BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

憧れの裏返し!? 女が理解できない「男の友情」とは

2016/10/31 10:47

BLにおいては原点であり異端……?


先日、2ちゃんねるにて『女が理解できない「男の友情」ランキングwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww』というスレッドが、多くのまとめサイトで扱われるなど話題となちました。
男の友情といえば我ら腐女子の大好物……というわけで、そのランキングをご紹介します!

女が理解できない「男の友情」ランキング
1位 二人で居るのに沈黙が多い
2位 お互いの誕生日や住んでいるところなどを知らない
3位 久しぶりの再会も、楽しかった日の別れ際もアッサリ過ぎる
4位 メールや電話で雑談をしない。携帯を連絡にしか使わない
5位 どんなに仲が良くても、恋愛の話はあまりしない
6位 友達の悪口や愚痴をあまり言わない
7位 否定が飛び交う議論みたいな会話
8位 セックスの話が異様に多い
9位 喧嘩しても信じられないスピードで仲直りする
10位 友情が恋愛感情を超える

全体的に会話に関する内容が多く、女子にとっては言葉少なで通じ合う男子が不思議なようです。
「否定が飛び交う議論みたいな会話」や「セックスの話が異様に多い」はCP論争や萌え語りに明け暮れる腐女子あるあるにも置き換えられそうですよね。

ところでこのランキング、理解できないといいつつところどころ男同士の友情に憧れを抱いてそうなのが気になりました。
カーストや利害関係など人間同士のしがらみが多い女社会に対して、余計なことは省いてただその相手が好きだから友達でいるというシンプルな男同士の友情が羨ましく見えるのかもしれません。

BLにおいては原点ともいえる存在の男の友情。
表面上ではべた付かず、実は深いところで繋がっているという関係に、先人の腐女子たちは憧れと妄想を抱いたのかもしれません。

友情では留まらず恋愛関係に! というのがBLのセオリーですが、とことん友情をつきつめた作品もあります。

記憶に新しいのが、paradeから発売されたBLゲームRoom No.9


彼女にフラれた大地は、中学からの友人・誠二と沖縄旅行に行くのですが、2人でホテルに向かう途中で拉致され、実験の名目で見覚えのないホテルの一室に監禁されます。
その実験とは、毎日提示される課題に取り組み達成するというもの。しかし、課題の内容は自分の肉体を親友に傷つけさせるか、親友の肉体を弄び、その心を傷つけるかという二者択一で――。
監禁生活の中で、どんなに性的なことをしても友情を貫き通す大地の姿には、友情をすぐに恋愛感情に変換してごめんなさい! と言いたくなるほど。

また、青年誌『IKKI』で連載された黒娜さかき先生の『青春♂ソバット』でもBL風味を匂わせつつ丁寧に友情が描かれていました。


童貞の有田はある日、同じクラスの白洲にファーストキスを奪われてしまいます。その白洲はなんとゲイで、ネコで、オッサン趣味で……。
「もしかしたら好きかもしれない、でも友達でいたい」と恋愛と友情の間で揺れ動く思春期の少年の姿が真っすぐに描写されています。

男の友情は餌であり、恋愛感情への発展がメインのBL界隈にとって「友情モノ」はある意味異端的な存在
しかし、たまには友情を追求してみるのもまた、BLに対する造詣が深まるかもしれません。

記者:ゆいお

関連作家・声優

関連外部サイト

PAGE TOP