新着レビュー(最新3ヶ月)

媒体
麗音エキスパートレビューアー2016 17/01/31/ 16:00

※このレビューはネタバレ有です

無口なシェフ × レストラン支配人(次期オーナー)

千隼は新店オープンに伴い探し出した料理人 蓮見に誘惑されあっという間に体の関係に…。
恋人ではないけれど、新店を軌道に乗せる苦労やオーナーである父親の厳しい目に弱気になった時さりげなく支えてくれる安心感に癒されていたんだと思います。
微妙な関係のままの付き合いが続いてだんだんそれが物足りなく思えた頃父親から縁談の話が来たとき新たな展開を迎えます。

千隼にとって一般的な家庭のようなり父親は…

  • 0
麗音エキスパートレビューアー2016 17/01/31/ 15:52

※このレビューはネタバレ有です

豪華客船上でサスペンスに見せかけたドタバタコメディー

全寮制のパブリックスクール、英国貴族、豪華客船、凄腕保険調査員、別れて10年後の再会。
萌えアイテム満載の割には残念ながら私の萌え心をくすぐるお話にはしてもれず、この評価となりました。

シリアスな中にも笑える場面があったり和むひと時はあってもいいし緊張の連続は疲れますが、エイドリアンが出てくると無駄にドタバタして内容を軽薄なものにしてしまうのが残念でした。
何か深い考えがあるのかとも思い…

  • 1
明井るあ 17/01/31/ 15:49
飯田先輩にも幸あれ!

前作の「これは恋に含まれますか」の飯田先輩が主人公ってきいて、やっぱり切ない話なのかなって思ってたのに…っ!!幸せなギャグ風味の話が大好きなので、私は凄く好きです!
ドMで素直ちょっぴり天然な柳弓弦×失恋傷心中のクールでどこか冷めた飯田薫
主導権は受けにあるっていうのも良いです!
朝比奈くん幸せそうでやっぱり彼の騎士は柊くんだなって読んでる側も再確認したけど、飯田先輩が思ってた以上に朝比奈く…

  • 3
麗音エキスパートレビューアー2016 17/01/31/ 15:34

※このレビューはネタバレ有です

相変わらずラブラブカップルの近況

いさしぶりにメス花シリーズを読みました。
最近は楢崎さんちや、いばきょーのシリーズばかりでご無沙汰していたので遅ればせながら読みました。

相変わらず熱くて甘い二人で読んでいてホッとします。
1巻目から追いかけてるとなんだか友人のカップルのようで近況が気になり、そうか怪我したんだ大したことなくてよかったなとか、文鳥の飼育で思わず子育てのことを考えたり、ヒナにヤキモチ焼いたりと、結局初めから…

  • 1
ふばばエキスパートレビューアー2016 17/01/31/ 13:37

※このレビューはネタバレ有です

いろとりどりの江戸の花

時代物BLという新たな分野となるのか、なるとしたらぶっちぎりで第一人者となるであろう恐るべき新人「雁皮郎」さんの、これがデビュー作であります。
先だって「男色大鑑」の3部作がコミックスで発表済みではありますが、一冊丸ごと江戸時代、という斬新さには「BLにはまだこの鉱脈があったか!」と驚かされます。

「色に見籠は山吹の盛」
「男色大鑑ー武士編ー」が初出。
ストーカー武士と美小姓の話。ラス…

  • 2
KrovopizzaPREMIUM レビューアー 17/01/31/ 12:56

※このレビューはネタバレ有です

甘さアップ?の新装版

2011年の『殺業の絆』の新装版。
旧版より暴力シーンを削り、エロシーンや甘いシーンを増やしたとのことです。

あらすじ:
歌舞伎町で花屋を営む麻人(受け)は、仲介屋を通じ殺しも請け負うフリーの殺し屋。
ある日、暴力団組織に雇われたプロの殺し屋・九龍(攻め)に、組織のシマを荒らしたとして殺されかけ…

麻人は何の躊躇もなく人を殺せるやや情緒欠落気味の人物。
花屋でバイトする大学生(…

  • 8
詩雪エキスパートレビューアー2016 17/01/31/ 12:33

※このレビューはネタバレ有です

チビだったころの弟が天使でした

帯にもありますが、セックスすることを中心に回っているストーリーに感じたので、そうなるとそこまでの段階が気になるもので…。普段あまり義兄弟ものを読まないから余計かもしれませんが、自分は心情面でいろいろと引っかかりが多かったです。

でも、ふたりが出会ったばかりの頃や、ところどころで挟まれる弟のチビ時代がもう天使くんで…。お兄ちゃん大好きだったんだなぁってわかるしこんな可愛いことされたらもう、そり…

  • 1
詩雪エキスパートレビューアー2016 17/01/31/ 11:21

※このレビューはネタバレ有です

どれもまだまだ続きが読みたくてたまらない

とても印象的な一冊でした。
イラストはもちろんですが、心理表現が目立っています。

そして、作者の作品はやはりキス描写にうっとり。何度でもください、いつまでも見ていたい!と思いながら読了しました。設定などカバー下に細かく丁寧に描いてくださっているので、ムラムラが続く?読後にも、またゆっくりと楽しめてよかったです。とにかくどれも続きが読みたくてたまらない、切なくも甘いステキな短編集。

一…

  • 4
ポッチエキスパートレビューアー2016 17/01/31/ 09:52

※このレビューはネタバレ有です

文華節、炸裂。

丸木さんの新刊。タイトルにやや不穏なものを感じつつも、みずかねさんの優しく麗しい表紙にいつもの丸木さんらしいブラックさはなりを潜めてるのかな、と思いつつ読み始めました。

内容はすでに書いてくださっていますし、これはネタバレなしで読んでほしい!
ということで、いつもはネタバレ上等でレビューを書きますが今回はなるべくネタバレは抑えての感想です。




有能な編集者・桐谷×売れない漫…

  • 10
annjunior 17/01/31/ 09:16
Love it!

Yet another brilliant volume of Saezuru! It's so rare to find a yaoi manga that isn't stereotypically based around the whole Yaoi genre and I love that about this series.

  • 1