彩度ゼロの奇跡

彩度ゼロの奇跡
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
23
評価数
5件
平均
4.6 / 5
神率
80%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
集英社
シリーズ
コバルト文庫(小説・集英社)
発売日
価格
¥457(税抜)  ¥494(税込)
ISBN
9784086005784

あらすじ

モノトーンな世界で、きみだけが色づく。
家庭教師の生徒・優美が、高校合格のごほうびにデートをねだってきた。白川とふたり、微笑ましく見守る西野。だが突然、西野が行方不明に!? いつもと逆の事態にとまどう白川だが…。純情放浪ボーイズラブ。

表題作彩度ゼロの奇跡

世話焼き大学生・西野
天然美人大学生・白川

評価・レビューする

レビュー投稿数2

とうとう...

3作目にして、やっと結ばれました。
シリーズ4冊まとめ買いしてイラストチェックだけは先にしてたので、
この3作目で結ばれることはわかっていたのですが、
それでもやっぱり感激ひとしおですww
最近のBLは最低1冊1エチが当たり前の風潮になってるので、
こんなにゆっくりゆっくり心情を重視して物語が進むのは新鮮で、
とうの昔に捨て去った乙女心を揺さぶられキュンキュンなります。
お互い手探り状態の初々しさがかわいくて、激しい描写があるものよりも
ずっとドキドキしながら読み進められました。

巻を追うごとに、西野は白川を守るため強くなろうと思う一方、
『かわいい』連発でデレデレなとこは大学生らしくてかわいい♪
白川の方はと言えば、場の空気を読み、気配りできるまでに成長していて
案外西野より精神年齢は上じゃないかなぁ~と思えます。
初エチの時に、根性すわって余裕があったのも白川の方です。
西野は守っているようでいて、守ってもらってるのかも??

今作の見所は、もちろんうれし恥ずかし初エチです。
天然なのかわざとなのか、白川にうまくかわされつつも
やっとチャンス続きが巡ってきます。
と言っても、西野が自分の誕生日プレゼントとしてセッティング
したわけですが...

この巻では西野の教え子に2人の関係をバラしたことで、
なぜか3人でデートすることになったり(案外白川は楽しんでる)、
いつもとは逆のパターンで音信普通の西野に焦る白川がいたり、
白川家に西野をお披露目したり、2人以外の人物が比較的多く絡んできて、
話の展開が速かったように思います。
でも、やっぱり初エチはすんなりいかなくて...

この期に及んで『白川を汚しそうで...』と躊躇する西野。
それに対する白川のセリフはヘタレな西野に比べてホントに男らしくて、
1作目の時のボーっとした面影もないぐらいww
ゆっくりと進んできた2人の恋も次巻でラストになります。
怪しいネタ振りを残して終わったラストに少々不安を感じながらも、
はやる気持ちは4巻へ...

1

不思議美人の変化に激萌えです

ずっと自分の思うままに行動してきた白川が、
初めて他者の気持ちを慮り、不安に震えます。
今までの白川からは考えられないくらい、
色々な感情を表面に出してきて驚かされました。
変わり者・白川をここまで変えたのが西野だと思うと、胸が熱くなります。

そして白川だけではなく、西野も一回り大きくなったような気がしました。
お互いの成長を促す二人の恋がキラキラで、目がつぶれそうです(笑)

綺麗で子供のような白川が、人並みに性欲を持っていたのにも萌えました。
あの涼しい顔の下で……と思うと、胸がドキドキです。
これもギャップ萌えなのでしょうか?
「俺は真っ白じゃないよ」と告げる白川は、誘い受けの素質もありそうで素敵。

不思議美人・白川の劇的な変化と、
とうとう訪れた二人の夜に萌えが大暴走です。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ