怠惰な情熱

怠惰な情熱
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
講談社
シリーズ
X文庫ホワイトハート(小説・講談社)
発売日
価格
¥580(税抜)  ¥626(税込)
ISBN
9784062557887

あらすじ

芸能界期待の若手俳優、鮎川和弥と兵頭瑛。
恵まれた家庭に育ち、天真爛漫で屈託のない瑛とは反対に、周囲に明らかにできない過去の秘密を持つ和弥。
そんな瑛に惹かれ、片思いを続けていた和弥のもとへ、過去にかかわりのある男が突然現れる。
カメラマンとしてしばらく海外で活動していた男が帰国した理由は、和弥を自分のものにするためだった。
男との関係を瑛に知られたくない和弥だが…。

表題作怠惰な情熱

諏訪貴一、カメラマン、33歳/兵頭瑛、人気俳優
鮎川和弥、若手俳優

評価・レビューする

レビュー投稿数1

五年の想いはノンケも堕とす

若手俳優同士の、ノンケとゲイのラブストーリーです。

…でも、ノンケの瑛は根っからの女好きでなかなか上手くいかずに、ゲイの和弥の片思い歴は5年にもなります。
そして、片思いに疲れた頃に、初恋の相手・諏訪が現れて「今でも好きだ」と迫られるのです。この諏訪も、実は母親の元恋人で初エッチは強姦だったという、あまり人には言えないような思い出だったんだけど…。
でも、再会した諏訪は、とても優しくてストレートに愛情を伝えてきて、和弥は瑛が好きなのに心が揺れて…。

という感じなんだけど、暁が急に恋心を自覚して結ばれる、デキ過ぎな結末にちょっと拍子抜けしました。ハッピーエンド好きとしては上手くいって良かったとは思うけど、もっと瑛の葛藤が見たかったです。あとは、当て馬くんの諏訪にも幸せになってほしいですね。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ