ディア・グリーン 瞳の追うのは 1

dear green

眼神的方向

ディア・グリーン 瞳の追うのは 1
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×24
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
49
評価数
13件
平均
3.8 / 5
神率
23.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
ルチルコレクション(コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784344805361

あらすじ

縁と音海。言葉が無くても通じ合う2人。これは2人がまだお互いの気持ちを自覚する前の物語…。「ディア・グリーン」シリーズ。

表題作ディア・グリーン 瞳の追うのは 1

喫茶店経営を目指す:矢島縁
女友達の元カレ:音海

同時収録作品××happier

筒井亮二 大学生
鳴沢敦生 大学生

評価・レビューする

レビュー投稿数8

今では描けない時代という情緒

同棲カップルのお話「ディアグリーン」の縁と音海が付き合うに至るまでを描いた続編というか、過去編ですが、これ単独でも十分楽しめる作品です。
私は前のディアグリーンのゆるゆるタラタラした感じが大好きでこっちも読みたいなーと思って手に取ってみたのですが、あのゆるさは健在しています。
恐ろしくスローペースですが、それも味として楽しめるかな、と思います。

長年の友人から恋人へ・・・という設定の典型的なタイプのお話だと思いますが、このくらいスローペースのほうがむしろ好みでした。というのも、長年友人だったのにあっという間にくっついちゃったりしたら逆に違和感がある、ということもあるので。そのあたりは非常~に丁寧に描かれていると思います。

クールでマイペースな音海とおせっかいでお調子者で直情型の縁。
性格は正反対ですが、不思議と飾らず居れて心地よい関係の2人。
こういう友達本当にいそう・・・と思います。大学で一緒に上京してたまーに電話して、会うときは頻繁に、会わないときは何ヶ月も・・・それでも思い出したようにどっちかから連絡を取ってはふらっと飲みに行ったり互いの家を行き来したり。
続き大人になっても続く理想的な関係ではないかと思います。

ちょっと意外だったのは、ディアグリーンを読んだときにおせっかいだった縁が生活時間の不規則で体調管理も乏しい音海を同棲に引き込んだように描かれていましたが、意識しはじめたのは音海のほうが先なんですね。
もてるのに恋愛には淡白な音海が縁を意識し始め、自分でもわからなく悶々と意味不明の行動を繰り返す音海と、そんな音海に対して何かおかしいな、と感じ始める縁の関係がじれったくてでも萌えます。
そのあたりで終わっていますのでくっつくのはまだ先かな、という感じです。

このお話、電話というアイテムがすごくキーになってる気がするのですが、ずっと家電で電話してる2人を見て、あれ?ケータイないのかな?と思ってみたら発行は2005年・・・、あ、でもディアグリーンの過去のお話だから、実際はかなり昔のお話なのか!と。そう思うとなんか面白いんです。

家電がつながらないと近くに住んでても連絡が取れないとか、電話が鳴ってるのに出ないと今家にいないのかーとか、留守電に切り替えておかないと行方不明とか。
生活時間が合わなくて家電に出れないとずっとすれ違いが続くんですよね。
いまケータイのある時代では考えられないし、今何してるの?て聞けるメールもSNSもあるし、行方不明とか何してるかわからないとか、ないと思うんです。
今では描けない情緒あるラブストーリーだなぁと思いました。

0

地味に愛を育んでます

実にまったりとした男夫婦のお話「ディア・グリーン」成立編です。
ただでさえ地味にひっそりと普通に存在していそうなカップルは、
その成立時でさえ…物凄く地味だった。
ゲイカップルなんだし、それ相当の年月も経ているんだから、
それはそれなりにドラマティックな展開もあったんだろうなぁ~とか、
いくらなんでも、最初からここまでまったり老成してはいなかっただろう…
みたいな、そういうドラマ脳な読者の期待を
(良い意味で)バッサリ裏切ってます。
こいつらは、本当に本当に、最初から地味に続いてた。
大したドラマ展開も無く、山も谷もさほど無く、
(たぶん…)Hも(他のBL漫画ほどは)濃くは無く、
もちろんHの回数も少なく(いや…この巻ではエロの気配もゼロだけど)
カップルだからHしてない訳ないだろうけど、あまり想像できない感じ。。
ひとりの女を挟んで、「女の彼氏」と「女の男友達」っていう、
なんかアメリカのホームドラマみたいな初期設定だったんだけどねぇ~
なんか「女」のほうとは縁が無くなったのに、
「彼氏」と「男友達」のほうだけが、普通に友人関係が続いちゃった。
まっ続きたりまったり…友人関係だけ地味に続いてる。
おいおい、これで良いのかいw
もうちょっと何か始めんのかい! BLだろ?
イラッとくるくらい、どうしようもなく地味…。
なのにね…このお話、3巻まで続いてるのよ。
地味で地味でどうしようもないのに、
どうしても後が気になって仕様が無い。
ある意味、究極の地味派手とでも言おうか☆
おお…そう言えば、固定電話とか、昔ながらの喫茶店とか、
背景も小物もエッセンスも、昭和レトロな地味さが良い味出してました。

0

じっくりゆっくりと育つ愛情

富士山ひょうたさんの作品で2番目に好きなシリーズです。矢島と音海の男夫婦物語の第二弾です。今回から、二人が付き合ういきさつと、一緒に暮らすことになる様子がじっくりと描かれています。

高校時代に、矢島の女友達(涼子)の彼氏として紹介された鳥海。鳥海が涼子と別れた後も、なぜか友情は続いていて、卒業しても一緒に上京したのです。

矢島は彼女ができても、なぜか優先するのは鳥海。
鳥海は今まで彼女もいたけど、恋い焦がれるという経験をしたことがありません。でも矢島に対しては、特別でありたい、誰かに先を越されるのはイヤだと思うようになるのです。悩んで迷う鳥海。友情から愛情に変わることで、変化する関係に怖がる鳥海の気持ちが伝わってきて切なくなります。

じれったさと切なさを堪能して、2巻に続きます。

1

スローペースな恋模様…そこがいい!

短編集『ディア•グリーン』の過去編です。
全巻3巻に渡り続いていきます。

第1巻目は、親友同士故の戸惑いや葛藤がじっくりと描かれていきます。
このじわじわな心の変化が、ひょうた先生お得意展開でいいんです!

大学を辞めて、バイトを掛持ちしながら喫茶店の勉強をしている縁。
同じく、バイトをしながらデザイン大学に通っている音海のお話。

今回の巻で見所と言えば、音海の変化です。
私は、緑の方が音海を好きになってアタックしたんだと思っていたんですけど…
この予想に反した展開は、驚きと共に、ニンマリと嬉しい展開でした。

大学の女友達から告白されたり、男から告白され、キスだけ試したりしてしまった中で、徐々に、緑への好きという気持ちを自覚していく音海。
それに対して、緑もどこかしら物思いに更けて、いつも以上に読めない行動をする音海の変化に気がつき始め…
友情と恋の微妙な狭間で揺れ動く、まだ不確かな感情の始まりっといった感じでした。

2人のキスとか甘いシーンは一つもなく、全くラブには進展していない2人ですけど、
友情としてなのか、違った意味での特別な存在なの続きか…曖昧な中でも、お互いに大切に思っている気持ちだけは間違いなくて!
読んでる方が妬ましくなるくらい、二人のじれったい距離感が心地良い作品でした。

無口で恋愛に関しては希薄なタイプの音海が、実は静かに熱いタイプだとわかって、そのシーン一つ一つが、せつなくて胸がキュンとします。
気がついたら緑のことばかり考えていて…緑の『特別』になりたいって思う気持ちと、行動が萌でした。

凄くいいところで終わっているので、続きが気になるかも(笑)

本当にスローペースで進んでいく展開ですけど、心理描写がとても丁寧に描かれているので、感情移入させながら、じれったい恋模様を堪能できます。

短編が1つ収録されています。
大学生同士のノンケ × ゲイのお話。
ちょっぴりせつないけど、幸せなお話になっているので楽しめました。

第2巻、音海の気持ちに、緑の反応は…気になる方は2人のスローな恋路を読んでみてくださいね。

0

このじれったさがたまらない

ディアグリーンのシリーズ第二弾で、時系列的には前作の前の二人が付き合うまでのお話です。

丁寧な感情描写や二人の距離感が納得の冨士山さんクオリティ。
友達から特別な人へ。
少しずつ自分の気持ちに気づいていく二人ですが、一冊終わったところでまだ自分の気持ちを自覚しているのは音海だけという。
このじれったさがたまらないのですよ。うふふ。

読み切りも楽しかったです。シスコンくんとの恋。
相手の幸せのために亮司と別れようとする淳生が切ないです。
しかしお姉ちゃんをふっきった亮二がおっとこまえでかっこよすぎる。

1

エロなし!でも面白ーい♪

学生時代からの友達だった縁と音海。最初はお互いがお互いの存在を特別だと思うようになってゆく。そしてあるとき音海が男(内山)から告白された事などをきっかけにして、ふたりの関係は少しずつ変わっていく。

初めに相手への想いを自覚したのは音海だったんですけど、今まで築いてきた友達としての関係を壊したくないと言う思いからなかなか行動には移せなくて…この関係を崩したくない。でも好きという事に気づいてしまった。二つの想いがせめぎあって、音海がかなり辛そうで切なかったなぁ。

最後の方で内山(結構いい奴です)とやけ酒を呑んでいて酔っ払った音海を内山が音海宅まで連れて帰るんですが、調度縁から電話がかかって来るんです。勿論音海酔っ払ってるんで内山が取るんですが、その時の縁の慌てっぷりといったらって感じでした。

音海の家までダッシュする縁。この時既に、ふたりの気持ちは重なってたんじゃないかなぁ。。。

といっても縁がその気持ちを自覚してくれるのはもうちょっと先のようですけど☆

0

スーパー焦れったい

なんだこのスーパースペシャルメガ焦れったいストーリーは。
最高に萌えるじゃないか。

『ディアグリーン』に登場した二人が、付き合うまでの過去話です。
未来を知ってるから付き合うのは確定してるんだけど、それにしても進展がのろいw
けど富士山ひょうたさんは、こういう話を描かせると天下一品ですね。
本人も自覚してないような気持ちの揺れが、絵や文字の行間から、伝わってくる。キュンとなる。

影の主役に内山くんを任命したい。
音海に利用されっぱなしの内山くんが一番可哀想だw

0

「ディア・グリーン」シリーズ第2弾

前作「ディア・グリーン」でまったりな男夫婦っぷりを披露した矢島と音海が、
友人から恋人に変化する過程を描いたお話しの第1巻です。

じれったい物語を描かせると定評のあるひょうたさん。
この作品もスローペースで進み、とにかくじれったいです!
せっかちな方には、おススメできません。

恋愛に対してテンションが低めの音海が、
矢島の「特別な存在」になりたいと思うようになり、恋心を自覚。
無自覚でありながらも、音海を誰よりも優先し、大切に思う矢島。
しかし二人の気持ちが重なるのは、まだまだ先になりそうな歯痒さ!
むず痒くて甘酸っぱい恋物語です。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ