BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

L&G映画祭BL版の映画レビューを読んで映画祭にいこう!

2017/07/01 10:00

ゲイムービーを200%楽しむ会締切迫る! 7/3まで


先週みなさんにお知らせした【L&G映画祭BL班と行く!ゲイムービーを200%楽しむ会】。

Twitterでは、BL班が一足先に作品を見て感想をアップしています!
その内容をご紹介しながら、もっと詳しくイベントについてお伝えします!


プログラムでご用意しているのは『17歳にもなると』と『短編集』の二つの作品。

プログラムAの『17歳にもなると』はこのようなあらすじです。

ワガママなダミアンは17歳。母と一緒にフランスのピレネー山脈近くの街で軍人の父の帰りを待っている。ダミアンと農家の養子トマは衝突を繰り返していたが、トマの母が入院したことで、ダミアンの母がトマを一時的に引き取ろうと提案する。

トマはダミアンを殴ったりいじめたりばかりしていて、周囲の大人たちも二人の関係性に手を焼いている様子。トレイラーには、ダミアンが母に「なぜやられるままにしているの?」と聞くシーンがあるようにダミアンがトマにやり返さない理由は、そして肩を触られただけで激高してしまうトマのダミアンへの気持ちとは……?

ピレネー山脈のふもとの雄大な自然も舞台として素敵ですね!
また、メガホンを取ったのはフランスの巨匠アンドレ・テシネ。クォリティはお墨付きです。

ボコりBLや「嫌い」から始まるラブが好きな人は見逃せませんよ!

たなと先生『スニーキーレッド』やはらだ先生『よるとあさの歌』などの作品が好きな方に薦めたい映画です。

短編集は6つの物語がぎゅっと詰まった作品。

HIV感染を確かめる調査を待つ青年が新しいスタートを切るまでを描いた『始まりの駅』。

かつていじめを受けていたトランスジェンダーの女性が舞台に立つ物語『晴れ舞台』。

久しぶりに帰ったら家族の様子がなんだかヘン…から始まるファミリードラマ『誕生日パーティー』。

路地で高圧的な警官に捕まってしまったゲイカップルに意外な助っ人が現れる『ある日』。

『モモ』は今カノと元カノ、そしてネコの微妙な関係を描きます。

『ダム』はかつてお互いに思い合っていた二人が年老いて再会する物語。

BL班の感想で取り上げられているのは、このうち『始まりの駅』と『ダム』の二つ。

『始まりの駅』はHIV感染の疑いがある青年が調査を待つ間の物語。
新しい恋に出会う……かも?しれない、子犬系の主人公を見守りたいですね!

『ダム』については、以前の記事でもご紹介しました。
中学生みたいなジジイラブにキュンとくるそうです!

「若い頃にダム工事に携わったことで知り合った二人は、お互いに気持ちがあったものの曖昧な関係のまま年老いてしまいます。
片方のおじいちゃんが倒れたと聞き、もう片方のおじいちゃんが訪ねてくるのですが、その時の病気おじいちゃんの姿といったら!
口ではつれないことを言いつつも、髪の毛を整えたり鏡を見たりソワソワソワソワ。
50年間待ち続けていた、病気のおじいちゃんの想いがとても切ないです…。」

なお、今回の「ゲイムービーを200%楽しむ会」のプログラムではありませんが、『僕の世界の中心は』についてもレビューをしています!

また、参加者の方にプレゼントする冊子の内容は、レインボーリール東京についての情報や、セクシュアルマイノリティについての豆知識、ゲイムービーの楽しみ方やオススメ映画、会場や周辺のマップなど盛りだくさん!

「ゲイムービーを200%楽しむ会」に参加して、これを機会にゲイ映画の世界を楽しみましょう!

締切まであとわずか、ご応募お待ちしております!

  応募はこちら

 

関連外部サイト

PAGE TOP