みらくる・ちゃいるど

みらくる・ちゃいるど
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥514(税抜)  ¥555(税込)
ISBN
9784592874263

あらすじ

新宮幸之助と影蔵の間に生まれた幸蔵。
まだチビのくせに、高校生の姿に変化するわ、妖気の剣を出して影蔵に斬りかかるわと、新宮家はいままで以上に大騒動の日々。
そんな日々に幸之助たちが慣れてきたころ、ひとりの臨時教師がやってきた。
名は六条聖志郎。
影蔵を捕らえて自分のモノにしようとする若い男限定の変態陰陽師だった。
ところが、幸蔵が影蔵に間違えられて…。
はたして幸蔵の運命はいかに。

表題作みらくる・ちゃいるど

六条聖志郎
幸蔵

評価・レビューする

レビュー投稿数1

あやかしシリーズ最終回

幸蔵は天狗界トップの影蔵を父親に高校生で影蔵を手にとる幸之助(母親)の間に生まれた半妖怪。
生まれて半年しかたっていないのに、凄く速く妖術を身につけるが、都合が悪くなるとは子供になる勝手さは、父親譲りの傲慢だ!

二人が学校に行ってる間に、二人のもとへやってきた。校内で好き放題したため、姿形が影蔵にそっくりのため、とばっちりを受けご機嫌ナナメの影蔵。

臨時教室が陰陽師の六条聖志郎と知り合う。
聖志郎は影蔵だと思っていたが、息子だというのに気付く。
聖志郎を誤解している、幸之助と影蔵。
しかし、付き合ううちに優しい人って感じる。
聖志郎に怪我させたとき、自分の大切な人ってことを知る。無理して大きな姿にかわらなくてイイ。
エッチのときだけ、大きくなり、結ばれる。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ