BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

古代ローマ人のお守りに空飛ぶチ○コ!社会的身分も示した証明証にも!?

2017/01/22 13:03

チ○コと組み合わせる❝ハイブリット❞な護符

以前、ちるちるでVivienne Westwoodが出したチ○コモチーフのアクセサリーについて紹介しました。
その原点ではないかと疑ってしまうような、古代ローマの護符について書かれた記事を発見したのでご紹介します。

古代ローマ人は、❝ブラ❞と呼ばれるチ○コの形状をしたお守りを病気や邪眼を撃退するために身に着けていたそうです。
また、お守りという意味以外でも、少年たちは奴隷や自由人といった社会的身分の証明に使っていたのだとか。

日常的に少年が立派なイチモツをぶら下げて友人達と遊んでいる構図を想像したら、なんだかシュールですね(笑)


■チ○コ×翼
「エロス(性愛)は翼を広げて飛び立たなくてはならない」という意味を持っているそうです。主に崇拝儀式で使われ、豊穣の女神・ウエスタに仕える巫女に委ねられたそうです。
画像を90度回転させたら十字架の変形デザインに見えなくもないので、現代で付けていてもパッと見は気付かれにくそう…?


■チ○コ×拳
拳を握って、人差し指と中指の間から親指を突き出す形は、一般的に承認の印とされているそうです。
るのを見るので、チ○コと併せて下ネタ度合いも2倍。
意味合い敵には邪気を払う2倍の効果があるそうなので、魔除け効果が高いお守りと言えるでしょう。
この拳の形、セックスのジェスチャーとして使われ


■チ○コ×鳥
鳥というよりも、チ○コにチ○コ生えているというだけで既にネタ臭が酷いのですが、その先端に鐘が釣られていて「こんなの公開プレイじゃないか‼」とツッコミを入れずにはいられませんでした。
これは風鈴のように吊るして使うお守りのようです。
空中を飛ぶ能力は、相手により脅威を与える効果があり、特に妬みや邪眼などから守ってくれるという意味合いがあるのだとか。


オカルト脳の見解ですが、邪なものは何故か不浄を嫌うといいます。その不浄の物の中に性器が含まれていることを考えると、古代ローマ人が性器をモチーフにしたという面では理に適っているのかなぁと思いました。




記者:冬桐

関連外部サイト

PAGE TOP