BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

もうプレイ済?大人気BLゲーム 『ラッキードッグ1』の魅力に迫る!

2016/11/03 06:48

2018/03/01 06:48

未だ人気を誇る『ラッキードッグ1』の魅力とは!?


2009年の発売から長い間多くのファンから支持を得ている同人BLゲーム、ラッキードッグ1(以下ラキド)。
BLゲームをプレイされる方はもちろん、未プレイの方もご存知の方が多いのではないでしょうか。
ちるちるでも神評価66を記録し、人気を博しています。

筆者は18禁が解禁された瞬間、ラキドのゲームを購入し、どんどんBLゲームの世界に惹き込まれていきました…。
今回は、ラキドをこよなく愛する筆者がオススメポイント5つを元に、ラキドの魅力をお届けします!

【ラッキードッグ1 デモムービー】

【あらすじ】
物語は、その名を轟かせていたマフィアグループの幹部4人が芋づる式に逮捕されるという、前代未聞のスキャンダルから幕が開ける。
主人公はというと、刑務所の中。
同じグループに属するマフィアの一味、訳あって刑務所暮らしをしているが、一構成員でしかない主人公は、幹部が捕まっても、特に興味もなくのんびりと過ごしていた。そんな時に、突如、チャンスは落ちてきた。一構成員である主人公が、マフィアのボスになれるという、人生最大のチャンス。そのチャンスを活かすか、逃がすか。
それは『LUCKY DOG』と呼ばれる主人公の運次第。


めちゃくちゃオシャレかつかっこいいOPムービー。同人ゲームとは思えないクオリティの高さに脱帽です。
購入を迷っている方は、このOPムービーを見た後に公式サイトのCGギャラリーをご覧ください。もしかしたら購入の決め手になるかも…?


『ラッキードッグ1』オススメポイント5つ

ラキドのここがイイ!その1
<なんといってもディープすぎるこの世界観!>

マフィア、刑務所、脱獄、抗争、裏切り…
これでもか!というくらい詰め込まれており、この世界観があるからこそ、ゲームに重みがあるのだと思います。
シリアスな世界観ではありますが、個性的なキャラクターたちのおかげで、最後まで楽しくプレイすることができます。
また、「マフィア」ということもあり血生臭く、暴力表現なども目立ちますが、そういったものに抵抗のある方すらハマれる作品ではないでしょうか。


ラキドのここがイイ!その2
<まったく飽きさせないストーリー展開>

本編は、脱獄編・逃走編・デイバン編と3つに分かれています。萌えるシーンとギャグ、シリアス…すべてが絶妙に混ざり合っており、プレイ中も全くダラダラすることなく進んでいきます。この爽快感が本当に凄い! アクションシーンではヒヤヒヤし、Hシーンではドキドキし…。
ずっしりの内容で、あっという間に時間が経ってしまった…そんな感覚に陥ります。選択肢を間違えたり、数値が低いとBADに向かってしまうという緊迫感も。
何よりも、ENDが秀逸です! 心に残る終わり方が多く、永遠に余韻に浸れるような気持ちにさせてくれます。


ラキドのここがイイ!その3
<個性的な全キャラクターたちが魅力的すぎる♥>

キャラクター同士の掛け合い、洒落たジョークに下ネタに…主人公のジャンをはじめ、攻略対象のマフィア幹部4人も超個性的!!
それぞれ弱さやトラウマを抱えており、ジャンと関わっていくにつれて変化していく姿に注目。

ジャンは総受けではありますが、最強の男前受け!でもってHの時の色っぽ過ぎるギャップ!
ベルナルドとジャンの「ハニー」「ダーリン」呼びがあまりにも可愛すぎて悶えます。
個人的には、イヴァン×ジャンの親友でもあり、恋人でもあるような関係性に非常に心を奪われました。
プレイ前はあまり印象的でなかったキャラクターにも萌え、プレイ後には全キャラクター大好きになること間違いなし!
また、サブキャラクターも特徴的で、良い味を出しています。


ラキドのここがイイ!その4
<豪華キャスト陣による圧倒的演技>

なんといっても実力、人気をともなう豪華声優陣の圧倒的演技力が魅力的!

キャスト陣
ジャン・カルロ:タダノドウテイ
ベルナルド・オルトラーニ:浅野要二
ルキーノ・グレゴレッティ:四季路
ジュリオ・ディ・ボンドーネ:蒼井夕真
イヴァン・フィオーレ:平井達矢

特にジャンは、普段の男前でチャラついた姿とは一変、Hシーンでは色っぽすぎるというギャップ。たまりません♥
タダノドウテイさんのこの演技力にハマる人が続出したのではないでしょうか。
豪華声優陣による最高の演技によって、ラキドの世界観が確立したといっても過言ではありません!
公式サイトのキャラクターページでは、サンプルボイスを聞くことができるので、是非チェックしてみてください。


ラキドのここがイイ!その5
<ゲームだけじゃ終わらない! 派生作品が豊富>

BLゲームをプレイして、もっと展開がみたい!と思ってもなかなか難しい場合もありますよね。
しかしラキドは、ドラマCD、ビジュアルノベルゲーム、SS本、キャラブック、コミカライズなど…多くの派生作品が存在します。
ゲームがプレイし終わっても、萌えを補給してくれる多くのコンテンツが待ち構えていますよ♥
グッズも可愛いくて、かなり豊富! Tennenoujiのサイトでも購入可能です。

また、ラッキードッグ1の追加ディスク、『ラッキードッグ1+bad eggの発売も決定しています!
CR:5幹部であるイヴァン、ジュリオ、ベルナルド、ルキーノ達とのハッピーエンド後のアフターストーリーはもちろん、追加ルートでは、あのラグトリフとバクシーが大活躍!? ジャンがCR:5を裏切り、CR:5を攻撃!? など超ボリュームが期待されています!
現段階では2017年発売予定とされています。今後の情報をお見逃しなく♪



また、11月13日までアニメイトAKIBAガールズステーションB1階にてTennenoujiSHOPがオープン中!
TennenoujiのBLゲーム『ラッキードッグ1』と『みらくるのーとん』のオンリーショップならではの限定商品、キャンペーン、特典など盛りだくさんです。
筆者も先日行ってきましたが、最高の空間でした…!
両作品がお好きな皆さん、この機会に是非足を運んでみてはいかがでしょうか?


ラキドの魅力は、美麗なスチル、かっこよすぎる音楽、豊富なシチュエーションプレイなど…挙げだしたらキリがありません!
今までプレイしたことなかった方が、これを機に気になってもらえたら嬉しい限りです。また、公式サイトには体験版もあるのでプレイしてみて下さいね♪
数々のBLゲームをプレイしてきましたが、その中でも全力でオススメしたいゲーム、『ラッキードッグ1』。今後の展開にも期待が高まります!

記者:馬子

関連作家・声優

関連外部サイト

PAGE TOP