発展途上LOVERS

発展途上LOVERS
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
9
評価数
3件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
一水社(光彩書房)
シリーズ
光彩コミックス(コミック・光彩書房)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784860932015

あらすじ

突然告白された相手に「弟みたいでダメ」と振ったら、「じゃあ、身長のびたらいいんだね?」…って、そんな理由ってアリかー!? それからというもの、少しのびただけで「ごほうび」をおねだりされて……。Dr.天の読みきり青春ラブコメディ!

表題作発展途上LOVERS

大樹:ちひろに一目惚れ。ミニマムな♂。
真山ちひろ:大樹の告白を一端断る。

その他の収録作品

  • 大木にセミ :表題作シリーズ
  • アンバランスLOVERS :表題作シリーズ
  • 恋の季節
  • 極東異聞
  • ネコニコ日記

評価・レビューする

レビュー投稿数3

可愛い

かわいい後輩がかっこいい先輩に告白するも「弟みたいでだめ」と振られてしまう。
だけどそれでは諦めない後輩君。なんと「じゃぁ、身長がのびたらいいんだね?」と言って定期的に「何ミリのびたよ」とか言いにきちゃうんです。
そしてごほうびをあげるはめに・・・。

私がこれを買ったのは年下攻めきた!表紙可愛い!と思ったからなんですが、先輩は後輩君にごほうびあげる必要ってあるのか・・・?とは思いましたね。可愛いからいいけど。えろいからいいけど。

女装受け、女装攻めがあるのが特にいいですね。
攻めの大樹君がもう完全に女の子でしたよ。そういう理由で女装とかおまえ可愛いな!と思いましたw
受けのちひろさんも、身長のわりにとても可愛かったです。色気ありました。

同時収録は年下攻めではないんですが、可愛いなーくらいの萌えでした。男女具有の作品だけ設定が意味分からなくて、どうゆうことって思いましたけど。

好みによって萌えるか、萌えないかが分かれる作品だと思います。私は表情とかが好きなので何度もページ見返しちゃいました。エロ部分はそれぞれにかならずあります。でも、ちょっと慣らしてすぐ続きいれちゃったり、受けこれイってないんじゃないかな、とかって思うような描写だったので、そういうのが好きじゃない人はおすすめできません。

0

キワモノ設定の雄、天先生。流石です。

身長差が頭一つあり、しかも相手が先輩、しかも体育会系。
この関係で「相手を押し倒したい」と考える発想自体を凄いと思うのですが、
そういう発想できっちり一本まとめてくるDr.天先生は流石
「変な検索かけたらいつもDr.天先生だよ・・・orz」
と思わせるトンデモ設定が得意なだけあって見事なまとめです。

あと大樹の気の強さ、前向きさが非常に強く、眼光の鋭いのとちひろがなんだかんだいって度量が広い一方、エッチしているときの顔が非常に美人でかつかわいい(普通に受けの表情と言っていい)、さらに結構簡単に泣くせいであんまりエッチの際に不自然さを感じないのです。
もちろん書くときのアングルや体位をうまい事選んでる、のもあるのですが。

あとやはりちっちゃい攻めの醍醐味である「女装攻」があるのがいいですね。これもまた可愛いのです。ホテルに突っ込むときの顔は堂々として怖いのですが、そういう腹黒さもまたちみっこ攻めの醍醐味という物w
このお話にはさらに「女装受け」まではいっており、まさに珍設定の宝石箱。通り一遍のBLに退屈さを感じたら手に取ってもらいたいものです。

というわけで続き本編自体は限りなく神!か辛く見ても萌え萌え、なのですが、同時収録の男女具有ものが、なんともというか
「絵の弱点(男でも胸がふくよかorz)を長所にみせかけて悪乗りしよったな!」
という感じがして好かなかったのでそこで評価を下げてしまいました。
最初、さっぱり設定わかんなかったんだもの。

こういう大三振と大ホームランがあるのがこの人なんだよなー・・・
ということで「神」と「しゅみじゃない」を2で足して割ったと思ってください。

0

純粋暴走

下級生が自分をかばってくれた上級生に
惚れるのは良くある話。
でも、そうなったからと言う事で上級生を
彼女にしたいと言う男らしい下級生は
そうそう居ない様な気がします。
只この二人の場合、大樹の男らしさが
際立つのはちひろの細やかな愛情あっての
事なのですね。
あまあまだけど甘やかさない関係って、
良い感じですね。

同時収録作はネコミミショタの初体験と
ネコミミ両性具有を廻る空想譚。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ