やればできるさ

yareba dekirusa

やればできるさ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
9
評価数
4件
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784403661136

表題作やればできるさ

阿部テツ(塾講師)
宮原直 高校3年生

同時収録作品僕らのカンケイ

巧作 大学生
健ちゃん 

その他の収録作品

  • やればできるさ 1
  • やればできるさ 2
  • やればできるさ 3
  • やればできるさ 4
  • 番外編 合格したら

評価・レビューする

レビュー投稿数3

塾の講師×受験生

塾講師と生徒が二人三脚で大学合格を目指すというストーリー。
受験生の直は成績は悪そうでないのに数学だけが大の苦手。数学講師の阿部にマンツーマンで指導を受けますが、最初は直の態度が酷くムードは険悪です。

阿部は一見するとチャラい先生に見えるのに、面倒見はいいし、いい男だなーと素直に思いました。
でもほぼ最初から直の事を可愛いと思って恋愛対象になってるのは唐突気味な気も。一話にしていきなり教え子に対してキスというのも展開が早くて、驚きました。

一方の直の方は年齢よりは少し子供ぽいかなと思うんですが、歳の差カップルだとこのくらい子供ぽいのがいいのかもとも思います。
途中、直が受験ノイローゼになったりとイロイロあるんですが、阿部が自分の言動で彼を同様させないようにと下手に出ているところがよくてきゅんとしました。
受験が終わったら俺を彼氏にしてください、とか、好きなんだ、ごめん、など、歳下で学生の直に対して彼を立てるような言い方をするのがとてもよかった。
この下手に出て優しくしてくれるところに歳の差の余裕を感じます。でもそこまで大人になりきれてもなくて、がっつきたいのを必死続きに我慢しているところも可愛いです。

楢崎さんの作品はリアリティさは低いんですが、何気ない台詞やキャラのやり取りが本当に可愛くて大好きです。

1

受験生相手なんだけどな…

2004~2005年初旬にかけて掲載された作品なので、今の絵柄と比べると少し古い感じがします。

表題作の攻め様は中学・高校生対象の塾で人気のある講師、受け様はなぜか攻め様には愛想のない大学受験生。
攻め様は受け様の担当講師ではないのですが、受け様が他の先生には素直で可愛い表情をするのが気になり始めて…という流れです。
そのうち受け様が理系志望なのに数学が苦手ということで担当講師になって~というお話。
このお話で一番気になったのは、先にむつこ様が仰っていることと全く被ってしまうのですが、塾講師なのに受験生に手を出しちゃうところです。
これってかなりタブーだと思うんですけど…(って、男同士ということさえタブーですが^^;)
1話目で、思わず攻め様が受け様にキスしちゃうんですが、ちょっとびっくりしちゃいました(もしかしたら読者も驚かしてやろうという作者様の意図だったのかもしれませんが…)。
その後に受験合格するまで攻め様が受け様に手を出さない約束をするのですが、それって却ってストレス与えるような気がして、受け様が中途半端に手を出されて可哀想に…と思ってしまいました。
ただ続き、攻め様のモテるのに受け様に一筋な所や、受け様の初心で頑張り屋さんな性格は好きでした。

同時収録作品は同級生の幼馴染モノ。

0

うーん

塾の先生×生徒 です。
攻めの先生のほうの視点で、生徒を好きになって思わずキスをしてしまって…という話の流れです。
可愛いお話だとは思うんですが、先生が簡単に生徒に手を出したことに最後までモニョモニョしました。
相手は男なんだし、もうちょい探りを入れるとか、気持ちを確かめてからとか、キスする前になんらかのクッションが欲しかったなァと思いました。こういうの、先生が生徒に安易にやるのはなんだかなァ…
だから、そのあといくらストイックさを見せても萌えないんですよね。両思いになってからのキスはダメで、片想い中に思わずキスするのはアリって、あべこべすぎる。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ