>
>
初心者さんにオススメしたいBLコミック3選

BLニュース

  • バックナンバー
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ
2016/04/02 13:04
コメント:9

初心者さんにオススメしたいBLコミック3選

腐女子仲間が周りにいれば、きっと楽しい

皆さまはどういったきっかけで腐女子になりましたか?
ちるちるスタッフで多かったのは「友人からBL作品を紹介された」でした。
腐女子の友だちがほとんどいない筆者。みんな、近くに仲間がいて羨ましいな…と思うと同時に、布教に失敗した苦いおもひで達がぽろぽろ蘇ってきました。

……今からでも腐女子仲間を作るのは遅くない! ! という訳で今回は、皆さまのレビューを参考に選んだ極めて失敗する可能性が低いと考えられる、BL初心者さんにオススメするならコレだぜ! な3作品を紹介していきます。


・みんな大好き!甘々ほのぼの系♡

『sick』著:倉橋トモ

あらすじ
顔良し、要領良し、家柄良しの順風満帆な人生を送る須藤。もちろん彼女にも不自由したことはない。気の置けない友人も多く、まさに花のキャンパスライフを謳歌中。
……そのはずなのに、同じゼミの岸先輩(コミュ障)に嫌がらせをすることが、楽しい日課になりつつあって…。俺はいったい何をしているんだ―――――! ?

レビュー
性格も生い立ちもまったく違う二人の可愛いラブストーリー。読んでいてほんわかし持た気持ちになりました。まさに萌えっ♪ となるHシーン、いやらしく感じないんですね。――高律さん

1冊丸ごとひとつのお話で、恋をして変わっていくふたりがとても可愛い本でした。エッチも特に多いわけじゃないけど、表情がとてもいいのでエロさはしっかり感じました。――江名さん

キレイな絵柄、ほんわかするまだ未熟な大学生同士の可愛いラブストーリー。二人が惹かれあう様子が丁寧に描かれているので、初心者のひとでも男同士ということが気にせず物語に浸れると思います。Hシーンも少々ありますが、終始甘々なのでキュンキュン出来ること間違いなし。こういう作品から少しずつエロ耐性もつけてもらっちゃいましょう☆


・大人の女性にはコレ!

『いとしの猫っ毛』著:雲田はるこ

あらすじ
恋人のみいくんの元へ意を決して上京してきた、天然どさんこボーイの「恵ちゃん」。エセポルノ小説家でもある「みいくん」が管理人をする『またたび荘』が愛の巣になると思ったのに、個性的な住人たちに囲まれてなかなかラブラブ空気になれず。みいくんも恵ちゃんとのHの機会を狙うのだが…。

レビュー
雲田さんて、ほんわりした印象の絵と物語で、ついついその見た目にごまかされちゃうけど、結構鋭いんだよな!って、この『いとしの猫っ毛』はそんな甘い部分だけではない、しっかりした部分も併せ持ったバランスの良い作品なんではないだろうか? と思います。
――茶鬼さん


人間の弱いところや汚い部分も描かれていて、ほのぼのしているけれど、決してお綺麗なばかりの漫画でもないように思いました。
またたび荘のほかの住人達も面白いし、今後も楽しみなシリーズでした。
――natuyukiさん


ほのぼのとした日常の中にある人間味、幸福感、ほんのりとした色気…。一言で言い表せない魅力がある作品。若い子より、お姉さま向けかなあ、と。
現在4巻(その他番外編やトリビュートブック等もあり)まで発売されており、二人が肉体的な意味で完全に結ばれるのはシリーズ4冊目の『いとしの猫っ毛3』。しっかり心と体の段階を踏んでいるので、「BLってただエロいんでしょ? 」という理由で遠ざけている人にぜひ読んでいただきたいシリーズです。

・少女漫画好きなお友達には♪

『僕らの群青』著:秋平しろ

あらすじ
同性が恋愛対象の木ノ下は、ある日、担任の青木に呼び出される。出会いを求めて赤裸々なブログをしていたのが、よりにもよって生真面目な青木にバレてしまった。男子校に入っても恋人なんて簡単にはできないのに。ブログを削除するよう言われ納得がいかない木ノ下だったけれど、あることを思いつく! ブログをやめる条件として、青木に恋人になるよう迫って…! ?

レビュー
秋平先生のお話は、少女漫画全開なんですが、それでも納得してしまえる何かがあるんです! それで、読後に本当に幸せな気持ちにさせて下さる天才だと思います‼︎
――まゆなさん


ふたりはAと軽いB位までしかしないんですが、恋に落ちるまでの過程が好き!という方はその種火だけで充分萌えられること間違いなしです! !
――なおたろーさん


辛いことなんて今くらいByeBye☆ 心から幸せになろうZ! ! な、いい意味でBLのファンタジーさを知ってもらえるであろう作品。少女漫画のようなキラキラした恋愛にBLという要素が入り、萌えずにはいられないシーンもたくさん。レビューにもある通りHシーンも少なめなので、その辺りの耐性がまだない方にも安心してオススメできる一冊。先生×生徒はBL、少女漫画問わず最高ですよね。


これは個人の見解なのですが、少女漫画好きの女子はBLにハマりやすいと思います。筆者も元々は無類の少女漫画好きでした。

初めて読んだBL作品はごとうしのぶ先生の『タクミくんシリーズ第1巻 そして春風にささやいて』

女の子に好きなキャラ(ギイ)をとられないってなんて後味が良いんだろう…と感動した憶えがあります。「タクミなら超絶お似合いだし全然悔しくない!むしろタクミを大切にしているギイが好き♡ 」という初めての感情は何年経っても色褪せません。やっぱり最初に触れるBLって重要ですね。ありがとう寄宿舎! ボーイミーツボーイ! !

…そんな甘々作品からBL入門した筆者の最近のお気に入り作品は国枝彩香先生の『スピンアウト』。何が言いたいかというと、少女漫画系作品から入っても時が経てばオールジャンルBLイケるようになる、ということです。まずはBLっていいな(「テニプリっていいな」的な)と思ってもらうことが大事なのかもしれません。

あ~劇場に『アニメ 同級生』を一緒に観に行ける腐女子友達欲しかった! !

記者 真島ノ畔

ブックマーク
  • バックナンバー
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ
9
投稿順|最新順
腐男
16/04/03 23:58

  • 漫画ではありませんが初めてのBLはまだ、BLという用語(当時はやおい?)すら存在しないノンケ学生時代に、学校の図書館でなんとなく借りた長野まゆみさんの作品を読んだことがあります。読了後男同士という生理的な嫌悪感よりも、(  ゚ ▽ ゚ ;)エッ!こんなに綺麗な描写で表現できるのか(*゚ロ゚)ハッ!!という感じでした。性に興味津々な思春期に悪友と男女のエロばかりを探求していた僕に新しい別の価値観を目覚めさせてくれた物でしたwww
匿名7番さん (1/1)
16/04/02 21:00
  • 自分は性的趣向の偏ったくっそエロを貸してしまって(自分は最高にお気に入りでした)失敗したので、やはり初心者向けというか、当然に読みやすい作品というのはあるでしょうね。次に貸した、綺麗な絵柄で性描写のほとんどない作品は気に入ってくれましたが。
匿名6番さん (1/1)
16/04/02 18:30
  • blに初心者とか関係無いですが、初めて読む作品によっては、大きく趣向が形成されると思う
    トラウマ抱えたりする場合もあるので、細心の注意が必要ですネ
匿名5番さん (1/1)
16/04/02 18:29
  • BLが初めての友人数人に貸したりしたことがありますが、
    やっぱり初心者向けみたいなことを考えて貸しましたよ。
    初心者向けだからと言って、作品として簡単だとかレベルが劣っているとかは一切なく、
    好きになってくれそうな良作で、受け入れやすい内容のものを選びます。
    もちろんエロッエロを求める方もいるでしょうが、
    そういう細かいところを考慮するとどんな記事も書けなくなってしまいます。


匿名4番さん (1/1)
16/04/02 18:07
  • 自分はホームズワトソンから入ってるので、バディ物好きかどうかで見極めます(笑)。
匿名3番さん (1/1)
16/04/02 15:19
  • 「BL初心者」とは「BLを読み始めて(BLを好きになって)それほど経ってない人」と言い換えることができるかと思います。
    そのような方々でも読みやすいと考えられるものを「初心者向け」として紹介したのでしょう。

    とは言っても、同じ「BL初心者」でも、その方の年齢だったり、これまでの読書経験だったり、
    BLにはまったきっかけだったり等々で、様々ではあります。
    それでも一般的「初心者」イメージは、ベテランの方々よりうぶい感じを抱くのではないでしょうか?
    (少なくとも私は初心者の時は今よりかなりピュアでした)

    私が「Q. BL小説初心者にオススメの小説を教えて下さい。」トピを立てた時は、そのようなスタンスでした。
ふばば
16/04/02 14:32
  • 初心者だからこそ、ドギツいエロを求める場合もあるのですよね。
匿名2番さん (1/1)
16/04/02 14:19
  • 先生は普通に書いてても、初心者でも読みやすい作品はあるでしょう。それを選んで記事にしてるってことでしょう。
匿名1番さん (1/1)
16/04/02 14:07
  • いつも疑問なのだが、初心者向けとは?
    BLに興味を持ったものの、どれを読んだら良いかな、と迷ってる人にってこと?
    作者は初心者向け用なんて思って描いていないだろうし、なんかモヤモヤするんだよな
    細かいこと言ってすまないが。