BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

小説好きお姉様は必見♥ BLアプリ「セカクレ」でリーマン×探偵の恋を読む

2016/04/26 10:52

物語、難易度、課金…気になる要素と魅力を解説します!



オルトプラスの新BLゲームレーベル「Blue Lupinus」より昨年末にリリースされた、スマホ向けオリジナルBLノベルゲーム『SecondSecret(セカンドシークレット)』、通称“セカクレ”。
以前BLニュースでも取り上げたということもあり、さっそくプレイされた方々もいらっしゃるのではないでしょうか。何を隠そう、記者もその一人です。

これまで複数のスマホBLゲームをプレイしてきましたが、思い通りの結果にならない、大きなお金はかける気になれない、そしてそもそもストーリー以外のシステムに足を取られて、小説や漫画ほど物語にのめり込めないなど、根気の無さも相俟って、心底満足いく結果に終わった作品はほんの一握りでした。

そんな、根本的にBLアプリと相性の悪い私が、なぜセカクレには夢中になれたのか?

今回は、「読み物としてのクオリティを重視している」「お金をかけるほど萌えられるアプリは苦手」といった、以前の私と同じ思いを抱くお姉様方に向け、いちセカクレファンが同作の魅力を改めてご紹介したいと思います!

ビジネスマン×探偵のミステリアスな関係

セカクレは、目当てのキャラクターとの恋愛を攻略していくいわゆるノベルゲーム形式の作品。現在配信されている恋愛系ゲームの大半と同じく、1日に5枚配布されるチケット1枚につき1話のストーリーを読み進め、時折登場する選択肢によって好感度が変化、その結果でエンディングが変わるというものです。

ストーリーは、とある探偵事務所で働く千歳知夏(CV.中澤まさとも)の元に、3件の依頼が舞い込むところから始まります。ボスに特徴も年齢も異なるスーツ姿のビジネスマン3人の写真を見せられた知夏は、「このうちの1件を担当してもらいたい」と告げられ、自ら選んだ人物に“ターゲットと探偵”として接近することに……。

この3人のビジネスマンが恋愛対象(攻め)となるのですが、三者三様に大変な魅力があってプロローグから頭を悩まされます。

公式に沿ってトップ画像左からご紹介すると、天然×一途×紳士の花崎春人(CV.高井周平)俺様×腹黒×御曹司の物部真冬(CV.望月英)、大人×ルーズ×上司の金森一秋(CV.小野田銀四郎)。
全員がもれなく大手企業「NiS株式会社」で活躍する優秀な人材で、主人公もこの社員として潜入捜査をすることになります。

つまり、これは紛れもないオフィスラブ! 大好物です!

初めから全キャラクターを選択できることも嬉しいですよね。ここでターゲットが決定すると、それぞれの恋愛ルートへと移行、メインストーリーを進めていくことになります。

ちなみに一度ターゲットを決定しても、進行度は全てそのままで、いつでも別のキャラクターに対象を変更することが可能。時間や手間は当然かかりますが、3人同時に攻略していくこともできるということですね。

ノベルゲームの王道と革新が共存する演出

同作の特徴的なシステムの一つが、パズルゲーム「WORK」。チケットを消費して物語を読むには、まずこのゲームでストーリー解放アイテムであるをゲットしなくてはなりません。またスチルや選択肢を伴うルートには、より出現度が低い金や銅のレア鍵が必要になります。

こう説明すると面倒に聞こえてしまいますが、逆を言えばクリアに必要なアイテムはこのパズルで全て入手することができるのです。レアな鍵はなかなか現れてくれませんが、パズル用のライフは回復が早く、暇な時にちまちまと地道にプレイしていれば、時間はかかっても必ず鍵は貯まり、Trueエンド(=ハッピーエンド)を迎えることができます。

実際、記者が鍵を集めるためにストーリーを進められなかった期間は最長で一週間程度。その間は季節のイベントストーリーなどにチケットを消費していたのでそれほど損をした気分にもなりませんでした。
またログインするだけでゲットできるアイテムでは「あと何日……」と途方に暮れることもありますよね。そういった意味でも、パズルゲームという方式が飽きさせなかったのだろうと実感しています。

他にも、キャラクターとまるでリアルにSNSでやり取りをしている気分になれるチャット調の進行、重要なシーンで堪能できる横画面での迫力ある美麗スチル、外でも気兼ねなく楽しめるようワンタップでキャラクターがシルエットに早変わりする「擬態モード」などなど、これまでに無かった、もしくはゲーム専用機でしか実現できなかった機能が盛りだくさん。

余談ですが、この「擬態モード」、スチル画面ではシルエットではなくお料理レシピが出現することでも話題となりました。

また、時折入るキャラクターボイスも気分をより盛り上げてくれます! ほぼフルボイスのシーンや、色気たっぷりの喘ぎ声、リップ音まで……♥ストーリーにいっそう入り込める演出で溢れています。

何はともあれストーリーとキャラクター!



そんな挑戦に満ちたセカクレですが、最大の魅力は、何といってもストーリーそのもの! それは単に恋愛ものというジャンルに留まりません。

「SecondSecret」というタイトルの通り、主人公とターゲットとの間にある2つの秘密が徐々に明らかになっていく様はたまらなくスリリング。その秘密にもそれぞれの個性が詰まっていて、どのルートを選んでも全く異なる期待感をもってプレイすることができます。

また一般企業を舞台にしたオフィスラブはとてもリアリティがあり、ファンタジーすぎるものが苦手という方にもピッタリ! 会話文と同じくらい地の文が多いことも、小説を読んでいるような深みがあり個人的に好感の持てる部分でした。

そして大人で全てを包み込んでくれる一秋、超俺様猫かぶりで強引な真冬、大型天然ワンコの春人と攻略キャラクターが魅力的であることには触れましたが、何より主人公である知夏が真面目でクールなツンデレという素晴らしい王道美人のため、どのキャラクターとカップリングさせても大満足!

私自身は大人上司の一秋ルートからスタートしたのですが、あまりの思い入れの強さに次のキャラクターに進むまで数日プレイできないほどでした。

しかし腐女子とは現金なもの……新たなルートに入るや否やあっという間に惹き込まれ、気が付けば全カップル平等に全推しという結果に。それもこれも、キャラクター、そしてストーリーの高い完成度故と言えるのではないでしょうか。

ぶっちゃけ無課金組はどこまで楽しめるの?

「結局お金がどれくらいかかるのか?」という問題は、アプリに手を出しづらいという皆さんにとって大変気になるところではないでしょうか。

記者個人の話で恐縮ですが、BLに限らずアプリは基本的に無課金で、どうしてもという時にだけ最低限のお金を出す……つまるところ、漫画や小説、家庭用ゲームにお金を出すのは当然なので、同じだけの代価は出そうという単純な考えです。

しかし現在の主流は、着飾るアイテムによってルートや好感度が変化するアバター形式、シナリオが運次第で手に入るガチャ形式など、無課金組&最低課金組には最良ルート攻略・完全攻略が難しいものばかり。無論、運営サイドからすれば商売にならないのだから当然の仕様です。

一方セカクレでは、1日に5話以上読みたい、鍵を早く手に入れたいという場合以外、マイペースにクリアを目指すならば早急に課金を迫られることはありません。

イベント事もメインルートと同じくパズル方式で気軽に解放できるほか、先日開催されたキャラクターの誕生日イベントでは、ツイッター上で一定のリツイートが獲得できればストーリーをチケット無しの無料開放という太っ腹ぶりを見せてくれました。

それ故記者は、初めてクリアした際「無課金のままこんなにも胸を熱くさせてもらい、お金を払わないことが申し訳ない!」という謎の考えに至ってしまうほどの満足感を得ていました。公式そのものへの好感度がだだ上がり状態。結局は、これも戦略の一種なのでしょうね……。



公式サイトでは限定SSやキャラボイス公開中

同作は、BLアプリ好きにはもちろん、これまで気に入るストーリーがなかなか見つからなかった方や、普段アプリが身近ではない方、また記者のように興味はあるけれど今まで挫折ばかりだったという方にほど、ぜひおすすめしたいゲームです!

公式サイトでキャラクターやストーリーが紹介されているほか限定SSキャストインタビューも楽しめますので、まずはぜひそちらをチェックしてみてください♪絵柄が気に入った、リーマンもの大好物、王道が好きという方なら間違いなく楽しめる作品ですよ!

5/1「character1」にセカクレ声優勢ぞろい!

ところで、来たる5月1日、東京ビッグサイトにてキャラクターコンテンツ総合展示会「character1」が開催されますが、ここにBlue Lupinusの出展が決定!

企業ブースでは、グッズ販売や、キャラクターデザイン&原画を担当するべっこ先生の初期設定資料の展示、イベント限定コミックペーパーの配布などを実施。

さらに会場内のステージでは、中澤まさともさんはじめ、高井周平さん、望月英さん、小野田銀四郎さんらメインキャストが勢ぞろいしスペシャルトークイベントを開催♪

キャラクター秘話や、ゲーム内にはないキャラクターの台詞を生ボイスで楽しめる企画など、豪華な内容が繰り広げられる予定ですので、会場に足を運んだ際にはぜひ立ち寄ってみては!

記者:神谷浩未

キャラクターコンテンツ総合展示会「Character1」
場所:東京ビッグサイト 東2、3ホール
日時:2016年5月1日(日) 11:00~17:00
一般入場料:無料

Blue Lupinusスペシャルトークイベント概要
開催日時:2016年5月1日(日) 11:45~12:15
開催場所:東京ビッグサイト 東2&3ホール 『Character1』イベント会場内特設ステージ
開催内容:セカクレキャストトークイベント、「Blue Lupinus」からの重大発表
【ゲスト】
千歳知夏役:中澤まさともさん、物部真冬役:望月英さん、花崎春人役:高井周平さん、金森一秋役:小野田銀四郎さん
その他企業出展内容詳細はこちら

関連作家・声優

関連外部サイト

PAGE TOP