獣な王様?

kemono na ousama

獣な王様?
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
4
評価数
3件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
イースト・プレス
シリーズ
アズ・ノベルズ(小説・イーストプレス)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784872575538

あらすじ

獣医の思格をもつ里希のもとに、アフリカにある小国でレンジャーの仕事をやらないかという誘いが…。
雄大なサバンナで野生動物を保護する―長年の夢が叶い張り切る里希だったが…着任早々のある晩、パトロール中に正体不明の男に襲われる。
タテガミのような金色の髪と空色の瞳…肉食獣の如く里希の体を貪る男…。
もしや彼は伝説のライオンの化身…キングなのか!?ロマンティック・アドベンチャー、書き下ろし。

表題作獣な王様?

キング・アーネスト(20)
童顔レンジャー・綾野里希(25)

その他の収録作品

  • あとがき 真崎ひかる
  • あとがき  小山田あみ

評価・レビューする

レビュー投稿数2

・・・あ~。

面白かったんです!ええ、すごく面白かったんですよ。まあ『イロモノ』的面白さだというのは否定しませんが。

なんというか、ギリギリファンタジー・コメディに行かずに踏みとどまった感じでしたね。
いえ、私はファンタジーもコメディも好きなので、別に踏み越えたとしても気にしませんが。

それなのに!あの『無理矢理』さえなければ、と惜しくて堪りません。ものすごくダメなんです『無理矢理から始まるラブ』ってヤツが。
しかもサバンナのど真ん中でいきなりって、そういう意味ではまさにケダモノだよ。

ただ、他の『無理矢理から~』よりはまだマシでした(あくまでも比較の問題でしかないですが)。

キング(攻)の野性動物的キャラクターのせいでしょうが。それよりも作中のおとぎ話マジック!?でもそれを言うなら、里希(受)こそ『おとぎ話マジック』にかかってると思ったよ。雰囲気に呑まれてるだけで『恋愛』じゃないんじゃないのか?

確かにそのおかげで普段なら『無理矢理』の時点で気持ちが離れてしまうのになんとか読めましたけどね~。やっぱりイヤだな。

ギリギリファンタジーじゃないと言続きいましたが、実際、読みながら『ファンタジー展開』だとばかり思っていました。
私は先にも言いましたがファンタジーも人外ものも好きでよく読んでますし、そういう流れになっても違和感はなかったですね。

いっそのこと、ホントに『ファンタジー(変身もの)』で、アーネストの所業もケダモノの本能だからという方が、イロモノなんだからしょ~がないとまだ何とか自分を納得させられたかもしれない。←納得できるかどうかはわからんが、可能性としては。

しかし、このタイトルはどうなんだろう・・・直球で潔いとも言えるのかなぁ。あんまりセンスいいとは思えませんが。

イラストですが、私は小山田さんはもともとあまりご縁がなかったのもあり最近のイメージしかなくて、正直なところちょっと苦手だったんです(キライではないんです。お上手な方だとも思ってますし)。

でも、これはすごくよかった。表紙イラスト見たときも、小山田さんだとわかりませんでしたよ。絵柄が変わられたんでしょうか。

0

山が不足

動物に優しいだけじゃなくて、人にも親切な里希が一番大きくて偉い動物に好かれる話です。

キング・アーネスト(20)俺様攻め×童顔レンジャー・綾野里希(25)純心受け
長年の憧れだったサバンナで働く夢が叶って、気合でいっぱいの里希。
密猟の監視の為にパトロールをしていると、獣のような男に襲われて。
住人が言っていたライオンの化身のように綺麗で、夢だと思っていたら、密猟の監視中にまた出会って。

動物愛が強くて正義感のある里希の性格の良さは伝わってきたのですが、展開に唐突さを感じました。
里希の性格が気にいったからって、いきなり同意なしの青姦はいかがなものなのだろうか。
同意なしであっても、それでも萌えるって勢いも感じられずで、不完全燃焼な中途半端さがありました。
あまりに唐突過ぎて、萌える感じはなかったです。
動物の密猟事件も不発に終わり、あっけなく終了してしまった感じで、印象に残るシーンがなかったです。
気になる不可がない代わりに、萌える可もなくて、物足りなかったです。

エロ:★3 青姦、甘いH
総合:★2 盛り上がりの山がなかったです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ