>
>
闘う男×美少年!? 歴史上のリアル少年愛がいっぱい♥

BLニュース

  • バックナンバー
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ
2017/03/19 08:27

闘う男×美少年!? 歴史上のリアル少年愛がいっぱい♥

エッセイ『なぜ闘う男は少年が好きなのか』3月18日発売


支配者的で俺様で強い攻めに、なすすべもなく振り回され、かと思えば時には攻めの精神の拠り所となったりする小柄で美しくしたたかな受け―――
古典的なBLの構図ですが、みなさまはお好きでしょうか?

そんな闘う男×美少年が好きなみなさまに、ぜひオススメしたい一冊があります。

3月18日に発売された、黒澤はゆま先生の新刊エッセイ『なぜ闘う男は少年が好きなのか』です!

本書は「歴史上の実際にあった男色の記録」を紹介するエッセイ本です。
洋の東西を問わず、戦乱の時代に決まって栄えた少年愛。
戦乱の世の中において、あえて少年を傍に置いた戦士たち…

もちろん、ヨーロッパやイスラーム世界のみではなく、日本史のなかの少年愛にも触れていくようです。

本書はWEBメディア「cakes」での黒澤はゆま先生の連載『なぜ闘う男は少年が好きなのか?』の書籍化です。
こちらの「cakes」のページで「浮気相手と最後までやらなかったら潔白!? 武田信玄から美少年へのラブレター」などの記事が試し読みできますので、興味のある方はこちらもご覧ください☆

著者の黒澤はゆま先生は2013年に小説『劉邦の宦官』でデビュー。2015年発売の『九度山秘録 信玄、昌幸、そして稚児』と共に、一般レーベルからの発売でありながらちるちるにも作品が登録されています。

今作でイラストを担当するのは『刀剣乱舞』のにっかり青江や、BLノベルゲーム『SecondSecret』で人気のべっこ先生。
Twitterでは裏表紙のイラストが一部アップされています。

 

歴史好きの方、必見です!

『なぜ闘う男は少年が好きなのか』
内容紹介
武田信玄や伊達政宗は美少年にラブレターを送っていた!?
歴史を変えた男と少年の秘密の恋

洋の東西を問わず、戦乱の時代に決まって栄えた少年愛。
死を賭して戦う戦士たちの側近くに控える、あるいは金髪の、あるいはブラウンの、あるいは黒髪の少年たち。
宦官、小姓、稚児、エローメノス、宦官、酒姫(サーキ)。
呼び名はさまざまなれど、それら美しい少年たちに戦士は何を求め、少年は戦士に何を与えたのか。
その答えを探して、古代ギリシャ、ローマ、中国、イスラーム、中世ヨーロッパ、そしてもちろん日本、時空も超えて飛び回る……!

WEBメディア「cakes」で累計100万pvを誇る話題のエッセイが待望の書籍化。
新進気鋭の歴史小説家が、世界中にあった男色を新たな視点で描く、もうひとつの世界史。

【目次】
序章 武田信玄のラブレター
第1章 世界の男色
第2章 日本の男色
第3章 男色はなぜ廃れたのか

ブックマーク
  • バックナンバー
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

アクセスランキング