逃げるのは、追われたいからだろ

別れごっこ

wakaregokko

別れごっこ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
11
評価数
5件
平均
2.6 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
プランタン出版
シリーズ
プラチナ文庫(小説・プランタン出版)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784829622858

あらすじ

高校時代に出会い、Hして、切なく別れた冬馬は背が高くていい男。おまけに家は金持ちだった。大人になって再会し、彼を忘れられなかった明生は、押し切られるようにしてヨリを戻す。離れていた時間を取り戻すべく、甘く淫らな同棲生活を……と思いきや、冬馬の思いこみの強さと金銭感覚の違いにキレた明生。「裸にして、ベッドに放り投げて…それしか仲直りの方法を知らないのか」またもや別れを宣言した!? 意地っぱりな男の、ちょっと切なく可笑しい痴話喧嘩ハート

表題作別れごっこ

冬馬 金持ちでイケメンのいい男
明生 凡人

評価・レビューする

レビュー投稿数3

ポジティブシンキングすぎる!

はい。ひっそりこっそり「挿絵で楽しむ山田ユギ」フェア開催中ですw
このフェアのいいところは
普段読まない作家さんの小説にも出会えることでしょうか。
剛しいらさんも、名前だけは拝聴してましたが、読むのはこれが初めてでした。

まったくあらすじも読まずに読み始めたので
最初、いきなり隣に引っ越して来た冬馬の強引さに
「なんだこいつ?」と、この先を読み進めるのに不安を感じたんですが
このあと、冬馬がなぜ隣に引っ越してくることになったかが
時間を遡って描かれていて一安心w

のはずが、いつの時代も傍若無人でしたね、冬馬はw
11年前の出会い、10年前の別れ、5年前の再会、半年前の別れと
冬馬の傍若無人っぷりと明生への執着
そして、なんでも自分の都合のいい方へと解釈するポジティブシンキング具合に
最後までイラッとさせられっぱなしでした。

だから、なんでこんなヤツのことを
明生は10年以上も想ってるんだ?って思ったりもしましたが
結局は、自分にないものをたくさん持っている冬馬に
明生はずっと憧れていた部分があったのかな?と。

個人的には、40すぎで独続き身の支社長が妙に可愛かったw
(あれ?やっぱり本格的にオヤジ萌え開花か?w)

1

菊乃

>ミドリさ~ん!
コメントありがとうございます^^
そういえばミドリさん、一人ユギ祭り開催してましたよねw
確かに、好みじゃない作家さんやシナリオに当たっちゃうこともありますが
ユギさんのイラストに救われて読み通せた作品もありました^^;
(これの1つ前にレビューした「君が誰の隣りにいても」なんかそうでした)
私もまだまだ読めてない作品が多いんですが
やっぱり英田サキさんとのコラボはいいですよ~。
「夜が蘇る」は良かったです。続編も出てるらしいのでそのうち読めればと思ってます。
あとは崎谷はるひさんの「純真にもほどがある!」は
崎谷さんとユギさんのいいとこどりって感じで面白かったですよ~。
愁堂れなさんの「俺の胸で泣け」も良かったですw
私の初挑戦の作家さんで結構面白かったのが
月夜野亮さんの「オレ以外立入禁止っ!」が
途中のどひゃー!な展開とか、ユギさんの絵と合ってたかも。

。。。って、キリないですね^^;
ミドリさんもお薦めあったら教えてくださいね!

ミドリ

菊乃さーんおはようございます!
私も山田ユギ作品はとりあえず全部読んじゃったんで(レビューはまだだけど)
最近は山田ユギ挿絵作品を読んでますvv
でも小説ってどれが面白いのかわからないから、とりあえず有名作家さんから読んでいってるんですけど…
ユギさんの挿絵がよくっても小説がダメじゃぁ作品としてはダメですもんね。
面白い作品あったら教えてくださいねー

sexテクの上達で別れていた歳月の長さを思い知る

タイトルどうり別れてはよりを戻す二人のお話で

別れた現在からスタートして
付き合うようになった11年前
そして、最初の別れの10年前
再会した、5年前
そして、また別れる半年前
そして、現在・・・

現在→11年前→10年前→5年前→半年前→現在

この流れで物語はすすみます。
この人ら2回別れてるんですよw

最初の別れから5年のブランクがあって
受けは、攻めに5年の間5人の男がいたこととか聞いても
たいしてショックも受けずに再会してふたたび抱かれるのですが
5年という歳月の長さ、攻めの成長をsexの違いでまざまざと思い知るんですよ!

自分の知らない攻めのsexテクに、驚き、嫉妬し、そして溺れていくv

イケメンボンボン攻め、受けは所帯じみたかわいこちゃん。
ふたりは同級生同士。
くっついたり離れたりしながら仲良く痴話喧嘩LOVEです。

1

こういう話、好き

幼馴染みモノで再会モノです。
高校時代に付き合い、別れ、五年後に再会して付き合い、また別れ、また付き合い…みたいな話です。
大きなドラマのない小説だから、趣味は分かれると思う。私にはツボでした。ただ痴話喧嘩を繰り返してるだけなんだけどねー。

セックスシーンも好きだった。
私は意外とセックス描写の趣味が狭くて、合う小説が少ないんだけど、この本のは好きだったなァ。なにが良いのかきっちり分析はできてないんだけど、いきなりアンアン喘いだり、未経験な受が不自然すぎる煽りセリフを吐いたりしないとこが好き。攻のあからさまな羞恥プレイトークも好きじゃないので、ほんと好みが狭いです。
趣味の狭さで損してる気がする今日このごろです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ