BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

背徳の匂いがぷんぷん……ショタ受けBL5選

2017/08/20 14:38

かわいいのにエロい、純粋なのに妖しい……

ショタ――少年――小さい男の子――無垢な愛らしさと妖しさを兼ね備えた魅力的な存在、ショタ。現に地雷常連性癖でありながら一部では根強い支持を得、ショタを取り扱った作品が話題に挙がることもしばしば。

今回はそんな愛らしいショタを受けにしたオススメ作品をいくつかご紹介したいと思います。


参考

ショタ受けBL作品一覧


人間×セックス専用少年サイボーグ

『錆のゆめ』久間よよよ

あらすじ

進藤が勤める会社では、とあるモノが造られている。

それは、生身の少年の身体を改造したセックスの為のサイボーグ。

試作品であるサイボーグの世話を任された進藤は、最初は嫌がるものの世話をしていくうちにサイボーグの少年に温かい感情を抱くようになり……。

BL界に超新星あらわる!

よよよワールド炸裂の

人間×サイボーグBL

レビュー

生身の男の子が改造されてセクサロイドになってるんですが、そんな重そうな設定忘れそうになるくらいのほんわかしてて可愛い!!

セクサロイドの子が最初はあーとかうーとかしか話せなかったのが、少しずつ言葉を覚えていくんですが(お◯ん◯んとか)そこが可愛い!

そのたどたどしさがたまらないんですが、彼のことを考えると昔のように戻れた方が幸せなのかな…攻めの進藤もいい味してます!教育係?的な任務を任されるんですが、他の人と違って彼をそーゆー目(性的な)でみてないところがいいですね!

ただ、最後にちょっとだけ気持ちの変化がある…かな??下巻が今から待ち遠しいです!!――ケィさん


攻め1人×ショタ受け2人の3PBL

『ユピテルにおねがい』荒井よしみ

あらすじ

2人の恋心、受け止めて。幼なじみ年の差3P俺は幸輝(ゆきてる)。大学1年生。俺には幼なじみの弟分がいる。つり目でちょっと意地っぱりな伊織(いおり)に、ほんわかタンポポみたいな和人(かずと)。2人が俺のアパートを訪れた夜、俺は衝撃の状況に直面する。ベッドの前で伊織と和人がキスをしていたんだ。興奮、悶々、勃起……。どうにも抱え込めなかった俺は、翌日、混乱する気持ちをぶちまけた。すると、2人は俺のことを考えると変な気持ちになる、と、体をすり寄せてきた―――。

レビュー

作画が本当にクオリティが高い為か、読み終わった後は短い映画でも見た後のような感じでした。

本当に三人がこの世界のどこかにいるような。

主人公の幸輝は、優しくて流されやすい男の子です。

幼馴染の年下の二人に流されるように身体を繋げてしまいます。

漫画の主人公にしてはパンチがないかもしれないですが、それがリアルでした。

若い彼の優しさ、葛藤、困惑。

(何も確たることは言えないけど、)それぞれの道に進んでもまたかえってくると言うシーンは、今の彼なりの三人の関係に対する答えで、前向きで嬉しかったです。

受の子二人が可愛くて、私は特に伊織が可愛かったです!――ぬこ大福さん


家庭教師×生徒は過去にも先生と……。

『キミに眠る俺の罪』ミナカミ理久

あらすじ

家庭教師の真本先生は、教えるのが上手でいつも優しい。

あとは声とか手とか、顔も好きだし、えっちなこともいっぱい知ってる。

成績が良かったご褒美に、「キスして」ってお願いしたらもっとすごいことしてくれて…。

だから、先生のこと考えながらオナニーしようとしたんだけど…あれ?

なんでだろう。昔公園で犯されたことを思い出しちゃった。

レビュー

ショタだしリョナだし指定待ったナシな1冊だけど、ここまでまるっと一冊徹底してるのって時世的にもそうそうないからそういうのを求めている読者からしたら「ありがとう!」って感じの密度じゃないかと思います。

私は好奇心で買ってみた読者だけど、作家が性欲の捌け口がわりに描き殴っているような胸糞悪いエロ本では決してなく、ショタリョナ好きの作者が己の萌えを全開で描いてるんだろうな〜って思いながら読める1冊で、意外と読める…どころかなんなら結構アリでしたね!

ストーリーに胸糞要素があったとしても、作品そのものに対しての胸糞悪さはないです。

マニアック嗜好な読者向けの萌えが詰まってる1冊でした。――みみみ。さん


小説家×少年 小説家の見つけた少年は火に欲情する子で……

『災厄のてびき』草間さかえ

あらすじ
甲斐性無しの売れない小説家がネタ探しで出向いた連続放火の火事現場。
最前列には様子のおかしい学生服姿の少年が必ずいた・・・。
火を見ることでしか欲情できない少年と小説家の恋のてびき。

レビュー
年上が受けにまわることが多い草間さかえ作品ですが、こちらの本はショタが出てくるお話が多いです。
普段あまりショタものは好んで読まない私ですが、こちらの作品は楽しめました。
まず表題作の災厄のてびきですが、売れない小説家×中学生のCPです。
作中で中学生の幸宏は高校生になりますが、それでも体が幼くショタというジャンルに入ると思います。
幸宏は火に興奮する性癖を持っているということで少し構えていましたが、生意気で可愛い少年でした。
幸宏は女々しくもなく、可愛いだけのショタではないのが良かったです。
そして攻めの平尾さんが好みドンピシャなおじさんで……。
私、草間先生が真昼の恋で描かれた五十嵐課長のような、油っぽくなさそうなおじさんが好きです。
冴えないおじさんと生意気な中学生のCPは、ショタを読まない私でもあまり違和感なく楽しめました。――りる子さん


ほだされサラリーマン×健気ショタのほのぼのプラトニックLOVE
『おかえり電車』内田カヲル

あらすじ

満員電車で知り合った会社員の正三(しょうぞう)さんと康平(こうへい)くん。

おしゃべりしたりカレーまん一緒に食べたりしながら仲良くなっていったけど、

突然、康平くんから告白されちゃった!

ビックリした正三さんは、とまどいつつも「恋人ごっこ」を始めることに。

でも、仔猫のように可愛いと思っていたのに、いつの間にやら別の気持ちが湧いてきて…! ?

おっきい人とちっちゃい人の、ほのぼのプラットニック・ラブ作品集(攻め受けは仮です)

レビュー

かわいい、かわいい、かわいい、それしか言えない! 体格差(腕の中にすっぽりと入る感じがたまらない)も、勿論最高なのですが、康平くんのスレてなく、素直な性格がなんとも言えなく、正三さんでなくてもブラックになってしまいそう。 最初はともかく康平くんを前にして、よく我慢できてるよな。 友達もすごくいいヤツで、のほほんとした康平くんを守ってくれてたんだなと思う。 次のお話もすごく体格差で、表題作よりも年の差なのかな。 こちらの海里くんも康平くんとは違う素直さで可愛くてしょうがない。痛くないH、いつになったらできるんだろうね、楽しみ!――幸成さん



いかがでしたでしょう。久間よよよさんの話題作から、普段ショタのイメージが薄い草間さかえ先生のデビュー作まで集めてみました。気になる作品はありましたか?
ショタ受けはほのぼのだったりかわいかったりとキュンキュンポイントも多いのでBLに癒されたい方、オススメです。


関連作家・声優

コメント3

投稿順|最新順

ここで紹介されているレビューは一部抜粋なので、レビュー全文を読むと印象が変わりますよ。

『キミに眠る俺の罪』ミナカミ理久

この作品を”マニアックな嗜好”とやらで片付けるの?頭沸いちゃってるの?
6つ目以外の短編集は全て犯罪で、
大人が欲望のままにショタをレイプするストーリー(1話目に関しては最後は強引にHEにしてるが)だぞ?
有害図書指定待ったなしの内容で、こんな物を堂々と市販されてれば腐女子の道徳観念が疑われるのは当然。

『錆のゆめ』の受けのとしおさんは高校生ぐらいだと思うので、ショタかどうか微妙な線だと思います…。絵柄がショタっぽいのでそう見えますが…。

PAGE TOP