新着レビュー(最新3ヶ月)

媒体
KrovopizzaPREMIUM レビューアー 17/01/16/ 20:19

※このレビューはネタバレ有です

「青春花心中」完結!

河井英槻さん「青春花心中」が遂に最終回。
ちょっと急ぎ足に感じるところは多々あったものの、落ち着くところに落ち着き、イチャラブシーンも丁寧に描かれていて、満足な最終回でした。

■河井英槻「青春花心中」19ページ
前回で山崎先輩と両想いになり、吉村さんと正式にお別れした竹中。
その後はトライアウトを受けるため山崎先輩には会わず、1ヶ月間トレーニングの日々。
そして1ヶ月後、山崎先輩の家…

  • 1
いるいるエキスパートレビューアー2016 17/01/16/ 16:53

※このレビューはネタバレ有です

失うことは、はじまるということ。

単行本「フロム・グリーンキッチン」の元となる作品が読みたくて購入。
↑こちらでほんの少しだけ足りなかったピースの欠片を読み、ぶわわ〜っと萌えが広がる心地いい快感(﹡´◡`﹡ )「フロム・グリーンキッチン」だけでも1つのお話として成立してたけど、こちらに収録されているのも大切な要素の1つで、合わせて読むと萌え増しでした。

また、表題作の廃校を舞台としたオムニバスストーリーがすっごく良かったで…

  • 1
ポッチエキスパートレビューアー2016 17/01/16/ 16:16

※このレビューはネタバレ有です

受けさんが不憫すぎ

華藤さんって、健気・不憫受けさんのイメージですが、この作品もそのイメージを損なう事のない不憫受けさんでした。内容はすでに書いてくださっているので感想を。




西陣織の織元の一人息子で、跡取りの未紘(受け)。人間国宝候補にも挙がったことのある西陣織の名匠を祖父に持ち何不自由ない生活をしていたボンボン。
のように見えて、実は両親から愛されることもなく、子ども時代に性的ないたずらをされた…

  • 3
KrovopizzaPREMIUM レビューアー 17/01/16/ 12:58

※このレビューはネタバレ有です

衆道の魅力たっぷりのお江戸BL

井原西鶴『男色大鑑』をコミカライズした二篇と、オリジナル四篇を収録。
確かな画力で読み応えある時代劇BL集に仕上がっています。

■「色に見篭は山吹の盛」(井原西鶴『男色大鑑』より)
元松山藩士の義左衛門(攻め)は、松江藩小姓の主馬(受け)に一目惚れし…

身分違いの恋が描かれた切ないお話。
想い合っていても、立場の違う二人が結ばれるには多大な労力と時間が必要で、当時の恋愛の大変さが…

  • 0
潤潤★ 17/01/16/ 07:18

※このレビューはネタバレ有です

子煩悩パパ皇帝にギャップ萌え…!

色々と気になったままの多い結末なのでもやもやっとしてる部分もありますが、もふもふとちびっこ(仔雪豹)と溺愛は充分に堪能できるので、癒されるファンタジーだったな…と感じる読後感です。

ざっくりとしたあらすじ説明にはなりますが。
受けさんのユーリは、流行病により両親を亡くした天涯孤独な身の上に、その日凌ぎの働き口で雑用ばかり1日も休まずに働いていた真面目で素直で健気な17歳。
そんな彼がたま…

  • 0
潤潤★ 17/01/16/ 01:32

※このレビューはネタバレ有です

他の作品も読んでみたくなった凄い作家さん

絶対にシリーズ化してほしい!と願う、とても面白いSFファンタジー。
初読み作家さんなのでまだよく分かりませんが、登場人物の変わった名前に着いていくのが必死だった読み始めだったのですが、物語中盤にはそんなことも忘れ話の展開に一気に惹き付けられ、気が付けば1日で読み終わってしまうほどハマっていました。

受けさんの馨玉は、生まれ持った変わった体質と、母親が事故で亡くなった時の自分だけ生き残った負…

  • 2
ちくすけ 17/01/16/ 00:58

※このレビューはネタバレ有です

最高すぎる

ほんっと可愛い!どのカップルも可愛すぎる!!どのカップルも前回より可愛くなってたし最高からさらに良くなってたし声優さんたちの演技も前回よりより良いものになっていたのではないかと思います。
とりあえず六甲×央田先生について言いたいことは、絶倫か???やりすぎです笑
アニメイト限定盤のフリートークも面白いのでぜひ。あとついでに言うとここで八代拓くんの「年越しセックス」が聞けます笑

五月女兄弟…

  • 1
もう、貴女から離れません

月夜絵や、夢みさしゃんせが出た頃、私は笠井あゆみ先生に恋をして、2つをバイブルのように毎晩紐解いてはこのように美しく生きて行きたいと、叶わぬ願いと恋心にため息をついておりました。

そんな頃、先生がギャグ漫画を描かれていると知り、それを実際に目にして、私はショックでもはやこの2冊の画集で夢を見ることが出来なくなりました。

それから〇〇年、この漫画を読んで、私の頭の中は順調にこの漫画世界の…

  • 1
表紙の出来ばえが素晴らしい

笠井あゆみ先生の近年のBL表紙群の中で、この表紙は一番のお気に入り。特に2人の表情が良い。この一枚で、物語世界と2人の心情をあらわした素晴らしい出来ばえの表紙だと思う。

中身は、「犬攻め」ってどういう意味なんだろ・・・て思って読んでたが、読み進めて納得。吹き出した。
自分的にはこの攻めはかなりのお気に入りの部類に入る。が、同時に、(近年の笠井あゆみ先生の挿絵のBL作品群の中で)こんな攻めは…

  • 1
とーふ。 17/01/16/ 00:06

※このレビューはネタバレ有です

可愛い、けど…

最初から最後まで可愛いお話だなぁと思いました。
ただ個人的にはふわふわ甘いだけという印象が拭えず、きゅんとしたり読んだ後また読み返したいと思う場面はなかったです…。

柴本が犬養を好きになってから犬養が柴本を好きになるのが早いので、片思いのドキドキや切なさが伝わってくる前にあっという間に両思いになっていてもったいないなと感じました。
受けの片思いとか一番美味しいやつなのに……(※自分比)そ…

  • 0