BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

こんがり肌が艶めかしい…褐色BL漫画 6選

2017/08/15 08:24

アラブ、ファンタジー、ガングロ、綺麗な褐色肌が映える♥

降り注ぐ太陽に照りつけた綺麗な褐色肌が映える!
萌えますね!
今回は褐色肌の眩しいBLをいくつかご紹介したいと思います。


『BLACK SUN 奴隷王』小笠原宇紀 
あらすじ
「お前一人が先に天国行きだ」聖地へと続く巡礼ルートの攻防のさなか、美貌の司令官レオナールは仲間の命を救うため、帝国軍の常勝将軍ジェマル・ジャンに囚われの身となった。清貧・貞潔・祈りをモットーとする修道院でありながら、昼夜を問わずジェマルに抱かれるレオナール。奴隷の身から将軍にまで昇りつめた男、ジェマル。敵同士でありながら、互いに惹かれるふたりだったが!?

レビュー
思わず表紙買いした作品。綺麗すぎるBLが苦手な人には不向きかも。かく言う私もヒゲマッチョ親父や男前な受けが好物ですが、思ったよりすんなり読めました。エロい・萌えるというよりはとにかく綺麗で美麗で…でも攻め受けどちらも戦場に立つ身として、極端に女性らしい体格に描かれている訳でもないかなと。筋肉好きとしては、もう少し逞しさがほしかったけど…w――肉球さん

『キチク、エンカウント』おわる 
あらすじ
社畜SEとして頑張るリーマン・佐藤一(さとうはじめ)、25歳。完徹明けの朝日が眩しい早朝の電車で帰宅中、車内に響き渡るAV女優の喘ぎ声(が、股間に直撃! )。音漏れの主はどんなDTクンかと思いきや、すっっっごい遊んでそうなイケメンで…。えっちな音漏れで股間にゴメーワクを掛けたお詫び(!?)に、とイケメンに連れ込まれた先でDTどころかまさかの処女喪失――!?

レビュー
表情もよろしく、エロ補給に持って来いかと思われます。一方的に気に入られてやられまくる、という理不尽な関係がまんざらでもなくなっていくはじめくん、よかったです。はじめくんの最終的に受け入れてくれる優しさ、ちひろくんのイケメンすぎる優しさ、1人でニヤニヤしてました。
それと、やっぱりこれ思いましたね。
この褐色俺様…ものすげー勝手だな(笑)――kinonaさん

『ラクダ使いと王子の夜』緒川千世 
あらすじ
ここは本当におとぎ話のようだよ。寝床はふかふかで、おいしい料理は食べきれないほど。おふろは薔薇の香りがするんだ。――でも、ここは僕の生きる場所じゃない。キャラバンの孤独な少年が、砂漠で出会ったのは王子様でした。素敵な夢があって、努力家で、とても優しい王子様。知れば知るほど、つのる想いを止められない少年でしたが、出て行く決心をして――。広い夜空に瞬く小さな星のような、慎ましくも純粋な恋のおとぎ話。

レビュー
色白でからだの弱い少年は、旅の途中でいき倒れの男を拾います。やがて旅を終えた少年のもとへ、あの時の男があらわれて…。
動物と話ができたり、一人だけ肌の色が違ったり。そんな不思議で孤独な少年と、命を救われた青年の、切ないほど優しいとってもピュアなお話。――roseーlilyさん


参考
アラブBLリスト
 




『P.B.B.』鹿乃しうこ 
あらすじ
「孕めばいいと思ってる──…」 No.1ホストの純佑と元ホストで現在ドカチンの忍は、一緒に住み始めて1年…純佑の猛攻で、関係がより濃い方に変化した! でも嫉妬とか男のプライドとかで、たまにキツくなっちゃったりして…!?

レビュー
現役のナンバーワンホストで実家は旅館経営という攻め・純佑と、元ナンバーワンホストで現在は建設会社に勤務する受け・忍がカップルです。この2人はもちろんのこと、脇役もすごく魅力的でいい男揃いです。また、言い争ったり、時には殴ったり、シリアスなシーンも結構あるのですが、おちゃらけているシーンではとっても可愛いくて、エッチシーンは濃厚でラブラブなので、そのギャップもよかったです。
ホストものが苦手でも読んでみる価値絶対ありの名作ではないでしょうか。――森さん

『マザーズ スピリット』エンゾウ 
あらすじ
理事長に留学生の世話を命じられた大学職員・稜一郎。なんと留学生・カルタカは、言葉も通じない未開の地に住むネイティブ!! 一族の戦士で超美貌の持ち主だが、スマホやテレビ、果ては水洗トイレを恐れる彼に稜一郎はうんざり…。だが、つたない言葉で「リョウイチロー」と呼ばれ懐かれるうちに、次第に心が傾いて!?

レビュー
色々ツッコミどころは満載ですが、それもこの作品の魅力かと。
とにかく攻めがかっこいいし、褐色系でいい体してます。絵を見ただけでそれは一目瞭然なので、あまり「美形」を連発しなくてもよかったのでは、とは思います。それに比して受けは至って平々凡々な日本人。人は良さそうですが。おそらくカルタカから見たら、日本人なんて皆同じ顔に見えるだろうに、どうしてそこまで稜一郎を好きになったかが謎でした(きっと本人が一番疑問に思ってる)。絵が綺麗でエチシーンはエロいし、萌え要素は少なかったですが、コメディとしては十分楽しめました。――てるてるせぶんさん

『ミ・ディアブロ』梶本レイカ 
あらすじ
「私は、悪魔に飼われている」 アメリカ人の父と、メキシコ人の母から生まれたジェイク。厳格な警察官の父と、娼婦で麻薬の売人だった母。いびつな家族生活は、いとも容易く崩れ落ちた。やがて警察官になったジェイクは、ギャングのリーダー・ミゲルと出逢う。おおらかで深いミゲルの愛情は、孤独なジェイクに甘く沁みる。運命の歯車はかくも廻りはじめた。交錯する嘘と欺瞞。愛を求め彷徨う魂が、最後に掴むものは――。

レビュー
確かに、絵はアクが強いし、ストーリーはハード。
でも、この個性的な絵で、さまざまなアングルから描かれている人物の骨格は、実に破綻なく正確だし(私の好きな肩胛骨も!)
二転三転する、二重三重の騙し合いは読んでいてゾクゾクする。
このどんどん転がっていくお話って、スペイン語系かなんかの長時間映画をどっぷり見た時みたいな高揚感、充足感。
最後がちゃんとハッピーエンドな所も、満足感に繋がっていると思う。
この本を今まで読み逃していたなんて、実にもったいなかった。――雀影さん


いかがでしたでしょう? 褐色=アラブのイメージがあるので、あえて今回はアラブ以外の作品を多めにピックアップしてみました。6月に発売された『褐色BL』アンソロジーが好評を博していることもあり、今後の注目度UPも予想される褐色モノ。夏にピッタリ+人気が出そうな褐色モノBLでいつもより刺激的な夏を……♥

記者:salad

関連作家・声優

PAGE TOP