BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

NHK大河ドラマにもBL要素が!?注目されるドラマ『西郷どん』

2016/11/02 17:19

僧侶・月照との入水自殺事件も描かれるのか


2018年に放送予定のNHK大河ドラマ『西郷(せご)どん』❝ボーイズラブ❞が含まれていることが発表されたことで注目を集めています。

大河ドラマは歴史的登場人物を主人公にしたものが多く、内容もあくまで史実に沿った印象でした。
放送局も厳格なイメージの強いNHKとあって、今回の発表で筆者・冬桐のように起き掛けにビンタを喰らったくらいの衝撃を受けた方も多いのではないでしょうか。

制作統括の櫻井賢氏は「街の中を男女が手を繋いで歩くことはないあの時代の男たちをひも解いていくなかに、尊敬など恋愛に近い心情もあったのではないか」とBL要素を取り入れたことを説明しています。

桜井氏の話は、西郷どんと僧侶・月照とのことを彷彿させました。

安政の大獄により、徳川幕府に改革を求める尊王攘夷派や将軍継承問題で対立する一橋派に対する粛清が始まり、京都清水寺の僧侶・月照は尊追われる身。そこで今まで薩摩藩と公家との懸け橋になってくれていた月照へ恩のある西郷どんが逃亡を手助けするのですが、藩の方針変わりで月照の殺害命令を受けてしまい、西郷どんは命令か仁義を通すか葛藤することになります。
月照はその葛藤に気付き、「斉彬公のためなら何も惜しくない たとえこの海にわが身が沈んだとしても。」という意味の句を読み死を覚悟するのですが、それを悟った西郷どんは2人で入水自殺を図ったという話があります。
このとき西郷だけは助かりましたが、月照は46才でその人生を閉じます。

このエピソードを念頭に「BL」という紹介になったのでしょうか。となると、月照を誰が演じるのか気になるところ。

脚本家の中園ミホ女史は、同会見で「原作はいろんな愛にあふれている。師弟愛、家族愛、男女の愛、そしてボーイズラブ。いろんなラブストーリーが詰まっているので、1年間、日本のみなさんに、西郷どんに惚れてもらって元気になってもらいたい」と胸を張っていることから、魅力的なキャラクターが、どんな形でどういった風に愛されているのかが気になって来ます。

誰にでも隔てない性格だからこそ愛される西郷どん。
人として好きになって、特別な感情が生まれるというのは異性の恋愛ではよくある話ですし、同性同士でも当たり前にあり得ることだと筆者は考えます。そういった部分がどのように演じられているのか、放送が楽しみですね。


記者:冬桐

関連外部サイト

コメント12

投稿順|最新順

連投すいません。何故か違う所に書き込み失礼しました。

事件はどうでもいいけど、m島さんはイメージと全然合わないのは本当ですよね。
1でキャス変がないなら次は買わないなぁって思ったのでもう買わないですね~。
べつにCD聞かなくていいし。
原作で十分萌えを頂いているので。

こういうシーンの解釈は視聴者の各々の想像に任せるべきだと思いますね
公式がアナウンスするのは興ざめでしょう
それ自体がテーマというなら別ですけど

今時の人にも分かりやすく説明するためにボーイズラブって言っちゃったんでしょうけど、
言葉ひとつで印象が変わりますね。

歴史ものは史実通りも大事だけどそれだけだと同じ主人公の話を何回も見る人はあまりいない
制作者のオリジナルの部分、行間を読む部分で決められた史実の中でどう調理するかが面白いです
制作側的にはLGBTへの考慮もあったのではないでしょうか。最近ドラマに同性愛キャラ増えてますし
まず先にそれがあって、マーケティング的に腐女子を狙った発言だったのかなあ・・・と思います

あと大河ドラマ見る層がどのあたりなのかわからないですが、いづれ世代交代してしまうのだから若者に興味持ってもらわないと困るし、歴史オタクは衆道ぐらい知ってると思いますし、そんなに警戒する必要もないのではないでしょうか

林真理子が鈴木亮平さんの裸が見れるとか言ってはしゃいでて薄気味悪かった。

他人事。どうでもいいと思う。
NHKにとっては、大きなお世話でしょう。

こういう発言はNHK叩きに利用されると思う。「腐女子に媚びてる大河は観ない」と、元から観ていない層からクレームきたり。
すでに大河ドラマでBL二次創作を楽しんでいる方々はいます。そういうひともNHK叩きの道具にされそうで怖い。

私は言ってもらってよかったと思う派です。
BLに理解がない人は、本当はどんなものなのか知る機会がなければ、永遠に理解する機会も失うからです。
そして例え理解されなくとも、エロばかりではない、プラトニックな愛もあるんだと、知ってもらえるかもしれない。
かつて私が初めてBLを見たときも衝撃を受けましたが、私も最初は無知で初心者でした。
すぐにはまったのではなく、背徳感との葛藤でした。でもその反社会性がBLの魅力かなと。
中毒性のある後ろ暗い趣味を持ってしまったため知らなけば良かったと思うこともあるけど、素晴らしい胸打つ作品に出会ったときこそ知って良かったと思うこともある。
未来にそう思える人を創造していくためは、オープンでなければいけない時もあると思いました。

観ないけど、国民が支払ったお金で作っているんだから‥
匿名2番さんも言ってたけど 本当に余計な事言ってって感じです

「脚本家め、余計なことを言って……」という印象しかないです。わざわざ制作発表の記者会見でボーイズラブなんてはっきり発言する必要はない。んなもんドラマん中でそれとなく描写したらいいだけなのに。
若者にも見てもらうためのリップサービスかもしれませんが、BLに理解がある人間が圧倒的に少数で、悲しいけれど嫌悪感を抱く方のほうが多いはず。ましてや大河ドラマという伝統あるドラマではファン層が違うでしょうに。

あと、三次元・ナマモノかつ歴史物なので、神経を尖らせて関係者に迷惑をかけないよう妄想したりするのがマナーだと思う。これを公式がぶっ壊すのは、いかがなものかと。

大河でBLという言葉を聞くとどうにもチープな印象をうけてしまう
衆道と聞けばしっくりくるのに

PAGE TOP