodolite

ロードライト~冴えた結晶~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
1件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
心交社
シリーズ
ショコラノベルス(小説・心交社)
発売日
価格
¥854(税抜)  ¥922(税込)
ISBN
9784883022458

あらすじ

宝石店に勤める雨宮裕一には、忘れることのできないひとつの思い出があった。
高校生の時、それまで話をしたこともなかった芳村史柾と、冷たい風の吹く屋上で、一度だけ偶然ともいえる共有の時間を持ったことだった。
やがて卒業し会うこともなくなったころ、雨宮は気がついた。
その思い出が、『初恋』という名を持つことに―。
そして数年の時が経ち、思わぬかたちで再会したふたりは、まるで昔からの親友のようにつき合い出す。
だがそれは、二度と止まることのない『運命』の歯車が廻りはじめた瞬間でもあった…。

表題作ロードライト~冴えた結晶~

芳村史柾 ジュエリーデザイナー
雨宮裕一 宝石店勤務

評価・レビューする

レビュー投稿数1

運命の出会いと再会

攻・ジュエリーデザイナーの芳村史柾
受・宝石店勤務の雨宮裕一
同級生です。
20代後半。

古い作品のレビューでスミマセン。
思い入れのあるシリーズなんです。

高校生の芳村の描いたジュエリーデザイン画を見て「キレイ」だと言った雨宮。

芳村は「俺様」なタイプですし、ガタイもいいので普通なら「ジュエリー」とは結びつかない。
「似合わない」「ありえない」等と言われる思ったのでしょう(おそらく他の友人達には言われていると思われる)。

しかし「男が宝石なんて変だ」とは言わなかった雨宮。
キレイなものをキレイとはっきり言葉に出来る雨宮の存在に、芳村は何かを感じてたんだろうなぁと思います。
雨宮も屋上でのひと時が忘れられずにいました。

2人は時々すれ違いざまに言葉を交わすくらいで、それ以上に親しくすることはありませんでしたが、卒業の時、芳村は雨宮に自分で作ったというロードライト(ガーネット)の指輪を渡します。

卒業後もそれを大切に持っていた雨宮。
芳村とのことがキッカケで、大学卒業後は老舗宝石店に勤めるように。

10年後、雨宮は宝石店で取引ブラ続きンドのデザイナーの弟子としてやってきた芳村と再会。
ゆっくりと親交を深めてゆきます。

芳村には秘密めいたところがあります。
周囲には悪意のあるウワサがありました。
またそのウワサを鼻で笑うような傲慢で不遜な芳村の態度。

大御所デザイナーの後継者問題。
盗作疑惑。
それを裏付けるかのような、大御所が芳村にすがり付く姿を雨宮は見てしまう。

全ての犯人は大御所の弟子でした。
それを偶然知ってしまった雨宮は、ナイフを突きつけられて連れ去られます。
口止めになる行為…と称して強姦されてしまう。

ボロボロの身体で芳村のマンションを尋ねていった雨宮。
何があったと問い詰めるその時に、大御所の急病の知らせが。

大御所デザイナーは芳村の実父でした。
病院に駆けつける芳村について行った雨宮は、そこで全てを知り、同時に自分の身に起きた事を吉村に知られる。

雨宮にとって芳村は、再会の最初から「恋」でした。
でも芳村は、ゆっくりと「恋」になっていったんじゃないかな?
最後は思いが通じ合って(言葉にしてなかっただけで、既に両思いみたいな2人だったけど)ラブラブ。

古い作品なので、エロ要素はほとんど無い。
でも心の動きはとても丁寧に書かれています。


ロードライト・シリーズは、10年近く腐萌から遠ざかっていた私を、再びBL界へ呼び戻した作品。
捨てきれずに保管していた数少ないBL小説の1冊でした。

引越しの際に、ウッカリ再読してしまったのが運のツキ(涙)。
再びBL蔵書が増え始めました…これもまた運命(笑)。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ