BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

「タチ専だったのに、開発されちゃう受け」みなさんはお好きですか?

2016/10/25 19:24

2018/03/01 19:24

タチ専だった受け、6作品をピックアップ!


「はい」

ある日突然、ヒロシ社長からこの2作品が手渡されました。
ヒロシ社長は、記者にオススメをたまにセレクトしてくれます。(しかもほぼツボにハマる)
「ふふふ文化祭」が行われるものの、失礼ながらまだ2作品とも読んだことがなかった筆者。
一体どんなBLなのか、興味津々で読んでみると…『Cutting Age』『ようこそニューワールド』の共通点を見つけました!

それは、「ヤリチンだったのに、攻めに出会ったことで受け堕ちする」という点!

貞操観念が低い男、いわばヤリチンであったのに攻めに出会うことによって一途な受けへと生まれ変わる…。数多くのセックス経験があるヤリチンを虜にしてしまうその攻めの手腕も素敵ですよね。不本意なはずなのに、ほだされてどんどん攻めにハマっていく…というような展開がたまらなくイイ!

ということで今回は、「タチ専だったのに、開発されちゃう受け」特集をお送りします!

ドSアイドル×バイのヤリチンモデル
『ようこそニューワールド』コモトミ裕間
毎日いろんなBLを読む筆者ですが、最近読んだ中でもかなりグッとくる作品でした!
正直、この表紙からは「SMモノか!?」と身構えましたが、読み始めるとページを捲る手が止まらず…。
サディスティックな腹黒アイドル×百戦錬磨のヤリチンモデル…このカップリング、聞いただけでも最高です!
表紙の縛られている人物が、老若男女問わず性的関係を持つイケメン遊び人。一夜限りでヤリ捨てなんて当たり前だった彼が、攻めに出会い、犯されることによって、挿れられる快感が忘れられなくなってしまう…という展開が最高でした。開発されてからの可愛さは特に必見です。下剋上BLや芸能界BLが好きな方に是非!

<あらすじ>
今をときめくトップモデルのコウキは老若男女問わず性的関係を持つ遊び人。甘い言葉で巧みに騙し、一夜限りのヤり捨てなんて当たり前。今宵のターゲットは雑誌の企画で共演した人気アイドルのルカ。クリンと大きな瞳に艶めいた唇が情欲を誘う美少年。
酔いつぶしていただいちゃおうと目論み、ルカの家へ上がり込むが…。なんと気がついたら縛られていた!


初めては、好きな人とその彼女と3P!? DT×クズ
『Cutting Age』どつみつこ
スタイリッシュでかっこいい表紙に、帯の「DT×クズ」。一瞬で目を奪われました。
「ダークBL」プチお腐会を主催するなど、少し拗れた作品が好きな筆者。何よりもクズが大好物で、童貞のワンコ系イケメン樹生(ミキオ)×とにかく人の干渉を嫌うヒモ体質クズの八木…というカップリングが最高でした。
冒頭、受けの元カノとの3Pから始まる衝撃っぷりや、2人の掛け合いやテンポの良さに、デビューコミックスという事実を忘れてしまいそうになりました。
また、発売時にちるちるでもインタビューさせていただいたので、併せてこちらもチェックしてみてください!

<あらすじ>

俺の好きな八木さんという人はすっごいクズだ。女にだらしなく、いいかげんで、調子がよく、そもそも好きになったきっかけも酔った八木さんにノリでキスされたせいだった。
ゲイだと言えず、孤独に死ぬしかないと思っていた俺にはそれだけで十分だったのだ。それなのに、八木さんに元カノとのセックスに誘われ、エッチな八木さんが見たいばかりに誘いにのったものの……!?


この2作品以外にも、「タチ専だったのに、開発されちゃう受け」の人気BLを発見!

ヤリチン×ヤリチン、ハイパーエロきゅんらぶ♥
『ハングアウトクライシス』おわる
食えないオンナはいないとされる合コン負けなしの2人が、酔った勢いでラブホに…。 受けが女の子では勃起しなくなってしまい、それからというもの、日々エスカレートしていくエロっぷりはたまらないです♥ 攻めの強引で俺様なところや受けの気持ちよさに流され、振り回されていく姿に目を離せません!

<あらすじ>
法学部に通う御曹司・椿屋晟生と教育学部一のモテ男・桜井幹は、食えないオンナはいないとされる合コン負けなしのイケ男子。
ハズレだった合コン帰り、「アレならお前の方が勃つ!!」と言われ、酔った勢いもあり、おかしなテンションでラブホテルに行くことに…!ノリで入ったはずなのに本当に勃たせてる晟生に驚きつつも、仕方なく手で抜いてやる内に自分も勃ってしまう幹。合コンレジェンドの最強コンビに危機到来!


無神経童貞×一途なゴリラ(?)のドタバタ胸キュンラブ
『お前がバカを言い出す日には』日塔てい
今まではどんなに誘われてもネコは断ってきたバリタチが、ずっと好きだった後輩のために受けに徹する姿は健気できゅんときました。セックスの時には可愛くなるギャップに必見です。また、個人的には攻めより1cm身長が大きいというのもツボでした。ガチムチ好きさんに是非オススメしたい作品です!

<あらすじ>
バリタチの航は、長年片思いしていた後輩の慎太から「ゲイかも」と打ち明けられる。慎太相手ならネコでもいいと健気に思うほど、一途に想い続けていた航にとっては夢にまで見た告白だったが――!?


遊び人イケメンゲイ×ヤリチンノンケ男子
『あのこはソレを我慢できない』日塔てい
同じく、日塔てい先生のコミックス。ゲイである攻めのエロい姿を見て、男同士のセックスに興味を持ったヤリチンリア充大学生。友達だった2人の関係はどうなるのか、是非見届けてください!

<あらすじ>
大学生の惇也は、幼なじみでゲイの同居人・秋啓が男を連れ込んでいる現場に遭遇する。初めて見る秋啓の表情と激しいセックスを見て、男同士に興味を持ってしまう惇也。嫌がる秋啓を強引に誘い、日常的に触りっこをするようになると、惇也は男と最後までシてみたくなる欲求が溜まっていく。


ヤリチン弟と引きニートの兄
『起きて最初にすることは』志村貴子
義兄弟モノ。兄の弟への愛がすごくて、会話のテンポの良さ、見え隠れする心情などが繊細に描かれています。
そこまではっきりした受け攻めは描かれていませんが、兄が弟に「挿れたい」と言っていたこともあるため、兄×弟のようにも感じました。
不憫好き、兄弟BL好きさんに是非読んでいただきたい作品です!

<あらすじ>
4年前、親同士の再婚で突然出来た2才下の弟・夏央(なつお)。兄となった公崇(きみたか)は夏央に勉強を教えてあげると「兄ちゃん」と頼ってきてくれるようになり、そんな弟が可愛くて仕方ないしあわせな日々。
しかしある日、公崇は、自室に男を連れ込みHしてるところを夏央に見られてしまった!嫌われた上にゲイだと学校で言いふらされ…不登校→退学→ニートの道の公崇。それでも夏央が欲しくてたまらない。好かれたい触ってほしいセックスがしたい!


「タチ専だったのに、開発されちゃう受け」をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
リバ好きの方などは特に食指が動くのではないかと感じました。
まだ読んだことのない方は、これを機にニューワールドに飛び込んでみるのもいいかもしれませんね!
他にも、皆さんオススメのヤリチン受けBLがあったら是非教えてください!



今回ご紹介したどつみつこ先生とコモトミ裕間先生が出演する、「第二回ふふふ文化祭」の応募が10月27日(木)までと迫ってきています。
プライベートで一緒に飲みに行く仲のようで、作品にも共通点がある先生たちのお話は大盛り上がりになりそうな予感。
また、『ようこそニューワールド』の衝撃すぎる同時収録作、「ハコオ。」の裏設定のお話などもあるかも…?と、Twitterでコモトミ先生がおっしゃっていました。
滅多にないこの機会に是非、参加されてみてはいかがでしょうか?

記者:馬子

関連作家・声優

コメント3

投稿順|最新順

丸木文華先生のコメディ「フェロモン探偵受難の日々」シリーズの受けもホントはタチ専だったんだよね~。
でもノンケの攻めに開発されてしまうんだよね~。
面白かったな~。

タチ専は、確実に処女である。
これにつきます。

ハングアウトクライシスの受のような女性相手にヤリまくってたような場合もタチ専って言うんですか?
てっきり男相手に挿れる方しかしない・したことない人を指す言葉だと思っていました。
(この場合関係を持った相手が多いかどうかはあまり重要ではない)
私は相手が男だったか、女だったかで、読む時の印象が変わってしまうので、
明確に区別する言葉が出来るとありがたいですね。

PAGE TOP