BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

PLURKはご存知?台湾の腐女子が使うSNSサイトをご紹介

2017/04/20 18:00

日本はツイッターだけど、台湾腐女子もツイッターで萌え語りしているの?

日本のSNSと言えば、ピクシブ(Pixiv)に作品を投稿、ツイッター(Twitter)で萌え語りをするのが一般的です。
欧米ならタンブラー(tumblr)があって、投稿サイトならDeviantArtがあります。台湾では、専門の投稿サイトがないため、ピクシブをよく使っていて、あるいは日本の方と萌え語りしたいから、ツイッターアカウントを取っている人も最近増えています。

その他に、実は台湾の腐女子が普段使っているSNSサイトは日本とかなり違っています。
では次の4サイトを紹介していきたいと思います。

①プルク(PLURK)
②台湾同人誌センター
③Facebook個人ファンページ
④PTT掲示板



匿名と実名が使い分けられる
1.プルク(PLURK)
カナダ発、本社を台湾に置くSNSサービス。
ツイッターと同じく、投稿が時間順に流れるため、台湾版ツイッターとも呼ばれています。日本語版があります。



ツイッターとの一番の違いは以下の6つだと思います。

1. タイムラインは左→右、新しい→古い、横向きに流れる
2. 投稿の下にリプライが集約する
3. 匿名投稿ができる(その下のリプライも匿名になる)
4. 相互フォローとフォロワーの枠が分かれている
5. 活躍を表すカルマ(ポイント)で利用できる機能が解放される
6. 課金できる(広告なし、リプライを編集できる、などの機能が開放される)

筆者のアカウントも今年で7年になりました。長かったです…
2008年に開設されたこちらのサービスは、ツイッターのブームに乗って作られた新サービスでしたが、なぜか台湾で、特にサブカル愛好者の間で流行り始めて、今や世界でアクセス数3位となり、プルク本社も台湾に移りました。



リプライが全て一つの投稿に集約されるため、何かの萌えについて大勢集まって語るのが大変便利で、気軽に机に囲んでお話するような雰囲気のSNSサービスだと筆者は思います。



利用が活発カルマが高くなり、25を超えたらテンプレートを設定できるようになり、100になったら涅槃します。
しばらくお出かけする場合もカルマを凍結する機能もあるので下がる心配はないけど、活躍度の数値を出されると、なんだか高い数値をキープしたく、ガンガン使ってしまう日々は筆者にもありました。あとマスコットがかわいいです。(笑)

★How to find BL?

①検索バーに「原創BL」(原創=オリジナル)で検索!
※二次創作を検索したい場合は作品名で。Wikiで日本語作品名を検索し、言語を中国語に切り替えれば中国語の作品名が入手できます。


同人誌情報はすべてここに集約!
2.台湾同人誌センター


こちらのサイトは、大きい即売会やプチお茶会などのイベント開催から、同人誌の制作方法と印刷会社の情報まで、同人誌に関するすべての情報が掲載されていて、機能性の高いサイトになっています。
台湾ではオリジナル同人誌イベントが定期的に開催され、BLのオリジナル同人誌もたくさん描かれています。登録した作品は作者のページにアーカイブされますので、表紙を眺めていても楽しいです。

★How to find BL?


台湾同人誌センター:https://www.doujin.com.tw/books/alist
上のリンクをクッリクして、下記画像のピンク枠通りに条件付けて検索!(条件:女性向け、マンガ、オリジナル、BL)
※作者の名前をクリックすれば作者の自己紹介ページに飛びます。SNSのリンクも載せてありますので、ぜひ覗いてみてください


台湾では腐女子も実名です
3.Facebook個人ファンページ


台湾人なら基本フェイスブックのアカウントを持っているため、宣伝するために多くの作者が個人ページを持っている。日本と違って、仕事関係だけではなく、割と日常的に使っていますので、趣味に関わるものも関係なくフェイスブックで情報収集したり、投稿したりしています。

ここで例としてあげたのは、台湾のBL界隈における有名人―摸哥」のファンページです。
元々は自分の萌えを語るためにブログを書いていましたが、ユーモアの溢れた文章を多くの腐女子が共感し、愛読している。後にエッセイマンガを描き始め、本も出版されています。

★How to find BL?
フェイスブックで「腐女」で検索!
※日本語と同じですが、あからさまにページの名前に「腐女子」をつけるのも、おそらく台湾人だろうと思っていただいて結構です。
※かなりの無法地帯で無断転載が多いため、検索する際はお気をつけてください


便利じゃなくても気持ちがあれば!古き良き時代の小説投稿サイト
4.PTT掲示板


最後は台湾で一番昔から使われている実名登録の匿名総合掲示板PTTのBL専門板。文字のみの掲示板なので、小説の創作と閲覧の場となっています。今時のおしゃれなサイトと違い、操作方法とUIが古いため、今は比較的に年上のお姉さまのほうがよく使っています。

クリックすると、そのまま見れます。タイトルのフォーマットは[カテゴリ]作品名/文章の趣旨[他の説明]となります。



そして一番下にコメントが溜まる
(wwwで草を生やすほかに、XDDDDDも爆笑の意味でよく使う顔文字です。)



★How to find BL?
BL関係の文章しか投稿されないため、右上の「<上頁」(前のページ)をひたすらクリックして、興味のあるタイトルをチェック!
■タイトル先頭
[自創]=オリジナル
[衍生]=二次創作
■タイトル末尾
[限]=18禁


いかがでしょうか。
最近世間ではマストドンで盛り上がっていますが、実はインターネット上はまだまだ色んなSNSサイトが使われています。
台湾のSNSサイトでは日本語もかなり通じますので、この機会でアカウントを作って、交流してみてはいかがでしょうか♪

記者:首長鹿

PAGE TOP