週末だけの恋人

週末だけの恋人
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
2件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
雄飛
シリーズ
アイノベルズ(小説・雄飛)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784902543223

あらすじ

一夜の快楽の相手を探すため訪れたいつものバーで、見覚えのある男・篤志に声をかけられた千彰。どこで出逢ったのか思い出せないまま、篤志が与えてくれる淫らな快楽に溺れ、週末に身体を重ねるだけの関係を続けてしまう…。

表題作週末だけの恋人

森篤志 千彰を知る謎の青年
榊原千彰(27)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

濡れ場が多い

タイトルどおり週末のアバンチュールです。
どちらかというとしっとり系。
互いに本当の素性を明かさずに、その時を楽しむ二人がちょっとスリル。
それだけに回数でいえばエロ度も殿堂に入るかも。

最初の男に裏切られた苦い経験から、恋愛はしない、決まった相手は作らない、ハメを外すための相手をバーで漁るという生き方をしてきた千彰。
そんな主人公にバーで声をかけてきた青年は、自分を知るらしい。
以前寝た相手と見誤り、ホテルへ誘ってしまいます。

それがもとで青年に好かれてしまい、それとなしにバーで落ち合うようになった二人。
青年・篤志は非常によく出来た男で、ハチ公のように待てが出来る忠実なワンコw
情がうつるほど篤志を気に入っているのにいつもトラウマから離れられない主人公が切ない。
けれど篤志はめげず根気よく主人公を口説きます。

キーパーソンは篤志です。
幾度となく会ううちに篤志との出会いよりも彼自身に気が移ってしまった千彰。
そうです。身体を幾度重ねても篤志は謎の男のままなんです!

正体は最後の方までわからないのでいろいろ想像しながら楽しめます。
また予続き想外の展開もあったりするので、二人がちゃんと恋人になれるのか最後まで気が抜けません。

小塚さんの話は構成がしっかりしてるみたいで安心して読めるのがイイです。





2
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ