BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

ギャップ萎えからの萌え!? 男前が抱かれる♥ 男前受けBL 5選

2016/11/22 16:52

2018/03/01 21:03

攻めかと思えば……実は受けだった!


 

エリートリーマンが屋外セックス好き! そんなギャップ萌え作品を収録したコミックス『アウトサイドポルノグラフ』を9月にリリースした日野雄飛先生が「ギャップ萎えBL」という新しいジャンル(!?)をTwitterに投稿されています。


 

しかし、ギャップ萎えBLすら萌えてきてしまいます……。この漫画では、かっこいい先輩(受け)が実は甘えたがりだったということで、後輩(攻め)は萎えてしまいます。その萎えてしまった攻めへの、先輩のセリフがかっこいい!

 

先輩の恋愛論がとっても男前! ということで、今回は「男前受けBL」のコミックスを5作品ご紹介します♪


『ヤングコーンの王子様』ナリ

あらすじ

貧乏大学生の雅七(みやな)は家庭環境により幼いころから自炊生活で料理の腕前を培ってきた。学費と生活費を稼ぐためにバイトを探していると、料理教室の先生を募るバイトの広告が! 調理師免許不要・1講習5万円の怪しすぎる雇用先には強面の男たちと「若」と呼ばれるモデルのようなイケメン彪継(あやつぐ)がいて…。

 

イケメン若頭×貧乏大学生というカップリング。可愛い見た目とは違い、男前な性格の受けに注目です!ストーリーもおもしろいと、レビューでも高い評価を得ています。

 

レビュー

料理と男前とヤクザ世界とバトルとエロと面白さを上手に混ぜて、

幸せな未来図もちゃんと描かれた漫画です、大満足です☆☆☆―――江名さん

痛快で胸がスカッとキュンキュン★バイオレンスラブコメなんだけどいろんなところで甘々。

これは癖になるっ!

やくざ屋さん家の野郎共とのやり取りもイチイチ可愛いです(*´ω`*)

雅七先生の可憐で男前なこと。すっごい頼りになるナヨナヨしてないところがまた良いんですわ♪☆―――みんくさん

受けが可愛い見た目なのに男前で潔くてカッコイイ!!―――Hinanaさん


『嘘みたいな話ですが』腰乃

あらすじ
カッコよくて仕事もできて、えらい男前の北川先輩に、キモいほど粘着してる後輩の中村くん。酒瓶相手に告白練習するような音萌え過ぎて変態で可哀相な彼は、妄想を武器に欲望のままに北川に迫るが、先輩ってば……予想以上に男前でした…ッvv!! いいトシの男たちがキャッキャvラブラブ展開中!

 

先輩リーマン(受け)の潔さが男前すぎ! ヘタレで変態すぎる攻めとのやり取りが楽しく、かつエロもしっかり描かれていますよ。興津和幸さん×野島裕史さんでドラマCD化もされています。

 

レビュー

表題作では、とにかく受の北川先輩がオトコマエで、懐が深いというか思いっきりがいいというか、中村くんの妄想に付き合えちゃう度量があるんです。―――久江羽さん

とにかく、北川先輩が男前過ぎて、惚れました。―――ミュウさん

やっぱりこの作者さんの感性はかなり心惹かれる。

ドラマチックな大きな何かがある訳でもなく、リーマンの日常に溶け込む感じで

同性同士の恋がはじまる、それも、う~ん男ならでは!って感じも良いのです。―――marunさん


『無防備、衝動 あるいは初恋』天禅桃子

あらすじ
サラリーマンの柏木は、高校の同級生だった倉沢と街でばったり再会する。地味で大人しかった倉沢は、人目を惹く華やかな美青年に変貌していた。その変わりっぷりに戸惑いながらも彼が働くバーを訪れた柏木は、言い寄る客をクールにあしらっている姿を見てさらにビックリ! けれど、そんな倉沢が自分にだけは昔のようにはにかんだ態度で一途な熱い視線を向けてくれるのが心地良よくて──。

 

明るくあまあまな再会モノ。キャラクターのギャップに衝撃を受けたという腐女子の方が多くいました!


レビュー

2人の普段とは違う逆転ギャップのエロさに驚きました!

いいですよね。甘々☆★☆★―――柊流架さん

何回も読んで癒されてます(笑)

シリアス続きで疲れた心に、安心して読める本です♪―――nanakamadoさん

裏切りとギャップが印象的でとってもおもしろかったです。で、エロかったです。―――いるいるさん

 

『そして続きがあるのなら』内田カヲル

あらすじ
やる気のない麻雀漫画誌の編集者・坂口(さかぐち)は打ち合わせ途中に立ち寄ったコンビニで偶然、高校時代の後輩・藤代(ふじしろ)と再会する。藤代は坂口に漫画家になる夢を諦めさせた才能の持ち主だったが、漫画を辞めバイト生活を送っていた。もう一度、藤代に漫画を描かせるためにあれこれ世話を焼く坂口。その甲斐あってか藤代の漫画が評判になり、大手出版社に引き抜かれてふたりの関係は終わったかと思われたが――。

 

シリーズ全3作の1作目となります。2作目『帰らなくてもいいのだけれど』、3作目『そしてすべてが動きだす』も併せて読まれてみてはいかがでしょうか。


レビュー

攻めは弱くてだらしないし、受けがクールでかっこ良くて、全然私の好みではないはずなのに、KOされました。お勧めの一作です。―――milkyさん

無気力だった二人の心が、漫画という仕事を通して甲斐を見いだし、心を通い合わせて、再生していく話。男同士の関係性や、それぞれの心理描写がとてもいい。―――snowblackさん

すべてにおいてまったくブレない坂口さんがすごく好きです。―――輝璃さん


『睨めば恋』ゆくえ萌葱

あらすじ
今日も感じる鋭い視線――突き刺すように俺を睨んでいるのはスポーツ科のヤンキーで名前は“竜之介”。会う度に理由もなくガン飛ばしてくるけど、何故か気になる。だって、笑った顔がすごく可愛いから。道を歩けば喧嘩を売られる不良集団のボスのくせに、すごく優しく猫を触ったり、甘党だったり、料理がうまかったり、実は気遣いの人だったり…ヤバい、これは完全にハマる!

 

受けのギャップに萌えると、多くのレビューがありました。2巻ではキャラクターをさらに掘り下げられているので、より魅力が増すはずです!

 

レビュー

絵はさっぱりしていて見やすいですし、ギャグやシリアスや甘さがとってもバランスよく詰め込まれていて読みやすいです。―――ぶたりんさん

すごく両思いな2人ですが、デレデレすぎないところが男同士って感じで好みでした♪

特に竜之介は、組み敷かれていても硬派な印象が変わらないところがいいです。―――Krovopizzaさん

竜之助は受けなのですが発言はとっても男前です。単に可愛いだけではない竜之助と、どこか飄々とした部分もありながら実は色々必死な攻めの志摩。このコンビは見ていて飽きません。―――ナポさん



いろいろなギャップのある、男前な受けをご紹介しました!
興味を引く、男前は見つかったでしょうか!? 男前な受けが苦手という方も、この機会にぜひ開拓してみてください♪

記者:みこりん

関連作家・声優

関連外部サイト

コメント5

投稿順|最新順

自分的には美人受けが好きで、そんな本しか読んできませんでしたが、良いかもです!
私も読みたくなってきました。
早速購入しちゃいます♪

紹介されてるの好きな本ばっかりで嬉しいです♪

うわーーーー!かっこいいのに甘えちゃうおじさんの可愛さ…すき///

すぐ思い浮かんだのは『嵐のあと』の岡田さん。
ドラマcdだと声が中村悠一さんで最高に男前だったなぁ。

男前受け大好きです!
これぞBLの醍醐味!
内田先生の漫画家シリーズの先輩は理想的な最高の男前受けです(o^―^o)
そして最近お気に入りの男前受けといえば、「ガチイキ挑発ナイト」かな。

PAGE TOP