BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

身分差・コスチューム・特殊設定萌え! 西洋風ファンタジーBL 5選

2016/02/06 08:32

2018/03/01 08:32

新刊も続々登場中のジャンル

童話、映画、テレビゲームなど、多くのメディアで描かれる西洋風ファンタジーの世界。お好きなBLファンも多いのではないでしょうか。

1月22日には小説『騎士陥落』が、そして1月27日にはコミックス『勇者IN魔王んち』が発売されました。ちるちるのインタビューコーナーでもとりあげた注目の2冊です!

小説『騎士陥落』西野花(イラスト:Ciel)
西野花先生インタビュー

美しいヨシュアーナの騎士――、お前を、雌に変えてやろう
シリルは代々王家に仕える家柄の模範的な騎士。捕虜となった部下を守るため、敵将ラフィアによって屈辱と快楽の泥沼に堕とされて…。

漫画『勇者IN魔王んち』原作:犬時 作画:笑平
犬時先生&笑平先生インタビュー

不老不死で最強の魔王・ウィスペドの元には、毎日のように勇者が戦いを挑みにくる。
しかし、戦いたくもないのに魔王として生まれ、死ぬこともできないウィスペドの心中はいつでも孤独だった。
そこに、ある日現れた勇者・トゥルー。
ヘラヘラと笑い、武器も持たずに丸腰でやってきたトゥルーをウィスペドが成敗しようとすると、「王様のお城に住ませて」と勇者としてあるまじきお願いをしてきて……!?

今回はこの2冊にちなんで、西洋風ファンタジーBL5冊をご紹介します!
現代ものではありえない特殊な設定、その中で繰り広げられる人間ドラマ、普通では考えられないプレイも……。
思わずどっぷりと浸かってしまう不思議でロマンチックな世界をご堪能あれ!

王道シリーズもの
漫画『クリムゾン・スペル』やまねあやの

現在5巻まで発売されている人気シリーズ。ファンタジーにぴったりな美しい絵柄で描かれる世界観にハマってしまいます。
ストーリー・ギャグ・エロすべて楽しめる満足度の高い作品です!

あらすじ
王家に伝わる紅い魔剣の呪いで、魔獣に変身?!王子バルドは忌わしい呪いを解いてもらうため、美貌の魔導士ハヴィの供として、旅に出ることに。でも夜ごと魔獣に変身するたび、ハヴィに犯されていることを、バルドはまだ知らない?!
解呪の手がかりを求めて、二人の旅が始まった!

素晴らしくファンタジーでした!多分BLでファンタジーな作品は?って聞かれたら真っ先にクリムゾン・スペルと答えると思いますw―――Ariceさん

童話を元にした耽美な世界
小説『人魚姫の弟』犬飼のの(イラスト:笠井あゆみ)

「ヘンゼルとグレーテル」「人魚姫」をモチーフにした5編が収録されています。
おとぎ話ベースということで読みやすく、表紙の美しさにも人気が集まった作品です。

あらすじ
イルカ族の血を引く人魚のリトは、人間の王子グレンに恋をしている。イルカの姿で友達になれただけでも幸せだったが、嵐の夜に海へ落ちた彼を助けたことをきっかけに、どんな犠牲を払っても傍にいたいと願う。報われない恋と知りながら美しい瞳とひきかえに魔女の薬で少年へと変身するが……。表題作のほか、ユリアスとテオの美人兄弟それぞれの初恋を描く「輪」シリーズを収録。濃密エロスで贈る童話世界の匂いやかな恋愛譚!

本来短編集は苦手で読み応えがないと思うことが多いのですが、こちらの作品は構成も良く一本一本がしっかりしていて、今まで読んだ短編集の中で一番読書した!という満足感をもたらしてくれました。―――ココナッツさん

もはや本格ファンタジー
漫画『坂の上の魔法使い』明治カナ子

作り込まれた設定とストーリー性で支持される殿堂入り作品。
本格的なファンタジーとして楽しめる重厚な世界観に、きっと魅了されるはず!

あらすじ
魔法使いが多く住む町・ゲルの外れの荒れ山に、魔法使いのリーと弟子のラベルは住んでいる。町が苦手でちょっぴり変わり者のリーとの暮らしは決して裕福ではないが、学校に魔法にと勉強に励むラベルは充実した毎日を送っていた。そんなラベルの成長を、ときに厳しく、ときに温かく見守るリーだが…!?

もうすでに三巻まで読んでの感想ですが、読み返せば読み返すほど、作品の味わいがます不思議な作品だと感じます。―――咲人さん

読みやすさNo.1!
小説『空を抱く黄金竜』朝霞月子(イラスト:ひたき)

設定がしっかりしているからこそ安心して読める、王道ファンタジー。
BLとしての萌えもしっかりと描かれています。バランスがよくさらりと読める本格派です。

あらすじ
小国の王子・エイプリルは国が貧乏なため、隣の強国に出稼ぎ騎士として来たが、そこで騎士団長・フェイツランドに執拗に構われ…!?

ぽややん受と大らか攻の組み合わせの妙とでもいうんでしょうか、全体を通してのBL部分とファンタジー部分のバランスがよく、最後まで一気に読んで楽しめました。―――染井さん

伝説を更新し続けるロングシリーズ
小説『FLESH&BLOOD』松岡なつき(イラスト:雪舟薫/彩 ※12巻から)

現代からタイムスリップした主人公を中心に繰り広げられる海洋ロマン。
長い間愛され続けているシリーズで、現在24巻まで発売中。ファンタジーよりも歴史ものとしての要素が強めで、ものすごく読み応えのある作品です。

あらすじ
イギリス海賊の英雄キャプテン・ドレイク――彼に憧れる高校生の海斗は、夏休みを利用して、海賊巡りの旅を計画。
ところがドレイクゆかりの地プリマスで、海斗はなんと、次元の壁に飲み込まれ、大航海時代へタイムスリップ!!ドレイクの信頼も厚い、海賊船の船長ジェフリーに助けられ…!?エリザベス女王率いる海賊達と、スペイン無敵艦隊がくり広げる海洋ラブ・ロマン。

歴史モノで長いのでぐだぐだなかだるみするかなーとか思っていましたが全然そんなことありませんでした。
とってもスピーディーに話が進むので読んでいて気持ちいい。
でも一つ一つの描写は細かいし、登場人物の動作もイメージしやすい。―――和食好きさん

いかがでしょうか。ファンタジーものは、世界観が作り込まれた長編作品が多い傾向にあるようです。
それだけにどの作品も読み応えがあり、長く楽しめるのではないでしょうか。読者が想像を膨らませやすい小説の作品が多いのも特徴的ですね。
みなさんも、是非お好みの西洋風ファンタジーBLを見つけてください!

関連作家・声優

PAGE TOP