BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

え?あの人も男が好きだった? 噂の5人

2016/03/21 14:21

2018/03/01 18:37

噂になっていたケヴィン・スペイシーさんがTwitterで告白

 

現在、同性愛者であることを世間に公表しながら活躍している有名人は大勢います。

これに対し、あまり知られていないままこの世を去った同性愛者とバイセクシュアルも少なくありません

今日は、ある海外サイトでまとめられた「知られていないゲイの有名人」挙げてみたいと思います。

 

ユージュアル・サスペクツのケヴィン・スペイシー

 

1995年『セブン』、『ユージュアル・サスペクツ』2006年『スーパーマン リターンズ』など一癖ある役どころが印象に残るスター俳優・ケヴィン・スペイシー。

長年「ゲイなのでは?」とささやかれ続けてきたケヴィン・スペイシーですが、2017年Twitterでカミングアウト。

 

 


Buzzfeed」のインタビューで、「スタートレック:ディスカバリー」でポール・スタメッツ役などを演じているアンソニー・ラップが、「14歳のときにケヴィン・スペイシーに無理やり性的な関係を持たされそうになった」と告白したことを受けて告白したものです。

 

ゴッドファーザーのマーロン・ブランド


『ゴッドファーザー』、『地獄の黙示録』や『スーパーマン』などに出演したマーロン・ブランドは「20世紀最高の俳優」と呼ばれています。

映画界で様々な伝説を作ってきた彼は、共演者の女性には必ず手を出すという伝説も作っており、女たらしであることで有名でした。

しかし、彼の晩年で自分の女たらしの行為について、「男性のコメディアン、ウォーレス・コックスを愛していた。彼と結婚して、死んだら同じ所に埋められたかったから。」と述べました。また、彼は同じく俳優であったローレンス・オリヴィエと性的関係を持ったことも認めており、その行為を「恥じないこと」としていました。

 

(左:ウォーレス・コックス 右:マーロン・ブランド)

 

男性が好きなコンプレックスを、真逆なことをして隠すという、よく見るパターンですね。いつか同性愛者であることもコンプレックスじゃなくなるように。


幼馴染みの死で憂鬱死したアレクサンドロス大王

 

古代の大征服者として知られているアレクサンドロス大王は、自分の護衛官かつ友人のヘファイスティオンと長年親友関係を持っていました。

 


その仲の良さといえば、ヘファイスティオンが病死した時、アレクサンドロス大王は医師を処刑し、何日も食事をせずに部屋に引きこもりました。その後は豪華なお葬式を行い、ヘファイスティオンのお墓に花冠を捧げてい
たという。

その何か月後、アレクサンドロス大王もひどく消沈し、自分の死を迎えた

これはどう見ても親友関係ではありません!たとえ本当に付き合っていなかったとしても、天下を手に入れた帝王と、美しく強い部下の切ないストーリーは妄想してしまいますね。


ハリウッドの伝説、ジェームズ・ディーン


24歳で交通事故で亡くなった「理由なき反抗(Rebel Without a Cause)」という流行語を作ったディーンはイタリア女優のビア・アンジェリとの恋が有名ですが、「事務所が俳優の性的嗜好に関する疑いを晴らすためにアレンジした」との説もあります。

 

 

また、彼の一番付き合いが長い友人、脚本家のウィリアム・ベストも最近ディーンと性的関係を持ったことを認めたといいます。

アメリカの唯一結婚していなかった大統領、ジェームズ・ブキャナン・ジュニア

ジェームズ・ブキャナン・ジュニアはアメリカ合衆国の第15代の大統領で、歴代大統領の中で唯一の死ぬまで結婚しなかった人である。

結婚はしていなかったが、ブキャナンは上院議員のウィリアム・ルーファス・キングと親しい友達で、二人は長い間一緒に暮らしていました

彼らの関係を証明できる手紙はたくさんありましたが、ブキャナンの家族にその一部を破壊されたのが少し残念です。

しかし、アメリカの郵政長官として活躍していたアーロン・ブラウンは彼らのことを「既婚夫夫」と呼んでいたらしいです。

ゲイカップルの親友で、彼らの関係を支持しつつ、ともに戦っていく当て馬キャラってよくいますよね!三人ともかっこいいです!

『草の葉』の作者、ウォルター・ホイットマン


アメリカ文学に大きな影響を与えたホイットマンは代表作の『草の葉』で知られています。

しかし、『草の葉』はわいせつな内容で議論になっていたことをご存知でしょうか?

作品の内容でゲイだと思われていることもあったのだが、残された個人的手紙でホイットマンはLGBTとして知られている詩人のエドワード・カーペンター、バス車掌のピーター・ドイルや近所のビル・ダケットと親密な関係を持っていたことが分かりました(多すぎませんか?!)。



(左:ホイットマン 右:ビル・ダケット)


いかがでしたか?創作は日常からとよく聞きますが、全くその通りだと思いました。

死別の切ないストーリーや、同棲中のパートナーと共同成長の甘々ストーリー、色々妄想してしまいますね!

関連外部サイト

コメント8

投稿順|最新順

同性愛への偏見は無くすべきだけど
腐女子への偏見も無くすべきですね

腐女子は何でも気安くエロネタと据えるわけか
いろいろと腐女子と自覚していることが面倒になってきた

ただの腐ネタサイト記事に,同性愛について深く考える,って矛盾してるね
エロ記事扱いなのに,同性愛の将来についてとか,矛盾してるね

いろんな考え(感覚)の人がいるだろうけど、腐だからこそ寛容的だったり真剣に考えてみたりってのはあるんじゃないですかね。
それが大きなお世話なのかは分からないけど。

偏見は同性愛に限らず無くなった方がいいけど、
それをエロネタにしてる腐女子に言われても嬉しくないんじゃないかなぁ。

私も匿名2番さんと同意見。同性愛が、偏見と禁忌対象ではなくなることを望みます。

この記事の文章中にあった「いつか同性愛者であることもコンプレックスじゃなくなるように。」はいい言葉だなと思った。

ケビン*スペイシーもそうですよね(*^^*)
友人?男性の膝枕で寝転びくつろいでる所撮られてましたもんね。

PAGE TOP