デミアン症候群 4

demian syndrome

デミアン症候群 4
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
20
評価数
4件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
媒体
コミック
出版社
徳間書店
シリーズ
Charaコミックス(キャラコミックス・徳間書店)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784199602870

あらすじ

「オレ、おまえが好きだ」。深夜の校庭で城(じょう)はようやく自覚した想いを東(あずま)に告げる。ところが、東は「寂しいだけなんだろ」と、無表情に城を抱きしめてきた。そっけない口調とは裏腹な遊びではない本気のキス――。東の本心が
見えないまま、城は東に抱かれてしまうが…!?
大人気学園グラフィティー、新展開の第4巻!!
(出版社より)

表題作デミアン症候群 4

冬休み中 東崇
冬休み中 高山城一郎

評価・レビューする

レビュー投稿数2

望むものがわかっているのに敢えてそれを与えず。

城一郎のぶつけた言葉に思わず動いてしまったかのように見えた崇。
もう一歩踏み込んだところで待ち受けていたのは城一郎の望んでいた結果ではなくて。
崇も城一郎が望むものがわかっているのに敢えてそれを与えず。
酷いやり方で関係を崩していく。
相手を傷付けることで自分までもが傷付く、そんな関係。
崇はなんとか自制を守ろうと城一郎との関係を壊していくけれども。
そこで崩れなかった、というか佑先輩とかと話すことで持ち直した城一郎はある意味タフなのかなぁと思ってみたり。
どんなに崇が拒んだところでなんとか切り拓こうとする負けない強さがある。
それは引き返せない、引き返すところのない本当は脆く崩れてしまうはずのものかもしれないけれど。
それでも、あれだけのことがあって立ち向かえるのはやっぱりすごい。

沖さんの作品なので、まずBLというほど「ラブ」になるのかという点から含めてこのシリーズは青春グラフティーというか友情の延長みたいな感じになるのかなぁと思っていたのですが。
今回は「ラブ」要素というよりは「破壊衝動」のような行為ではあったけれども、えちシーンがあったのがなんだか新鮮続きでした。
ふと思い返してみれば沖さんのオリジナルって今までえちシーンてなかった気がするので(邪道は川原さん原作だしね)
この先、この2人がラブになっていくのかどうかはまだまだわからないけれども貴重なシーンでした。
少しも「相思相愛」って感じの行為ではなかったので色っぽさとかBLを読んでるって感じではなかったけれども。
キスシーンはラブっぽかったし、のしかかった崇が城一郎を見下ろすシーンは好きですv

0

すみません、H度は今までで一番多いです。

隣のH度の評価、すこし間違えてます、本当ごめんなさい。
H度は今までで一番多いんですが、他の作品からしたら少なめかな?と思い
少なめにしてました。が、どうですか?
H度高めでしょうか??


しかし、4巻。胸が締め付けられるようでした。
一線越したのにこの切なさと痛さ、もうどうしろっていうんだ・・・
城がーー!!!城がーーーーーー!!!!!東が好きだとーーー!!
うううう(涙
東を信じて裏切られ、自信喪失して、祐先輩に泣かされて・・・
真相を確かめに東に会いに行ったら東は事故にあっていて、また・・・

城にとって命の危機とかは過去のトラウマの引き金になっているので心配です。
しかし、4巻は最初と途中と最後で短期間で起きたと思えないほどの展開。
告白→やや強姦→事故→ドア蹴破る

東の過去のトラウマもだんだん出てきてますね~!
東は城への恋心に固く鍵をかけているので、それも気になります。
東が城を昔のように甘えさせるのを早くみたいー、読みたいー。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ