BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

司会者唖然!ベン・アフレックとマット・デイモンのブロマンスっぷり‼

2016/03/06 13:31

2018/03/01 13:31

アメリカ深夜番組は腐女子に美味しすぎる!

 

テレビのトーク番組Jimmy Kimmel Live』に出演したベン・アフレック。

雪だるまのように大きなお腹の体型に扮して登場して司会者や観覧者を驚かせたのですが、更に驚くことに、彼のお腹から親友のマット・デイモンが現れました!

 

オスカー賞にノミネートされていたマット・デイモンは注目の渦中の人。

観覧席からは歓喜の悲鳴があがり、司会者は観客を諫めつつも戸惑いを隠せない様子。

 

そんな周囲を気にする様子もなく、ベンはマットにソファに座るように促すマイペースっぷり。

 

 

 

ベンとマットがサプライズした番組

 

巨大なボールのような外見のベン・アフレック

司会の表情が強張っています。

予期せぬ事態でも、それを話題にしつつ進行を続ける彼のプロ根性が素敵です。

 

 

お腹が動いたので、訝しんだ司会に服を脱がされる

司会「動いた!これはなんだ?」

ベン「待って!待ってってば!」


 

マット・デイモンが登場

ずっと服の中でベンにしがみついていたからか、顔が真っ赤です。ベンもさぞかし重たかったでしょうが、おくびにも出さないところが対照的。

マットがベンの膝の上に向かい合わせに乗っているのが、腐女子的にものすごくオイシイ。

 

 

アポイントなしにマットを招いたことをなじる司会ジミー

観覧者が総立ちするのを諫めて状況を把握しようとする司会ジミー・キンメルをよそに、マイペースにマットにソファへ座るように促すベン。

司会はそれが癪に障ったようで、「なぜ招いた貴方でなく招かれていない彼が特別な扱いを受けるのか」と主張。

 

実は、マットと司会のジミーは確執ネタで有名。司会のジミーが出演予定がないのに番組終了時に「申し訳ない。マット・デイモンの出演は時間切れのためキャンセルとなりました」と執拗にネタにしたところ、両者のバトルが勃発。確執を10年以上ネタにしているのです。

 

 

カメラをベンだけ入れるように指示するも、顔を覗かせるマット

ベンの2人で1人(大きなお腹にマットが含まれていたため)だから問題ないという言い分は面白いのですが、司会者は受け入れず。

あくまでもゲストはベンだけと、カメラを寄せて司会とベンだけを映すように指示します。

懲りずにカメラの端からマットが顔を覗かせる茶目っ気ぶりです(笑)

 

 

最終的に、マットは強制退席。

熱烈なブロマンスぶりを見せられてあきれ顔のジミーも、ようやく笑顔を見せますが…。

しかし腐女子的には当て馬的な司会ジミー、安堵の顔の裏で…。という設定もおいしく思えてしまいます。

 

アメリカの深夜番組は腐女子的に本当にすばらしいのですね。

また は2016年、ついにアカデミー賞主演男優賞を獲得したレオナルド・デュカプリオが、2014年『Saturday Night Live』で、そのときホスト役のジョナ・ヒルとでサプライズシーンもありました。

 

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』で共演している2人は、タイタニックの名シーンを再現。

「ジョナが女役をしているなら受け…?」なんて考えてしまうのは腐女子の性かもしれません(笑)

 レオ様の後ろから胸に?回した両手がなんともエロい。どうぞぞんぶんに御覧ください。


【『タイタニックの名シーンを再現

関連外部サイト

PAGE TOP