純情ロマンチカ 5

junjou romantica

纯情罗曼史

純情ロマンチカ 5
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神16
  • 萌×22
  • 萌9
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
10
得点
116
評価数
28件
平均
4.2 / 5
神率
57.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
角川書店
シリーズ
あすかコミックスCL-DX(コミック・角川書店)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784048538480

あらすじ

超有名小説家(兼ボーイズラブ小説家)の宇佐見秋彦と、ようやく恋人らしくなった(?)大学生の高橋美咲。丸川書店の取締役・井坂龍一郎にそそのかされ、なぜか宇佐見が受賞した菊川賞のパーティーに行くことになった美咲だけど、その途中で問題の宇佐見の兄・春彦と偶然出会って…大波乱!? 俺様男前×苦労性大学生の急展開なドッキドキ☆ラブレッスン第5巻。
同時収録は、宮城教授×高校生・忍の運命的恋愛『純情テロリスト』&野分×上條のお馴染み『純情エゴイスト』&特別描き下ろし!

表題作純情ロマンチカ 5

宇佐美秋彦 小説家大先生
高橋美咲 大学生

同時収録作品純情テロリスト

宮城庸 姉の元夫・大学教授(35歳)
高槻忍 元妻の弟 ・高3

同時収録作品純情エゴイスト

草間野分 研修医
上條弘樹 助教授

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数10

今更なんですけどねw

小説家:宇佐美秋彦×大学生:高橋美咲です。
ウサギさんが菊川賞の授賞式に出るか出ないかという話から始まります。
かなり渋っていたウサギさんですが、結局出ることに・・・。
でも条件が美咲も参加するということで・・・

で、授賞式の前日から泊まるということで美咲は電車でホテルに
向かっているところにウサギ兄と出会います。
ウサギさんのことを馬鹿にするもんだから、思わず喚き散らします。

ウサギさんに詫びますが、ウサギさんは言い返してくれたことを
喜びます。そして濡れ場に突入。
是非とも美咲が形勢逆転させてウサギさんを襲っていただきたいですねw

【純情テロリスト】
大学教授:宮城庸×高校生:高槻忍です。
いや~純情シリーズで一番好きなシリーズです。
でも、この時は忍は好きではありませんでした。
なんだ?このワガママな奴は?って思っていました。

ていうか、上司の息子で元嫁の弟とかハイリスクすぎるだろw
って思います。

【純情エゴイスト】
研修医:草間野分×大学助教授:上條弘樹です。
今回はエゴイストは描きおろしで、短めだったんですけど、
続き野分とヒロさんが一緒にお風呂に入るというラブラブっぷりを発揮しておりました!
ヒロさん可愛かったw

0

純情テロリスト始まる。

この巻は『純情テトリスト』(宮城教授&元嫁の弟・忍)が3分の2を占めています。
『純情ロマンチカ』(宇佐見&美咲)が3分の1、『純情エゴイスト』(野分&上條)がちょっぴりという配分です。

『純情ロマンチカ』は宇佐見の兄、春彦の登場が展開的に見所です。
そしてなぜか春彦に気に入られる美咲(笑)バラの花束を贈られます。
嵐の予感にワクワクする展開でした。

『純情テロリスト』始まりの巻。
教授の宮城と、宮城の元妻の弟・忍の年の差ラブです。
お話自体は別に悪くないと思うんですけど、自分の萌えどころから遠かったためこの回はあんまり萌えなかったです。
高校生ものも好きなので、受けが高校生だから駄目とか、そういうことはないです。
宮城の過去話は良かったです。
忍ちゃんはその過去を超えられる人としてはちょっと理由付けが薄い気がするのでした。

0

晴彦登場。

宇佐美の菊川賞受賞記念パーティー前日。
今、まさに宇佐美が美咲を喰おうとしている所に、
いきなり乗り込んできた『落としの井坂』(笑)
井坂に丸めこまれて帝都ホテルに宿泊する事になった宇佐美と美咲ですが、
美咲が偶然ホテルへ向かう途中で出会った晴彦は、偶然にも宇佐美の兄でした。

このお話は、ロマンチカの中の私のお気に入りの一つです。
宇佐美を罵倒する秋彦に、怒り心頭する美咲がすごくいい!
そしてその美咲を愛しむ宇佐美の、プレゼント攻めに笑いました(笑)
一方、宇佐美と美咲が同居していると聞き、驚く秋彦。
そしてその秋彦から、何故か美咲に・・・
嵐の予感です(笑)


そしていよいよ『テロリスト』登場。
宮城は、エゴイストに出ていた時から好きです!オヤジ、面白い(笑)
しかし、この時点での忍は、私的にはイマイチ・・・
いきなり現れて「好きだから責任をとって欲しい」って、意味不明。
「何を考えているのかサッパリ分からない」という宮城の反応は、当然だと思います。
だいたい、恋愛の好き嫌いなんて、責任をとるものなの・・・???
最終的には、忍の一生懸命に続き宮城が絆されて、
両想いっぽい感じになるので、まあ良かったのかな・・・って思いますが。

それでも、歳の差年上攻めは私の大好物なので、
オッサンな宮城の攻めに対する、忍の純情な反応には萌えました!
そして、宮城にいじられて慌てる上條に爆笑(笑)

今回、宮城と忍のエッチは未遂に終わってるので、今後が楽しみです。

1

全員年の差カップル!

きましたーーーーーー(*゚∀゚*)!!!!!!!

今回から純情ロマンチカ始まって以来の最も年の差カップル!

『純情テロリスト』

ロマンチカ・エゴイスト・テロリストこの三部作(夏目●石みたいに言うなwww)
の中で最も人気が高いであろう『エゴイスト』を押しのけて、私が一番萌えた!CP!
『純情テロリスト』☆
ひゃーーーー><♥
忍たんがこれまた可愛いいい~♥♥(笑)
年の離れたおっさんに恋をして、ド直球・ドストレートに猛アタックする忍たんw
「え・・・エッチなんてしなれてるし!」とかいいながら
宮城を煽って組み敷かれるも、当然、処女!!! (爆)

普段は口も悪いしワガママな忍たん、しかしいっかい宮城の手の落ちると
そらもうへなへな~と可愛い女の子のように!
そらもう身悶えするほどに!!!(落ち着け。)
一気に可愛くなってしまう忍たんに、もうキュンキュンです!!

宮城に劣るとも勝る変態ですどうもありがとうございまーす!

あ、今作はロマンチカ・エゴイスト・テロリスト
全て入っているので、お得感MAXですよん♪

1

テロリスト編

この五巻で中村先生のセンスと、才能に、勝手に
それも、ファンの中では出遅れて確信をしたわけであります。(笑)

そして、「宇佐美さんの兄」個人的にかなりツボ。
何かしらのツボには入るんじゃないかなw本当好きな脇キャラ。

テロリスト編やってきました。もう、すごい。
四巻のレビューで、美咲と野分が年上の恋人相手に「さん」づけで
呼ぶのが良い。みたいなことを書いたのですが、
ここは、またガラリと変る。この絶妙な
バランスが、飽きない。

1

落としの井坂(笑)

ロマンチカ第5巻。なんかこの巻で一気に井坂さん好きになった。「落としの井坂」って(笑)でも確かに秋彦を丸め込むの上手かった…。美咲のことを出したらそりゃ秋彦はしぶしぶでも了承するだろう。

秋彦の受賞祝いにお花用意する美咲が健気です。喜んでくれるよきっと。うんうん。そして秋彦の兄・春彦登場。仲が悪いことは十分分かりました(笑)そして美咲に怒鳴られる春彦。呆けた顔がおかしかった。井坂さんも面白がってるのがいい(o・v・o)

ホテルでHもよかったですね~☆「触ればすぐに硬くなる」って揶揄されてる美咲が可愛かった~☆そんな美咲にプレゼントしたくなる気持ちもわかります宇佐見先生!(´Д`)
そして春彦からは花が届いてこれからどうなるんだろう的な展開が楽しみ~☆


今回からテロリスト組が入ってきましたね~。宮城×忍。私は宮城が好きだからまぁまぁこのカップルも好み。忍の押しの強さが少々苦手で、いざというとき引いちゃう所がもどかしいけど。

好きだ好きだと言われて困った宮城が上條に相談してるのがウケました(笑)友人の話として相談してんのに、上條は自分と境遇が一所すぎるから逆ギ続きレしてパニクってるのがおかしかった。

っていうか宮城…そうか…宮城にもそんな過去が…(T_T)くっ…(T_T)死んじゃった人には敵わないんじゃないのかよ…ずるいよ…。
忍はまだその事実は知らないけど、それでも宮城が好きなんだろうな。一所懸命宮城に奉仕する忍が健気に見えて切なかった…。

宮城は先生が亡くなって泣くことしかできなかったけど、忍はフラれても拒まれても何度でも立ち向かってくる。そんな忍に、好きかどうかはまだ分からないけどとりあえず応えてみたいと思うと言った宮城。
今後の二人に注目です。

0

テロリストがハートを直撃しました

『ロマンチカ』
ウサギ先生のお兄さん、春彦さん登場。
案の定イヤなやつでしたw
でも今後の春彦さんの活躍が楽しみです。

『テロリスト』
ちょーー!
このニューカップル、めちゃくちゃツボに入っちゃったんですけど。
慣れてないのに慣れてるふりして(しかも相手にはバレバレ)フェラしちゃった受けくんが可愛い。
経験豊富な攻めの視点からのお話って好きだなァとつくづく思いました。
続きが気になる度ナンバーワン。

『エゴイスト』
いちゃいちゃしてますなw
上條先生は可愛いなァ。

2

歳の差カップルたちへ…

純情シリーズ5巻目です。
いよいよ3組目のカップルが登場します。
テロリスト組、ちょっと異色です。
社会的地位ある大学教授と男子高校生…
という勇気ある組み合わせ!
しかも、とてつもなくタブーが多い。
(上司の子息で、高校生で、別れた妻の弟で、
 受験生で、同性で、17歳の年齢差で、
 片や教育者…。)
胃が痛くなるようなタブーの数々を、
ものともせずに特攻する忍君と、
とまどいつつ進む宮城先生。
年上には年上なりに、年下には年下なりの、
躊躇もあれば純情もあるもの。
ここまでの年齢差恋愛というのは、
正直なところ、世間にお手本が極端に少ないもの。
リアルで年齢差結婚をしている私としては…
(偶然ですが、夫は20歳上の大学教授。)
他人事じゃなく、乗り越えてほしい!
歳の差恋愛している姐様方、
必読の価値ありますぞ!

1

テロリスト登場

始まりは、4巻で少し話に出た、うさぎさんの菊川賞受賞記念パーティに関することから。
そして、うさぎさんのお兄さんである春彦とのお話です。
うさぎさんのお兄さんが登場するも、うさぎさんの生い立ちやお家に関する謎はひも解かれることなく、まだ謎のままです。
この話の中で印象的だったのは、美咲がムキになるところ。
どんな経緯で美咲がムキになったのかはコミックを読めばわかりますが、今までこれほどムキになって、うさぎさんを守ろうとすることがあったのか?と思いました。
美咲も徐々に(というかかなり)うさぎさんに対する愛情が強くなってきていますね。
それを見て僕は、美咲の健気さを感じざるを得ませんでした。

この純情ロマンチカ5巻から新たな物語がまた始まります。
純情テロリストです。
大学教授である宮城庸と高校生の高槻忍のお話です。
話の内容は、真面目でありちょっと泣ける場面もあり、面白いです。
宮城は純情エゴイストの中では弘樹の上に立つ人物であり、また少し悪な感じのヒール役でしたが、この純情テロリストの中ではそのイメージが一変しています。
宮城の実像が分かるので、必見です。続き
また、直接話には絡んでこないのですが、弘樹がちょっと面白い三枚目の役柄でちょこちょこ登場するのが面白いですね。
うまいこと弘樹の登場を絡めることで、真面目だったり笑えたりと、話に抑揚ができていると思います。

この純情ロマンチカ5巻の最後に純情エゴイストが少しだけ入ってます。
こちらもなかなか興味深いです。

2

ワシャワシャしたい

ウサギさんを襲ってやる!!!

↑美咲・・・おまっ・・・'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ
期待しないでマッテマスww
見てみたい、美咲に押し倒されるウサギさん。


テロリスト

「やってきたのはテロリスト」
↑この入り方がスキ。
コトバの使い方上手いな~とシミジミ思います。

そんで、ココのカップルは受が一生懸命ですごくスキ。
ロマンチカでは、イケイケの攻に、ムキャーな受なんですが、
まったくテンション違ってて良いです。
でもまぁ、上手い具合にすれ違ってるんだけど(苦笑

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ