BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

糖度200%♥ 初めから両想いBL 7選

2016/03/12 07:36

2018/03/01 07:36

幸せな気分に浸りたいときはこの漫画!

糖度高めのBLを紹介BL含む「恋愛もの」の醍醐味と言えば様々ありますが、やはり恋の始まりや、片想いの2人が紆余曲折を経て想いを通わせる様子、いくつかの駆け引きがあったり……という流れですよね。

シリーズものでは何巻にもわたり距離を縮めたりまた離れたり……もどかしいですね! だがそこがいい! かく言う記者も、そんな男達のもどかしすぎる恋愛模様に何度萌えを味わってきたか知れません。

 

初めから両想いBL!砂吐くほどの糖度高めBL

 

では、片想いを描かない恋愛漫画は面白くないのでしょうか? 答えはノーです!! スピンオフでも続編でもなく、第1巻のページを開いたその瞬間から彼らはカップル同士♥ 恋人同士につきものな事件だって、あってもなくても2人なら大丈夫!

今回はそんな、ストーリーは基本的に甘々、こちらまで幸せな気分になってしまうBL漫画を7作品ピックアップしてご紹介します♪


正反対だけど愛し合ってます!

 秀良子『ネガティブ君とポジティブ君』


<あらすじ>

とっても悲観的(ネガティブ)な藤原くんと、とっても楽観的(ポジティブ)な橘くん、ふたりは――カップルです。ごはんを食べたり、手をつないだり、デートをしたり。あわただしい日常の中にあるふたりののんびりした恋のお話を、ちょっぴりおすそわけします。

山あり谷ありのカップルのお話も楽しいのですが、ひたすらイチャイチャしているカップルのお話も大好きです♪なんだか幸せな気分になるので・・・――ぐっちょんさん

特に大きな事件が起こるわけでもなければ、ドラマティックなシーンがあるわけでもない。お互いを空気のように感じてお互いを愛する2人の恋愛が、ただただ心地いい作品。――KONOKAさん

真逆の性格だからこそ、お互いのことをよく理解し、惹き合っている藤原くんと橘くん。愛情表現の仕方は違っていても、「好きだ」というまっすぐな気持ちが2人からひしひと伝わって、胸を打たれます!

 

 

“恋人”を育んでいく日常

 雲田はるこ「いとしの猫っ毛」シリーズ

<あらすじ>

恋人のみいくんの元へ意を決して上京してきた、天然どさんこボーイの「恵ちゃん」。エセポルノ小説家でもある「みいくん」が管理人をする『またたび荘』が愛の巣になると思ったのに、個性的な住人たちに囲まれてなかなかラブラブ空気になれず。みいくんも恵ちゃんとのHの機会を狙うのだが・・・。

そんなに山も谷もなく、ひどすぎる人もいない。2人が同じまたたび荘に住み始めてからの日常。ラストの濡れ場でさえ、温かく見守ってしまう。まさに見守り萌え。母的な視点とでも言いましょうか…。――響律さん

この作品の魅力は、最初からみいくんと恵ちゃんがお互いのことを好きな感じが伝わってきて(みいくんの愛のがかなりデカいですが)、何だか幸せな気持ちになれるところかな、と思ったり。特に何があるわけでもないけれど、何気ない日常を上手に描かれていて、最後までだれることなく読めました。――*kinako*さん

シリーズ通して、とにもかくにも幸せな気分にさせてくれる作品。平和で、穏やかで、けれど少しずつ変化していく恵ちゃんとみーくんの関係が温かです。そんな2人を知っているからこそ、出会いを描いた番外編『いとしの猫っ毛 小樽篇』の切なさが沁みわたります。

 

 

糖度高めのバカップル♥

 西尾メシ『ミルクと黒砂糖』


<あらすじ>
「Café kilns」は、黒髪長身の料理人・森さんと友人が経営する人気カフェ。常連客の宮本は、森さんの恋人。もりもり食べてバリバリ働く彼は、大の甘党。当然、甘いのがお好みなのは味覚だけじゃなくて…?

決して大きくはない世界の中で確実に愛が育まれる、ありふれたようなしかし彼らにとっては一つ一つが本当は特別なものなのだというそんなほっこりが私にはたまりません!――ベンサムさん

周囲の人にも公認の2人が、カフェでごはんを作ったり食べたり、コーヒーを飲んだり、攻めくんの仕事が忙しかったり、朝が弱い攻めくんがオムライス食べはぐって拗ねたり、そんな穏やかな日々。穏やかな日常BLがお好きなかたには楽しめると思います。――はるぽんさん

何気ない日常のなかで、周囲を多少(?)巻き込みながら愛を育んでいく2人。美味しい食べ物と恋人同士の甘い雰囲気に、読み終わるころにはすっかりお腹が膨れています♥



田舎町で流れる緩やかな時間

 イシノアヤ『僕と君のミドリとドリル』



<あらすじ>
私塾の先生・樟一と近所に住む海は、幼なじみで恋人同士。もっとイチャイチャしたいのに真面目でカタブツな樟一はつれない態度で、ちょっと拗ね気味な海。あるとき、樟一が急に見合いをすることになってしまって――…?

BLの醍醐味はくっつくまでの緊張感とか、誤解しあう切なさだとかいろいろあると思うのですが、くっついてからのお話って難しいと思うのです。この二人は、現実的でありつつも理想だなーと思います。付き合う前の情熱はないけど、お互いを思いやる感じがいいですね~~。――弥七さん

受けさんと攻めさんの考え方や愛情表現が違ったりして、それなりにケンカしたり、すれ違ったりするけど、でも二人とも、ちゃんと愛し合ってる。私はこのカップルの在り方は、リアルに分るなぁと思いました。――咲人さん

“ラブラブ”なんて時期は過ぎて、情熱が落ち着いた分、愛情は深まった……そんな田舎町の幼なじみカップル。人生のその先を見据えはじめた2人の姿が愛おしく、なんだか羨ましくも感じられる作品です♪



熟年カップルの心和む倦怠期

 倫敦巴里子『三村と片桐』


<あらすじ>
同棲中の三村と片桐は交際歴14年、もはや夫婦のような間柄。恋のトキメキもなければ夜の営みもめっきりご無沙汰の日々。アラサーになり、このままでいいのか…と悩む三村に対して、片桐は暢気なもの。三村にもちあがった合コン話にも「楽しんでこいよ色男!」(ニコ!^_^b )と余裕の表情。ついに三村の堪忍袋の緒が切れて…!?

昔の初々しかった頃を思い、いまの付き合い方について考え直す二人の温度差がめっちゃ面白い!!BLは付き合うまでの困難さを楽しむことが多かった私には目からウロコの視点でした。――イチ。さん

この思考のすれ違いっぷりがたまらない(笑)でもこうやってこの二人は、いつまでも仲良く暮らしていくんだろうなあ。ごちそうさまです(笑)――キリヱさん

短編集の表題作として、短いストーリーながら高い人気を誇る「三村と片桐」シリーズ。トキメキが薄れていることに悩む三村と、円満な関係に満足する片桐という熟年カップルのすれ違いが可笑しい! 2人のその後は続編『三村と片桐のつれづれ。』で読むことができます♪


家族に見守られるほのぼのカップル

 千葉リョウコ『酔い街ラブストーリー』


<あらすじ>
商店街で酒屋を営んでいる絢介は、密かに大企業御曹司・美佳と付き合っている。しかし二人の関係が絢介の家族にバレてしまい…!?

このお話は恋が始まり、恋が実るまで・・・が描かれているのではなく、恋人同士の2人の幸せ甘々な日々や、試練、家族の事等が描かれています。でも、物凄く辛い事や大きな事件、悲しい事などは起こらないので、安心して2人を見守りながら読む事が出来ます。――すみれ0401さん

特別なプレイなんて何もないのに、ふたりの熱を帯びた表情がよくて、エッチが妙に色っぽいのも、それでいて、ページをめくると普通~に爽やかに仕事をしてるのも、なんだかすごくツボで、ドキドキしちゃいました☆――江名さん

お見合い、元カレ問題など様々事件はやってくるも、家族に仕事に恋愛にと、すべてに一生懸命な2人だからこそ、自然と応援したくなってしまう! 依存し過ぎないけれど信頼し合っている、成長過程な大人の恋を楽しむことができる作品です♪


幸せで温かで、眩しい毎日

 青井れん『フジワラくんとセトくんのはなし。』

<あらすじ>

大学生の藤原柊と瀬戸一真は同棲中の恋人同士。高校生のころからの長い付き合いでお互いのことを何よりも大切にしている。そんな2人の日常は毎日がキラキラと輝く宝物。一緒に喧嘩して、笑って、泣いて、少しずつ成長していく。心がきゅんと疼いて、温かくなるとっておきのラブストーリー。

甘~い、そして可愛い~!付き合って4年、しかも現在同棲中で。四六時中一緒にいたいくらい、スキスキオーラ出しまくり。わぁ~、すごいなぁ…。私にはちと甘すぎて恥ずかしいくらい。――roseーlilyさん

朝はどちらかがご飯を作って起こしたり、夜は一緒にお風呂入ったり、寝るときは手を繋いで同じベッドに寝たり…エロばっかりじゃなくて、こういうありふれた日常を見るのもいいなと思いました!――黄瀬さん

同棲中の学生カップル・藤原くんと瀬戸くんが、いかにお互いのことが好きで、いかに日々が幸せかということが、眩しいほどに伝わります。純粋に人を愛し人に愛されることの素晴らしさが噛みしめられる1冊!

初めから両想いBL、いかがでしたか? 1日に全部読んだら、砂を吐くほどあまい気分になってしまうかもしれませんね(笑)

切なく痛いBLを楽しんだ後に、毎日の何気ない幸せを噛みしめたい時に、手に取ってみてはいかがでしょうか♪

記者:神谷浩未

関連作家・声優

コメント4

投稿順|最新順

両思いからスタートしてる作品は最初からほのぼのとした雰囲気を楽しめるので好きです。ここにはあげられていませんが、富士山ひょうた先生の「ディア・グリーン」も両思いからスタートしてます。

ここに紹介されている作品はどれも
面白そうで気になりました(((o(*゚∀゚*)o)))
私も付き合ってる設定だいすきです♪

人の不幸は蜜の味とか言いますが、人の幸せも蜜の味なのがBLの良いところ♡

最初から両想いでほのぼのしたの大好きです♪
両想いになるまでのハラハラも楽しいけど、調子によってはしんどくなっちゃうときもあったりするし。
ネガポジと三村と片桐シリーズはほっこりしつつもくすっと笑えて大好きです。
特に三村と片桐みたいな、熟年夫婦っぽいのもっと増えないかなぁ。

PAGE TOP