BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

初恋は男!? ライフワークは男色文献研究!! 江戸川乱歩と『孤島の鬼』の深~い関係

2016/09/18 16:38

2018/03/01 16:38

文豪・江戸川乱歩と男色の関係

江戸川乱歩
といえば、大正から昭和期にかけて主に推理小説を得意とした小説家であったというのは有名ですよね。
また、実際に探偵として働いていたこともあるという経歴を持ち、横溝正史が当時編集者として関わっていたことも広く知られていると思います。

作品としては、『怪人二十面相』『D坂の殺人事件』『人間椅子』『パノラマ島奇談』『芋虫』など多数の名作を残しています。
今回は、そんな乱歩の作品の中からBL界では知る人ぞ知る名作『孤島の鬼』とその背景についてご紹介していきます。



『孤島の鬼』とは

まだ三十歳にも満たない青年だが、白髪のその容貌はまるで老爺のような蓑浦。黒髪が全て真っ白になった一夜。その恐怖の体験を、蓑浦は語り始める…
美青年の蓑浦金之助が、恋人を何者かに殺害されてしまったことから物語は動き出します。蓑浦は同性愛者で学生時代から自分に好意を寄せていた諸戸道雄が、 嫉妬から彼女を殺したのではないかと疑いつつ、共に事件の謎を追い始めます。そして、全ての秘密の原点、志摩の孤島へ…。
そこで明かされる衝撃の事実と諸戸の恋心の行方は…?
妖しくも怪奇なミステリー作品です。

小悪魔蓑浦とそんな蓑浦のメロメロなハイスペックイケメン諸戸の関係は時代を超越して腐心を刺激してきます。これは、再販、漫画化、舞台化など注目を集め続けるのも頷けますね。


乱歩の初恋は同性男子

作者の江戸川乱歩ですが、実は乱歩の初恋が十五歳の頃の同性であったことをご存知でしょうか。
乱歩曰く
「まあ初恋といっていいのは、十五歳(かぞえ年)の時でした。中学二年です。お惚気じゃありません。相手は女じゃないのだから。(中略)それが実にプラトニックで、熱烈で、僕の一生の恋が、その同性に対してみんな使いつくされてしまったかの観があるのです」
と述べるのに始まり、ラブレターの交換や手を握りあえば熱がして身体が震え出したとまで告白しています。一生分の恋、ロマンティックですね!


江戸川乱歩と岩田準一という美青年


乱歩は、趣味で男色文献研究を行っていました。
その同士は日本の画家・風俗研究家であった岩田準一
乱歩の『パノラマ島奇談』、『踊る一寸法師』、『鏡地獄』の挿絵を担当した方でもあります。そして、その美青年ぶりから乱歩の『孤島の鬼』の美青年・箕浦金之助のモデルともいわれていて、この『孤高の鬼』の発想のヒントを乱歩に与えたのも岩田であったとされています。

岩田準一さん

『孤島の鬼』は二人の男色文献あさりへの情熱が頂点に達した頃に書かれた作品で、同性愛がテーマに描かれたのも乱歩のごく自然な感情の発露といえるのではないでしょうか。


唯一同性愛を公に扱った作品

男色文献研究がライフワークであった乱歩。『少年探偵団シリーズ』の明智探偵と小林少年の関係は、どことなく同性愛的なムードを感じる方も多くいると思います。これには実際に何かのインタビューの際に乱歩自身が「少年探偵団シリーズは、小林少年をめぐる明智と二十面相の三角関係として書いた」と述べている記述もあります。…な、な、なんですとっ!!!? それは読み返さねばっ


ただ、公に同性愛を扱った作品としては『孤島の鬼』が乱歩作品としては唯一のものとされています。
初恋、男色文献研究、そしてモデルとされている岩田準一さんの存在…やはり乱歩作品の中では『孤島の鬼』は異彩を放っているように思えますね。


孫によるBL小説

ここまでくると、乱歩と岩田さんの関係を勘ぐってしまうのは、もう性としかいいようがありません。
そこをググイッと踏み込んでくれた方がいます!!! なんと岩田さんのお孫さん、岩田準子です。岩田さんは本を出版しているのですが、この本がまたスゴイんです。

二青年図―乱歩と岩田準一

著者・岩田準子

内容は、自分の祖父と江戸川乱歩の恋愛小説!!!
作中、夢ともうつつとも知れぬふたりの「交わり」の場面が出てきたりしますが、あくまで、長編小説です。はい。

祖父、岩田準一の視点で物語は進み、もちろん『孤島の鬼』についてもしっかりと触れています。こちらも興味があればぜひ。

 


如何でしたか?噛めば噛むほど美味しい『孤島の鬼』の世界。

時を経てなお色褪せないストーリーや、登場人物達。そして、愛の惨さやキラメキ…『孤高の島』には私たちを夢中にさせる要素がふんだんに詰まっています。気になった方は、ぜひ読んでみてください。

記者:栗ノ木

コメント4

投稿順|最新順

匿名4番さん(1/1)

孤島の鬼、読みましたが最高でした。
最後は切なすぎて泣くかと思いましたが……。
いや、しかし諸戸は一途でしたね。もし蓑浦が彼の愛を受け入れていたら、彼はやはり泣きながら蓑浦の手を握るのでしょう。
諸戸さん、どうか来世では生まれ変わった蓑浦と幸せになってください!

匿名3番さん(1/1)

兄が持っていた少年探偵シリーズを読んでいました。三角関係、驚きです。確かに誘拐されたりしてましたし…Σ(°□°ノ)ノ

匿名2番さん(1/1)

乱歩さんの同性愛関連については筋肉少女帯の大槻ケンヂさんも言及していますね。
2005年にはNHK教育テレビの口座番組でさらりと触れられたりもしました。

私のこだわり人物伝 2005年12月ー2006年1 (NHK知るを楽しむ/火)
https://www.amazon.co.jp/dp/4141891363

匿名1番さん(1/1)

小学生の頃少年探偵団シリーズ大好きでした。小林少年がかっこよくて。最近になって読み返してみると確かに明智小五郎と小林少年の関係は不自然ですね(笑)。当時は気づかなかったので面白いです。
孤島の鬼はノンケに叶わぬ恋をしてしまったゲイの悲しすぎる片思いの話という感じで、バッドエンドが苦手な人には向かないかもしれません。

PAGE TOP