ひそやかに熱っぽく

hisoyaka ni netsuppoku

ひそやかに熱っぽく
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
7
評価数
3件
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
リンクスロマンス(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥855(税抜)  ¥923(税込)
ISBN
9784344805569

あらすじ

緊張に震えながらも、一途に自分を求めてくれた青年―。
人材派遣会社を経営する相野は、一晩を共にし、一年後に再び会うことを約束して別れた青年・幸のことが忘れられずにいた。
そんな中、相野は幸と偶然に再会するが、彼のよそよそしい態度に疑問を抱く。
相野を避け何かに怯えているような眼差しを見せる幸。
彼がライバル企業の秘書で、社長の愛人であると知った相野は…。

表題作ひそやかに熱っぽく

受様と一夜を忘れられない人材派遣会社社長・相野春臣
攻様のライバル企業社長の秘書兼愛人・羽住幸

その他の収録作品

  • ひめやかに激しく
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

敵のキャラクターが許容不能だった・・・

これは・・・作品としては決して悪くはないんですが、いろいろと不快なことが多かったんです。再読しようとは思いませんね。

私は『痛い作品』がとにかくダメなんですが、一般に『痛い』と言われていても、私にとっては『痛い作品ではない』というのも多いんですよ。多分、『痛い』の捉え方そのものがズレてるんだ思います。

いわゆる『痛い系』と言われる作家さんは初めから読まないので、今まで(自分の基準で)『痛い作品』のカテゴリに入る作品はほとんどないんです。でも、あえて選ぶならこの作品がいちばん近いかもしれない、というくらいなぜか苦手です(いや、『痛い』より『気持ち悪い』かもしれない・・・)。きわめて個人的に、精神的イタタ・・・な作品でした。
ただ、未読の方のために、一般的には『痛い作品』にはまず入りませんと言っておきます。トーンで言えば『甘い作品』なんでしょう。

とにかく、二岡が一番理解不能でした。悪役がいるのは構わないんです。それがとことん最悪なヤツでも、改心しようとも。ただ、この二岡は、その異常な執着具合よりも、執着の理由そのものがわからなかったので、意味不明な(『敵』として作続きっただけの)キャラクターにしか見えませんでした。だから気持ち悪かっただけで終わってしまった気がします。

あ~、でも念のために、柊平さんは私の好き作家さんのおひとりです。ただ、それでも苦手な作品もあるということなんです。

0

大人な攻め×強い子受け

父親の復讐を果たすため、憎い男の愛人になることを決意した受け。
せめて最初の相手は自分で決めたい、と選んだのが攻め。お互い強く惹かれあい一年後に再会の約束をする。

受けが家族思いのしっかり者。屈辱に耐え一途に目的に向かう強さがとても良かった~。攻めと再会した時も、健気にも攻めへの思いを隠し弁解もせず、復讐へ専念します。その結果強姦されてしまったり・・
攻めは受けに強く執着しつつも、俺が助けてやる!とばかりにかっさらったりするのではなく、見守りながら力を貸す、みたいなスタンスで大人の包容力を感じさせます。

悪役がなかなか手強くて怖い相手です。フフ・・今回はこれで引き下がるが次はどうかな?的な終わり方。
家族人質にされるとキツイよなぁ・・

「ひめやかに激しく」

それから3ヶ月後位のお話。やっぱり悪役はまだ諦めていなかった!
ここでも攻めの包容力が光ってます。いいですね大人な彼氏。

そしてHが甘々。
この作者さん、甘々Hの描写がすごく上手で赤面してしまうw

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ